5年連続の1位が陥落! 世界で最も優れたエアライン、ベスト10

シンガポール航空のエアバスA380

シンガポール航空のエアバスA380。

AP

  • シンガポール航空は、エアライン・レーティングスの「World's Best Airliners for 2019(世界の最も優れた航空会社 2019年版)」でNo.1に輝いた。
  • 5年連続で1位だったニュージーランド航空を破ってのNo.1獲得。
  • エアライン・レーティングスは、機体の使用年数、乗客の声、カスタマーサービス、財務状況など12の基準で航空各社を評価。
  • ヨーロッパと北米の航空会社はランクインしなかった。

シンガポール航空は、エアラインレーティングス(AirlineRatings.com)の「World's Best Airliners for 2019(世界の最も優れた航空会社 2019年版)」でNo.1に輝いた。エアラインレーティングスが13日(現地時間)、毎年恒例の「Airline Excellence Awards」において発表した。

「シンガポール航空は多くの評価項目でNo.1となった。すばらしいパフォーマンスを誇っている」とエアラインレーティングスのCEO兼編集長、ジェフリー・トーマス(Geoffrey Thomas)氏は声明で述べた。

「数年にわたってシンガポール航空は極めて高いレベルを保ち、今、顧客へのイノベーション提供、最新鋭の機体によってNo.1の座を再び手にした」

決定にあたってはエアラインレーティングスの7人の編集者が、機体の使用年数、乗客の声、カスタマーサービス、スタッフ間の関係、新規投資、財務状況など、12の基準で航空各社を評価した。

シンガポール航空のNo.1獲得は、5年連続でNo.1を獲得していたニュージーランド航空を破っての栄誉。とはいえ、ニュージーランド航空も2位を獲得した。

エアラインレーティングの編集者は、シンガポール航空の素晴らしい機内サービスおよびボーイング787-10ドリームライナー、エアバスA350-900 ULRといった最新鋭機の導入を賞賛した。

加えて、新しい内装、運航の安全性、そして世界最長フライトとなるシンガポール - ニューヨーク間のノンストップ・フライトの再就航も高く評価した。

ヨーロッパと北米の航空会社はランクインしなかった。

エアラインレーティングスが選んだ、世界のベストエアラインを見てみよう。

10位 日本航空

日本航空

Boeing


9位 キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック航空

Cathay Pacific


8位 エバー航空

エバー航空

Boeing


7位 全日本空輸(ANA)

全日本空輸(ANA)

REUTERS/Yuya Shino


6位 エミレーツ航空

エミレーツ航空

Boeing


5位 ヴァージン・アトランティック航空

ヴァージン・アトランティック航空

Virgin Australia


4位 カタール航空

カタール航空

REUTERS/Pascal Rossignol


3位 カンタス航空

カンタス航空

Qantas


2位 ニュージーランド航空

ニュージーランド航空

Air New Zealand


1位 シンガポール航空

シンガポール航空

REUTERS/Jean Philippe Aries



[原文:The 10 best airlines in the world for 2019

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み