サメと一緒に眠れるかも? モルディブにできた世界初の海中ヴィラをのぞいてみた

ザ・ムラカ

海中で眠ってみよう。

Courtesy of Conrad

  • 世界初の海中ヴィラ「ザ・ムラカ(The Muraka)」が2018年11月にオープンする。
  • モルディブの海面下約16フィート(約5メートル)にあるこの宿泊施設は、1泊5万ドル(約570万円)。海中と海上、両方の景色が楽しめる。
  • ザ・ムラカは、コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランドの一部で、その建設費は1500万ドル(約17億円)と報じられている。

サメと一緒に眠れる?

それこそがまさに世界初の海中ヴィラ「ザ・ムラカ」が提供する体験だ。インド洋の真ん中、海面下約16フィートにあるガラスの壁で囲まれた2階建てのこの宿泊施設では、頭の上を魚が泳ぐ中で眠りにつき、珊瑚が揺れる中で目覚めることができる。

2018年11月にオープンするザ・ムラカは、長い桟橋でヒルトンのリゾート施設「コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド」につながっている。

「ムラカ」は地元のディベヒ語で「珊瑚」を意味している。1泊5万ドル(税抜き)。ブルームバーグは、その建設費を1500万ドルと報じている

アーキテクチュラル・ダイジェスト(Architectural Digest)によると、重さ600トンの下層部分は事前にシンガポールで作られ、専用船でモルディブに運び、珊瑚礁の近くに沈められた。10本のコンクリート杭で、悪天候でも動かないように固定されている。

のぞいてみよう。


ザ・ムラカには、専用桟橋まで水上飛行機、もしくはメイン・リゾートからスピードボートで行くことができる。メイン・リゾートから離れていることで、プライバシーは厳重に守られる。

メイン・リゾート

メイン・リゾート。

Courtesy of Conrad

Source: Architectural Digest

鋼鉄、コンクリート、アクリルで作られた2階建てのこのヴィラには、最大で9人まで宿泊できる。上層階からは海が見渡せる。ジムなども完備。

海が見渡せるベッドルーム

Courtesy of Conrad

Source: Bloomberg

2つの寝室に加え、上層階には海に面したバスルームがある。だが、これはザ・ムラカで楽しめる贅沢の1つに過ぎない。スイートごとに執事とシェフがつき、いつでもフィットネス・トレーナーを呼んだり、スパ・トリートメントやジェットスキーも利用できる。

海に面したバスルーム

Courtesy of Conrad

Source: Architectural Digest,Bloomberg

上層階には他にも、日没を見るのに最適なデッキと、インフィニティプールがある。

デッキから見える日没

Courtesy of Conrad

Source: Conrad

下層階へは、らせん階段もしくはエレベーターで。海の中の景色がパノラマで楽しめる。

下層階

Courtesy of Conrad

Source: Architectural Digest

海中の主寝室には、キングサイズのベッドが。180度、別世界のような風景が楽しめる。魚が泳ぐのを見ながら、手を洗ったり、シャワーを浴びることもできる。

寝室

Courtesy of Conrad

ザ・ムラカは、ユニークな体験が全て。旅行者の好みに合わせて、文化に特化した「ワンダラーズ(The Wanderers)」、食事に特化した「フレーバーズ(The Flavors)」、ウェルネスに特化した「ソウル(The Soul)」、冒険に特化した「スリル(The Thrill)」の4つの旅プランを用意している。

洗面所

Courtesy of Conrad

Source: Hilton

「ザ・ムラカは、世界中の他のどこでも手に入らないユニークな体験を約束します」と、ヴィラを設計したアーメッド・サレーム(Ahmed Saleem)氏はブルームバーグに語った。

リゾートを楽しむカップル

Courtesy of Conrad

Source: Bloomberg

[原文:See inside the world's first underwater hotel villa, where you can sleep with sharks for $50,000 a night]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中