無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


元スターバックス従業員、辞めたから言える4つの秘密

元スターバックス従業員、辞めたから言える4つのこと

Ted S. Warren / AP Images

  • スターバックスのオペレーションは、外部企業による「消防訓練」のような清掃から、カップの名前のスペルミスについての噂に至るまで、かなり変わっている。
  • 我々は複数の元スターバックス従業員から同社の舞台裏について聞いた。

2年半バリスタとして働いた後、ジョナサン・ディーナーは緑色のエプロンを脱ぎ、ミシガン州グランドブランの店舗を去った。

ドラマーでツアー・ミュージシャンの彼は9月6日、ひとときの安定を与えてくれた仕事の最後のシフトを終えた。

その時まで、ディーナーは時価総額790億ドルの巨大コーヒーチェーンで働く約27万7000人の従業員の1人だった。だから数多くの元従業員と同様に、彼は同社にまつわる秘密を知っていた。

我々は先日、ディーナーおよび他の元スターバックス従業員から、スターバックスで働いている時には決して言えなかった4つの秘密を聞いた。


1. “ミディアム”と言ってもいい

スターバックスのカップ

Starbucks

イタリア語から生まれたサイズ名、トール(12オンス)、グランデ(16オンス)、ベンティ”(24オンス)、トレンタ”(31オンス)はスターバックスの代名詞。だがスターバックスの従業員は、あなたがフラペチーノを「スモール」「ミディアム」「ラージ」と注文しても気にしない。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み