【写真】セクハラ退職金にNO! 世界のグーグルで社員がスト:シンガポール、ベルリン、ロンドン、ダブリン、ニューヨーク、オースティン、東京、イスラエル、本社、サンフランシスコ

ストに参加したグーグル従業員

ストに参加したグーグル従業員。同社のセクハラ問題への対応に抗議したストが世界中で行われた。

REUTERS/Clodagh Kilcoyne

現地時間11月1日、世界中のグーグル従業員が同社のセクハラ問題への対応に抗議してストを行った

これは先週、ニューヨーク・タイムズがアンドロイドの父と呼ばれるアンディ・ルービン氏をはじめ、元幹部のセクハラ問題への同社の対応を伝えたことに端を発した。ルービン氏は報道を全面的に否定している。

ニューヨーク、ロンドン、東京、ベルリンなど、世界中で数千人の従業員がストに加わったようだ。世界中の従業員が各地の現地時間1日11時にデスクを離れ、オフィスの外へ出た。スト参加者は#GoogleWalkoutというハッシュタグを使った。

CEOスンダー・ピチャイ氏はストを支持し、従業員の声に耳を傾けていると語った。

「我々は1日に計画されている行動を理解している。従業員はストに参加したければ、必要なサポートを受けることができる」と同氏は語った。

Business Insiderは世界各地のストの様子を追った。

時差の関係でストはアジアから始まった。シンガポール。

グーグルのスト:シンガポール

Google walkout/Twitter


ヨーロッパでもスタート。チューリッヒ。

グーグルのスト:チューリヒ

Danila Sinopalnikov


メガホンで呼びかける参加者。

グーグルのスト

Google Walkout

「我々は、ハラスメント、無自覚な差別、非効率なプロセス、地に落ちたカルチャーなどの話を共有している」とグーグルのプライバシー・エンジニアというテッドはツイッターに投稿した

『スター・ウォーズ』のストームトルーパーの姿で参加した従業員。プラカードには「私はデス・スターで働いている。だがセクハラをする人物はいない」。

グーグルのスト

Google Walkout


ベルリンのグーグル従業員。ブランデンブルク門の前で。

グーグルのスト:ベルリン

Google Walkout


雨のロンドンは屋内に集まった。雨も従業員たちの気持ちを止めることはできない。

グーグルのスト:ロンドン

Google Walkout


この写真を提供してくれたロンドンの従業員は、スト中に共有された話に「胸が痛む」と語った。

グーグルのスト:ロンドン

Google Walkout


ロンドンの多くの従業員は雨を避けて屋内にいたが、外に出た従業員もいた。だが取材に答えることには消極的だった。

グーグルのスト:ロンドン

Shona Ghosh/Business Insider


ダブリンの従業員も連帯を示した。アイルランド放送協会が投稿した動画。


たくさんのドーナツを買って参加したアイルランドの従業員。

ストに参加したグーグル従業員

REUTERS/Clodagh Kilcoyne


ヨーロッパの後、アメリカ東海岸でも準備が始まった。プラカードはストは他の問題にも広がっていることを示している。

グーグルのスト:アメリカ

Google Walkout

「Project Maven」はすでに中止されたグーグルの軍向けのAIプロジェクト、複数の従業員がプロジェクトに抗議して辞職した。

Dragonflyは、中国で当局の検閲に対応した検索エンジンを立ち上げる計画のコードネーム。社内で論争を引き起こした。この問題でも同社の著名なサイエンティストが抗議の辞職をした

ニューヨークでのストを待つ取材陣。

グーグルのスト:ニューヨーク

Sean Wolfe/Business Insider


オフィスを出て歩くストの参加者たち。


警官の姿も。

グーグルのスト:ニューヨーク

Sean Wolfe/Business Insider


プラカードを掲げた女性従業員。

グーグルのスト:ニューヨーク

@GoogleWalkout/Twitter


数百名がハドソン・リバー・パークに集まった。

グーグルのスト:ニューヨーク

Sean Wolfe/Business Insider


公園を歩く様子。

グーグルのスト:ニューヨーク

Google Walkout


「我々は結果を出す」と1人が集まったグーグル従業員に訴えかけた。「ここにいる一人ひとりがグーグルを変えるツールを持っている」


テキサス州オースティンでは2分間、沈黙を捧げた。


東京でも。

グーグルのスト:東京

Google Walkout


イスラエルのハイファ。グーグルの小規模なオフィスがあり、100人に満たない従業員がいる。

グーグルのスト:イスラエル

Google Walkout


ロンドンでは、ストの主催者が声明を発表。

グーグルのスト:ロンドン

ロンドン。

REUTERS/Toby Melville

ウェブメディアThe Cutにストの理由を掲載

「経営陣は、意味のある行動を取らず、従業員の安全は最優先課題ではないことを示した」

スト参加者は5つの要求を掲げた。

  1. ハラスメントと差別のケースでの強制的な仲裁をやめる
  2. 賃金と機会の不平等の解消へのコミットメント
  3. セクハラ透明性レポートの一般公開
  4. 明確かつグローバルで統一された、セクハラ被害の安全かつ匿名での報告プロセス
  5. チーフ・ダイバーシティ・オフィサーをCEOおよび役員会に直接報告・助言できるポジションへ格上げする。従業員代表の役員会メンバーへの指名。

カリフォルニア州マウンテンビューにあるグーグル本社でも従業員がデスクを離れ始めた。

グーグルのスト:マウンテンビュー

Troy Wolverton / Business Insider


多くの取材陣。

グーグルのスト:マウンテンビュー

Troy Wolverton/Business Insider


本社の従業員は本社近くの広場に集まった。取材陣など関係者以外は中に入れなかった。

グーグルのスト:本社

Troy Wolverton/Business Insider


数百名の従業員が本社でのストに参加した。


開始30分、まだ続いているが、オフィスに戻り始めた従業員もいる。

グーグルのスト:本社

Troy Wolverton/Business Insider

「素晴らしいこと。これはムーブメントの始まり」とある女性従業員は語った。

もう1名は「体験を打ち明けるために立ち上がった、すべての女性たちを誇りに思う」と述べた。


サンフランシスコ。「Not OK, Google」と叫ぶ参加者も。

グーグルのスト:サンフランシスコ

Matt Weinberger/Business Insider


「time's up in tech」「time's up at Google」「enough is enough." 」

グーグルのスト

Matt Weinberger/Business Insider


サンフランシスコでも数百名が参加した。

グーグルのスト:サンフランシスコ

Matt Weinberger/Business Insider


グーグルのスト:サンフランシスコ

Katie Canales/Business Insider


グーグルのスト:サンフランシスコ

Katie Canales/Business Insider


グーグルのスト:サンフランシスコ

Katie Canales/Business Insider


グーグルのスト:サンフランシスコ

Katie Canales/Business Insider


サンフランシスコのストは35分くらいで終了。

グーグルのスト:サンフランシスコ

Katie Canales/Business Insider


CEOスンダー・ピチャイ氏はストを支持していると語った。

スンダー・ピチャイ

Getty/Justin Sullivan

ピチャイ氏はBusiness Insiderに経営陣はストをサポートしていると声明で述べた。

「1日のストを理解していると従業員に知らせてある。従業員はストに参加したければ、必要なサポートを受けることができる」

だが、同社エンジニアのリズ-フォグ=ジョーンズ(Liz Fong-Jones)氏は、報道各社にピチャイ氏のサポートという言葉に注目しないで欲しいと述べた。

「報道に使われている『グーグルのCEOはストをサポート……』という見出しは、間違ったところに焦点を当てている。

今日、重要なことは、従業員の声と要求にある。

経営陣がサポートを叫ぼうと、それは重要なことではない。真価は、要求がどうなるかにある」


[原文:PHOTOS: Google employees all over the world left their desk and walked out in protest over sexual misconduct

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中