スタン・リー氏死去、数々のカメオ出演、一番のお気に入りは?

スタン・リー

スパイダーマン3に出演したスタン・リー氏(左)。

Sony/Marvel/"Spider-Man 3"

11月12日(現地時間)、スタン・リー(Stan Lee)が95歳で亡くなった。マーベルの象徴で、1000回のカメオ出演をしている彼にただ「安らかに」とは言えない。

彼はマーベル・シネマティック・ユニバース(マーベルが作り出す作品世界)のファンには、2008年の映画『アイアンマン』以来、多くの映画に登場していることで知られていた。

だがリーは、そのずっと前からカメオ出演をしていた。

1960年代、リーに似た人物がマーベル・コミックスの表紙や中のページに時々、登場した。2015年に彼がBusiness Insiderに語ったところによると、コミックに登場したのは彼の意図では決してなかった。

「マンガ家がジョークでコミックに私を描いた」とその時、リーは語った。

「私はそこにセリフの吹き出しを付け加えた。それで私が意図してやったように見えた。当時、カメオ出演しようとは思っていなかった」

1960年代、リーと同僚でマーベルを代表するマンガ家のジャック・カービー(Jack Kirby)が登場したコミック「ファンタスティック・フォー」の表紙

1960年代にリーが登場したマーベル・コミックス。

Wikipedia/Marvel

1990年代、コミック「Nova」にも登場。

コミック「Nova」に登場したリー。

Cyber Space Comics/Marvel

「楽しいこと、読者が喜んでくれることは何でも続けた。たくさんのファンレターをもらった」とリーは振り返った。

「我々はテレビや映画を手がけていなかった。我々のすべてはコミックにあった。だからもし、ファンを楽しませるものがあるなら、それを守り続けた」

マーベルは間違いなく守り続けた。彼はマーベルを象徴する顔になった。

数十年にわたって、彼は数え切れないくらいのコミック、テレビショー、そしてフォックスの90年代のテレビアニメシリーズ「スパイダーマン」から、1995年のコメディ映画『モール・ラッツ』までさまざまな作品に登場した。

アニメシリーズ「スパイダーマン」に登場したリー

テレビアニメシリーズ「スパイダーマン」に登場したリー。

Fox/Marvel/"Spider-Man" (1994)

彼は、特にお気に入りのカメオ出演は2015年の映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』と語った。「とても楽しかった」からだ。

また2007年の『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』へのカメオ出演もお気に入り。映画にスタン・リー本人の役で登場、主人公の結婚式に出席しようとするが、警備員にスタン・リーと認めてもらえず出席できなかったというシーンを演じた。

「クスっと笑えることが好き」と彼は付け加えた。

ファンタスティック・フォーに出演したリー

『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』に出演したリー。

Fox/Marvel/"Fantastic 4: Raise of the Silver Surfer"

次は、アニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(日本公開は2019年)でリーに会える。彼はアニメでカメオ出演している。

※本文、敬称略

[原文:Stan Lee's famous Marvel cameos started out as a joke in the comics

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み