パンダから1万ドルの装飾まで、世界中のトラックドライバーの毎日

渋滞するトラック

どの国のトラックドライバーも交通渋滞に悩まされている。インドネシア。

Beawiharta/Reuters

  • 世界中のトラックドライバーには、あなたが思っているよりも共通点がある。
  • 誰もが、交通渋滞、家族と離れて過ごす長い時間、ストライキなどと向き合っている。
  • だがそれ以外は、面白いほどに違う。

トラック輸送は、世界で見ると1兆4500億ドル(約164兆円)規模の産業。飛行機、船、鉄道を含めた他のどんな輸送手段よりも規模が大きい。

世界中に無数にあるトラックを運転するドライバーの毎日は、国によって違う。

ナイジェリア、パキスタン、アメリカ、イギリス、中国、ブラジル、韓国、メキシコなど、数々の国で、トラックドライバーの毎日を捉えた素晴らしい写真を集めてみた。

世界中の全大陸でのトラックドライバーの日常を見てみよう ── ただし、南極大陸は除く。

パキスタン:派手な飾りは当たり前。多くは30年くらい使われているが、丁寧にメンテナンスされている。

パキスタンのトラック

Paula Bronstein/Getty Images

Source :Getty

飾りの費用は約1万ドル(約110万円)、数人の職人が6週間近くをかける。特徴は「緻密でカラフルなデザイン、カリグラフィー、ヒーローや歌手のポートレート、鏡、音のする房飾り」とAFPは伝えた。

パキスタン2

Paula Bronstein/Getty Images

Source : AFP

トラックの飾りは1947年のインドからの独立後、一般的になった。バシールはトラックドライバー歴25年。

パキスタン3

Paula Bronstein/Getty Images

Source :Getty

トラックを美しく飾るもう1つの理由は、世界中のトラックドライバーと同じ。トラックで何週間も過ごすから。

パキスタン4

Paula Bronstein/Getty Images

Source : AFP

パキスタンと中国をつなぐカラコルムハイウェイを走るトラック。

パキスタン5

Paula Bronstein/Getty Images

Source :Getty

中国:国土が世界で4番目に広い国。中国のトラックドライバーはしばしば、東部の工業地帯から内陸の農村部まで物を運ぶ。男性はチベット民族の村出身。

中国1

China Photos/Getty Images

Source :Getty

トラックドライバーはさまざまな産業の急速な発展を支えている。鉄鋼業や、

中国2

China Photos/Getty Images

Source :Getty

農業、

農業

Kevin Frayer/Getty Images

Source :Getty

林業、

林業

China Photos/Getty Images

Source :Getty

時にはパンダも。中国中央部の空港から台湾に飛ぶパンダを運ぶトラック。

パンダ1

China Photos/Getty Images

Source :Getty

トラックドライバーが時々パンダを運ぶ国は中国だけではない。パンダトラックが目撃された国は、カナダ、

パンダ2

Terry Hlywka/YouTube

Source :FedEx

シンガポール、

パンダ3

Chris McGrath/Getty Images


そしてフランス。

パンダ4

VCG/VCG via Getty Images

Source :FedEx

地球の反対側、ブラジルのトラックドライバーが走り抜けるのは、アマゾンの森林破壊地域や、

ブラジル

Mario Tama/Getty Images

Source :Getty

サンパウロのような慌ただしい都市。

サンパウロ

Victor Moriyama/Getty Images

Source :Getty

2018年5月と6月、ブラジルのトラックドライバーはディーゼル燃料の価格に抗議し、ストライキを行った。

ブラジルストライキ

Victor Moriyama/Getty Images

Source :Business Insider

ストライキはトラックが経済にとって、どれほど重要なのかを示した。数日のうちにガソリン、肉、果物が手に入らなくなり、ブラジル経済は立ち行かなくなった。ジャガイモの価格は10倍になった。

ブラジルストライキ2

Eraldo Peres/AP

Source : The Antagonist,Business Insider

ストライキはトラックドライバー自身に影響を及ぼすこともある。イギリスでは、フランスでのストライキが原因で50キロメートル近くトラックが渋滞した。2015年、ストライキでフランスの港が閉鎖されたため、イギリスのトラックドライバーは英仏海峡トンネルに殺到。渋滞で身動きが取れなくなり、ヨーロッパ大陸への輸送ができなくなった。

トラック渋滞1

Rob Stothard/Getty Images

Source : BBC

ストライキは頻繁に起こるため、イギリスの地元当局はトラックを駐車場で待機させながら渋滞をコントロールする「オペレーション・スタック(Operation Stack)」と呼ばれるシステムを作った。オペレーション・スタックは何十回も実行されている。

トラック渋滞2

Jeff J Mitchell/Getty Images

Source : BBC

2015年、ストライキは特にひどかった。何千台ものトラックがフランスに入国するために何日も待たされた。

トラック渋滞3

Rob Stothard/Getty Images

Source : BBC

国境は世界中のどこのトラックドライバーにとっても面倒なもの。アメリカとメキシコの貿易額は年間5250億ドル(約60兆円)を超え、トラックドライバーはそのほとんどを運ぶ。写真はサンディエゴとメキシコをつなぐオテイ・メサ国境検問所に入るために並んだトラック。

オテイ・メサ通関港

John Moore/Getty Images

Source :The New York Times

毎年84万5000台以上のトラックがオテイ・メサを通る。積荷はアメリカ合衆国税関・国境警備局が検査する。トマトや、

トマト検疫

John Moore/Getty Images

Source : Voice of San Diego

ひまわりも検査される。

ひまわり

John Moore/Getty Images

Source :Getty

冬の天気がトラックドライバーの仕事を邪魔することもある。2008年、カリフォルニアでは吹雪でトラックが動けなくなった。

凄まじい低気温

David McNew/Getty Images

Source :Getty

雪は常に危険をはらんでいる。たとえ、スコットランドや、

雪危険

Jeff J Mitchell/Getty Images

Source :Getty

ニュージーランドでも。

ニュージーランド

Kerry Marshall/Getty Images

Source :Getty

40トン近くのトラックで雪道を抜けるなら安全第一、このカンザスのトラックドライバーはそう言うだろう。

カンザスのトラックドライバー

Jamie Squire/Getty Images

Source :Getty

トラックドライバーは世界中でさまざまな物を運んでいる。パキスタンではバナナの葉、

積荷

Mian Khursheed/Reuters

Source :Reuters

タイではサトウキビ、

サトウキビ

Jorge Silva/Reuters

Source :Getty

アフガニスタンでは投票用紙、

投票用紙

Ahmad Masood/Reuters

Source :Getty

ナイジェリアでは鉄くず、

鉄くず

Dan Kitwood/Getty Images

Source :Getty

コロンビアではバナナ、

バナナ

Jaime Saldarriaga/Reuters

Source :Reuters

東京では、広告も運ぶ。

広告

Chris McGrath/Getty Images

Source :Getty

トラックドライバーはストレスも大きいが、それだけの価値がある。自由で、

自由

Stefan Wermuth/Reuters


ドライバー同士のコミュニティーもある。

コミュニティー

Ali Imam/Reuters


だが、トラックドライバーの毎日は大変。ほとんどの時間を1人で過ごさなければならない。

一人で過ごす

Scott Olson/Getty Images

Source :Business Insider

「父の日、誕生日、そしてほとんどの休日も家にいたことがなかった」とオハイオのトラックドライバー、ロブ・シュリン(Rob Shulin:写真は別人)はBusiness Insiderに語った。「今は家にいるが、子どもたちは大きくなって出て行った。実際、とても寂しい」。

寂しい

Farhad Sadykov/Flickr/Attribution

Source :Business Insider


[原文:Fascinating photos show what it's like to be a truck driver in different parts of the world — from driving pandas to the airport to spending $10,000 on truck art

(翻訳:仲田文子、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中