ワークライフバランスを守りつつ会社を900億円で売却、CEOのシンプルなルール

クアルトリクスCEOのライアン・スミス氏。

クアルトリクスCEOのライアン・スミス氏。

Steve Jennings/Getty Images for TechCrunch

2010年代のはじめ、ライアン・スミス(Ryan Smith)はある企業から彼のスタートアップ企業、クアルトリクス(Qualtrics)を5億ドルで買収すると打診された時、妻をドライブに誘った。

買収条件と彼と家族が手にする金額は、交渉を進めるのに十分なものだった。だが、南への30分のドライブの後、2人は断ることに決めた。

2人は、大金を一度に手に入れることは、子どもたちの教育に悪影響を与えると考えた。

また、スミスは会社を10年近く経営してきたが、仕事と私生活のバランスをうまく取れるようになっており、起業家であることは彼の家族にとって大きな負担ではなかった。

総合的に考え、スミスは社員800人の彼の調査会社を株式公開しないと決めた ── 少なくとも2018年11月はじめ、IPOのわずか数日前にSAPが同社を80億ドルで買収することを発表したその日まで。

スミスにとって、家庭と仕事の双方で成功を感じることは、いつでも簡単なことというわけではなかった。多くのエグゼクティブたちと同様に、物事のバランスを取るためにCEOコーチを雇っていた。

スミスはライフワークバランスを簡単に傾いてしまい、継続的に安定させる必要がある飛行機にたとえた。一方の翼は彼の家族のニーズを表し、もう一方の翼は仕事でのニーズを表す。

たとえば彼が出張に行くと、飛行機は片方に傾いてしまう。彼が家族のもとに戻り、週末を子どもたちと過ごせば傾きは元に戻る。

スミスのコーチは彼に毎週実行可能な、成功へのプランづくりの方法を教えた。そしてスミスは2014年、アイルランドでの会議で仲間のCEOたちにそれを説明した。以下のような内容だ。

コーチは、スミスに自分が責任を負っている仕事をあげるように言った。スミスは、以下をあげた。

  1. 父親
  2. 息子
  3. CEO
  4. 上司
  5. 兄弟
  6. 友人

そしてコーチはスミスに、「成功した」と感じるには、それぞれの仕事について週ごとに何ができるかと尋ねた。

スミスは、妻とデートに出かけ、サプライズの花束を贈れば、自分のことを良い夫と感じるかもしれないし、あるいは娘に自転車の乗り方を教えたら、良い父親と感じられるだろうと気付いた。

ワークライフバランスを守りつつ会社を900億円で売却、CEOのシンプルなルール、クアルトリクスCEOのライアン・スミス

ライアン・スミス氏は、ライフワークバランスは常に安定化させる必要がある飛行機と表現する

Flickr/Daniel Gies

また、すべてのタスクを素早く完了させるために、リストにあるタスクをまとめられることに気付いた。

もし彼が本当に生産性に優れているなら、日曜日に書いたタスクは火曜日までに完了できる。

たとえば、娘を連れて両親の家を訪れ、自転車の乗り方を教えることができれば、彼は良い父親と良い息子のどちらにもなれる。

だからスミスの週のタスクリストは以下のようになっていった。

  1. 夫として - 妻とディナーに行き、彼女に花束を買う。
  2. 父として - 娘に自転車の乗り方を教える。
  3. 息子として - 両親のもとを訪れる。一緒に2と3を行う。

スミスは、ほとんどの人はしばしば人生のたった1つの段階のプランしか作らないことに気付いた(「30歳までに会社を売却する」などだ)。

そして、そうした人たちは目標を達成するためのステップを知らず、目標達成後に何をすべきか計画を立てることを知らない。

スミスのコーチのやり方は、人生における困難な目標を1週間のタスクに落とし込むもの。だから、最優先事項を後回しにしたことに後から気付くことはない。

スミスは金曜日の夕方、会議でこの成功術を解説すると、すぐに会場を出た。

他の人々は遅くまで残り、地元のパブで飲んでいたが、スミスはダブリンまで車を3時間運転して戻り、自宅があるユタ州までの早朝フライトを予約した。

こうして、スミスの子どもたちは日曜日の朝に目覚めると、父親と一緒に一日中過ごすことができた。

※敬称略

[原文:How this CEO used a simple system to nail his work-life balance and build a company that just sold for $8 billion

(翻訳:Makiko Sato、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中