お正月、太陽系探査はいかが? ── Google マップで木星や金星、イオへ

Google マップで見た冥王星

冥王星は約74億キロメートル以上の彼方にあるが、自宅でくつろぎながら探査できる。Google マップのおかげだ。

Google Maps

多くの人はただ道順を調べるために使っているが、Google マップは教育ツールとしての素晴らしい機能も備えている。

Google マップを使えば、世界中のさまざまな都市や国々について学ぶことができる。しかし、地球以外の星の探査もできることを知っている人は少ないかもしれない。

Google マップをどんどんズームアウトすると、太陽系の惑星や衛星を探査するためのメニューが表示される。

見てみよう。

まずGoogle マップを開く(場所はどこでもいい)。表示を「航空写真」にする(左下のボックスをクリックすると切り替わる)。ちなみに下記はニューヨーク。

Googleマップを開く

Google Maps


次はズームアウト。これ以上できないというところまでズームアウトする。

次にズームアウト

Google Maps


最大限ズームアウトすると、サイドバーが表示される。太陽系の惑星と衛星がリストアップされている。さあ、探査を始めよう!

リスト

Google Maps


見たい惑星をクリック。回転させたり、ズームインして地形を詳しく観察することもできる。

クリック

Google Maps


水星にオーストラリアと呼ばれる場所があるって知ってた?

オーストラリア

Google Maps


地表のクレーターも見ることができる。

さらにズームイン

Google Maps


これは金星!

金星

Google Maps


惑星や衛星の画像はNASAが提供。

NASAから提供

Google Maps


イオ、木星の4つの衛星のうちの1つ。400以上の活火山があり、太陽系の中で地質学的に最も活発。

イオ

Google Maps


準惑星の冥王星。Google マップには19の惑星と衛星がリストアップされている。

冥王星

Google Maps



1つだけ星以外のものがある。国際宇宙ステーション(ISS)だ。ステーションの中を見ることができ、「青い点」をクリックすると詳細を学ぶことができる(注:解説は英語)。たとえば、下記の写真の中央にある青い点をクリックすると、ISSの観測モジュール「キューポラ」の詳細が表示される。

国際宇宙ステーション

Google Maps


金属の箱の上の青い点をクリックすると、中がトイレになっていることが分かる。

トイレ

Google Maps


もっともっと探査できる。繰り返すと、まず「航空写真」に切り替え、「宇宙空間」リストが表示されるまでズームアウトする。

探索はまだまだ続く

Google Maps



[原文:A little-known feature in Google Maps lets you explore planets and moons in our local solar system — here's how to find it

(翻訳:仲田文子、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中