国のトップからご褒美に白のベンツ! ロシア・チェチェン、5歳の男の子が2時間25分で腕立て伏せ4105回達成

ラムザン・カディロフ首長

ロシア・チェチェン共和国のラムザン・カディロフ首長。

AP Photo/Musa Saduayev

  • ロシア・チェチェン共和国のラムザン・カディロフ(Ramzan Kadyrov)首長は、腕立て伏せを連続4105回やった5歳の男の子ラヒム・クライェフ(Rahim Kurayev)くんにメルセデス・ベンツC180を贈った。
  • ラヒムくんは、カディロフ氏がこの3万6000ドル(約410万円)の車のキーをくれた様子をインスタグラムに動画で投稿した。
  • 地元では「チェチェンのシュワルツェネッガー」として知られるラヒムくんは、2時間25分でこの偉業を達成した。
  • ロシアのギネス世界記録の担当者は、2015年に同じく5歳の子どもが作った記録を更新するには、ラヒムくんはもう一度やる必要があると話している。

チェチェン共和国のラムザン・カディロフ首長は、腕立て伏せを連続4105回やった5歳の男の子に3万6000ドルのメルセデス・ベンツを贈った。

地元メディアが「チェチェンのシュワルツェネッガー」と呼ぶラヒム・クライェフくんは、白のC180をインスタグラムで自慢している。モスクワ・タイムズによると、これはカディロフ氏が男の子に贈ったものだという。

ラヒムくんは、カディロフ氏と会い、3万6000ドルの車のキーをもらった様子を、インスタグラムに動画で投稿した。

2時間25分で腕立て伏せを4105回やり遂げたことで、ラヒムくんは車を贈られたと報じられている。だが、ギネス世界記録として認められるためにはもう一度やる必要があると、モスクワ・タイムズは伝えている

5歳児による腕立て伏せの現在の世界記録は、ロシア・カルムイク共和国のエリスタの5歳児による4050回だ。それを更新しようとするラヒムくんの動画は、公式記録として認められるには不十分だと、同紙は報じた

だが、チェチェンの首長カディロフ氏は、ラヒムくんがもう一度これだけの腕立て伏せをすることに何ら問題はないだろうと考えている。「ラヒムくんには、さらに4000回の腕立て伏せをするだけのエネルギーがある。担当者にそれを全て数える忍耐力があることを祈るだけだ」と、同氏は自身のテレグラム(Telegram)に書いている

モスクワ・タイムズによると、カディロフ氏はラヒムくんにこう伝えたという。

「これでお父さんにドライブに連れて行ってもらうといい。きみは白のメルセデスに乗るだけの価値がある」

ロシアのメディアによると、チェチェンのスポーツ大臣ムサ・カナリコフ(Musa Khanarikov)氏は「ラヒム・クライェフは積極的にスポーツに取り組んでいる。2時間25分で4105回の腕立て伏せを一度も止まることなくできたのは、そのおかげだ。これは世界記録だ」と話した。

「我々の"チェチェンのシュワルツェネッガー"は、その記録をチェチェン共和国のトップであるラムザン・アフマドヴィチ・カディロフにささげた」と、カナリコフ氏は言う。

ラヒムくんの練習の様子(動画)はこちら。

[原文:Chechen strongman Ramzan Kadyrov gave a 5-year-old a $36,000 Mercedes for doing 4,105 push-ups]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中