【速報】「ZOZOSUITなくします」前澤社長、衝撃の発言。

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を展開するZOZO社長の前澤友作氏は、10月31日、東京都内で会見し、世界中への配布に着手していた、体型データを計測するZOZOSUITを、将来的になくしていくことを明らかにした。

これまでに入手したデータの機械学習により、ZOZOSUITなしでも「最適サイズ」を計測できるとの理由をあげた。社を上げて力を入れるプライベートブランド(PB)購入の前提としてきたZOZOSUITは、発表以来、話題をかっさらってきた。大きな方針転換を印象づけた。

zozo

爆発的な注目を集めてきた、ZOZOSUITに大きな方針転換が。

出典:ZOZOのホームページ

「今後は、ZOZOSUITなしでPBを購入できるようになります」

2018年4〜9月期決算会見に登場した前澤氏が、PBの説明の流れでそう明かすと、投資家やメディアが集合した会場は静かにざわめいた。

ZOZOSUITなしにした今後は、

身長・体重・年代・性別

を、PB購入の際に記入することになる。この新たな基礎データと、これまでに配布したZOZOSUITで集めたデータを機械学習させることで、最適なサイズをはじき出すことができるようになるという。

これにあわせて今期に予定していた、ZOZOSUIT600万〜1000万枚の配布計画と70億円のコストは、300万枚の配布と40億円程度のコストに見直すという。

「今後はZOZOSUITだけでなく、PBの洋服に注目していただけるようにしていきたい」と、前澤氏は説明。ビジネススーツの遅延などについて謝罪するとともに、ZOZOSUITの不具合を訴える声が相次いでいることについては「たしかにまだ、精度が低いことは否めません」と、殊勝な表情もみせた。

ただし、ファッション通販サイトの運営から、自社でつくるPBへの参入への感想を求められると、

「一言で言うと、苦労はしていますが、楽しくやっています。誰もやっていないことをやろうとしている。全ては挑戦。成功すれば、圧倒的な差別化要因になる。だれにも参入できない領域に挑戦できている」と、強気の姿勢をみせた。

(文・滝川麻衣子)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中