月額980円のサブスク新勢力「YouTube Music」は“Spotify潰し”になるか?

PB143345

グーグルは11月14日、YouTubeを広告なしで楽しめる有料オプション「Premium」2種類を日本でもサービスインした。

1つは従来のYouTubeで、広告なし・オフライン動画再生などができる「YouTube Premium」、もう1つは新たな音楽に特化したYouTubeサービス「YouTube Music」に対応する、「YouTube Music Premium」だ。

特にYouTube Musicは、無料プランをベースに、有料でさまざまな付加価値を提供するという、コンテンツ系サービスで流行のフリーミアム型のサービス形態をとっている。

他社ではApple MusicやLINE Music、Spotify、AWAなど先行する同種のサービスがあるなかで、YouTube Musicの登場は日本におけるストリーミング音楽の台風の目になりかねない。

YouTube Redリブランドした2つの「YouTube Premium」

YouTube Premiumの料金体系

YouTube Premiumの料金体系。YouTube Music Premiumは音楽のみ、YouTube Premiumを契約すれば、Musicも含めたすべてのPremium機能が解放される。

YouTube Premiumは従来「YouTube Red」と呼ばれていたサービスを、2018年5月にリブランディングして、改称したものだ。

2つのプレミアムサービスは、ざっくりいえば「音楽のみで月額980円」と「それ以外も全部で月額1180円」(※)という2段階のサービスとしてとらえるとわかりやすい。料金体系や機能は上の写真を見てほしい。

※iOS版のみ価格が違い、月額1280円(Music Premium)と月額1550円(Premium)。これはiOSの手数料を上乗せしたとグーグルは会見で説明している。

各Premiumサービスは、当初3カ月の無料期間が用意されるほか、YouTube Music Premiumに関しては、スマートスピーカーのGoogle Homeシリーズ利用者向けに、2019年4月8日までという長期間の無料プロモーションが用意される。

グーグル広報によると、Google Home向けの無料プロモーションは、「新規購入」だけではなく、既存ユーザーも、いったんGoogle Homeシリーズをリセットすれば無料プロモーションを楽しめるという。

PB143342

YouTube Musicは、機能的にはSpotifyと非常に似ている。

特に、無料でもある程度自由度が高く音楽が聞けるところは、Apple Music、LINE Music、AWAなどとはまったく違う。

ただSpotifyにもある、無料プランと有料プランの仕様の違いには、あくまで音楽プラットフォーマーでしかないSpotifyと違い、動画も音楽も並列に扱ってきたグーグルならではの設計思想が現れている。

「バックグラウンド再生」「オフライン再生」が課金インセンティブ

YouTube Music

YouTube Musicの機能と特徴の概観を語る、音楽部門プロダクトマネージメント責任者のT.ジェイ・ファウラ氏。

Spotifyは無料プランを「広告が入る」「オフライン再生なし」「楽曲選択を大幅に狭める」という制限で、無料を成立させている。

無料で音楽を聴きたいユーザーにはうれしい半面、無料版でもかなり聴けてしまうので、有料プランへの移行インセンティブが弱くなるという側面がある(とはいえ、Spotifyは直近の第三四半期決算で有料会員8700万人・前年同期比40%アップだから、世界的には絶好調だ)。

一方のYouTube Musicは有料/無料の力点を、別のアプリを使いながら音楽が再生できる「バックグラウンド再生の有無」とデータ通信をせずに音楽が再生できる「オフライン再生の有無」に置いてきた。

楽曲選択の自由度は、使ってみた限りでは有料版と同じで制限は特にない(楽曲を途中から再生したり、任意の別の曲を選んで再生することも可能)。ただし、バックグラウンド再生ができないから、電車の中などで画面を消した「ながら聴き」はできない仕様だ。この設計はなかなかうまい。

本当にサービスが気に入ったのなら「有料版」を使えばいいし、これまで動画のYouTubeで音楽を聞いていた層にとっては、バックグラウンド再生ができなくても、そもそもYouTubeと同じ、つまり気にならないからだ。

グーグルは「Spotify潰し」に興味はない?

YouTube Musicの説明

YouTubeの日本音楽ビジネス 開発統括の鬼頭武也氏。

YouTube Musicが、後発の利を生かしてよく考えられた音楽配信サービスであることは確かだが、発表会見のなかで説明された機能や、その設計思想を見ると、「Spotify潰し」といったような競合対策は、実はあまり意識していないのではないかという印象がある。

理由は、音楽事業におけるグーグルの立ち位置にある。グーグルはこれまで、意図せずして音楽配信サービスを2つ持つ事態になっていた。

1つは純粋な音楽配信サービスとして始めたものの、伸び悩んでいたと見られるGoogle Play Music、もう1つは動画配信サービスでありながら実質的にトップクラスの音楽配信プラットフォームの側面があったYouTubeだ。

グーグルにおける「音楽配信サービス」のあり方を再定義するなかで、音楽配信をYouTubeに機能的に統合し、新たにユーザーが本当に求めている音楽配信サービスを作り直したのが「YouTube Music」だ。

今後、Google Play Musicはしかるべき移行期間ののち、サービス名としては消滅することになる(機能的には消えない。後述)。すでにPlay Musicの有料ユーザーはYouTube Music Premiumの全機能が使えるような移行措置も実施されている。

YouTube Music

元が動画のYouTubeから派生しているので、ミュージックビデオなどで使える「画面を消して動画の音だけを聞く」機能がある。グーグルによると、この切り替えは音が途切れることなくシームレスに行えるとしている。

YouTube Music

膨大なコーパスデータを背景にした検索の強さも特徴。曲名だけではなく、歌詞の一部での検索のほか、「車 CM 曲」というふうに検索すると自動車のCMに使われた曲も探せるという。

YouTubeは課金が事業の主軸ではなかったというだけで、現時点でもSpotifyと並ぶトップクラスの音楽配信プラットフォームだ。十分なユーザーがいるし、YouTubeを発表の場に選ぶクリエイター(プロのミュージシャン、「歌ってみた」系の一般クリエイター)も数多く抱えている。

ただ、Google Play Musicの「ユーザー自身の音楽データをクラウドに預ける、ロッカー型を特徴とした音楽配信サービス」という形態が今風ではなかった。それを本来あるべき流行の形にしただけだから、今さら、椅子取りゲーム的に露骨にユーザーを奪う戦略はとる必要がないのだ。

後発だからこそよく研究された音楽配信の機能

YouTube Music

意外に使えそうなのが、オフラインプレイリストを自動生成する機能。毎日通勤通学で音楽を聞くときに、新しい音楽をデータ通信を使わずに高音質で楽しめる機能だ。

そう思ってみてみると、たしかにYouTube Musicの独特の機能は、グーグルが得意とするデータサイエンスや機械学習の知見を詰め込んで、有料版ユーザーの体験を高めることに集中している。

例えば、ユーザーの嗜好から自動的にオフラインプレイリストを毎日自動生成する「オフラインミックス」機能や、プレイリストのシャッフル再生する際の曲順にユーザーの嗜好を反映する「スマートシャッフル」も、そうした流れの機能だ。

また、ユーザーに推薦されるプレイリストは位置情報も使って、いまユーザーがどこで何をしているかを推定して、状況に合わせたプレイリストを推薦するような機能もあるという。

PB143223

PB143226

ちなみに、Google Play Musicの特徴であった、ユーザーがアップロードした楽曲をストリーミング再生できる「ロッカー機能」も、YouTube Music Premiumに移植する予定であることが会見で明らかになった。

いまの流行からいえばロッカー機能は廃れる方向にあり、そのまま消えてしまってもおかしくはない。

ただ、CD時代の音源をデータ化してまで聴いているユーザーは、コアな音楽ファンだ。サービス維持のためのコスト(クラウドストレージの容量)は、巨大なクラウドストレージを世界展開するグーグルにとっては誤差程度。それなら、コアなファンを抱えていることは、今や逆に音楽プラットフォームとしての個性になる、と考えたのかもしれない。(何より、プロダクト責任者のT.ジェイ・ファウラ氏がロッカー機能を愛用しているからという話もあるが)。

YouTube Musicは“歴史があるのに新しい”新勢力の音楽配信サービスとして上陸した。今後、有料課金がどこまで好調に立ち上がるのか、あるいは広告ベースの収益がどう変わっていくのか、動向を見守りたい。

(文、写真・伊藤有)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中