失踪者をAI顔認識でマッチング。TikTok運営企業の「人探しアプリ」がスゴイ

toutiao

探している人の写真をアップロードすると、AIが分析し、データベースから捜索する。

ニュースアプリの「今日頭条(Jinri Toutiao)」やショートムービーアプリ「TikTok」を運営する中国スタートアップの字節跳動(ByteDance)は、同社の尋ね人プラットフォーム「頭条尋人」にAI顔認識機能を追加すると発表した。探している人の写真をアップロードすると、登録されている身元不明者データベースから、可能性が高い人物を検索して表示するという。

頭条

頭条尋人はAIやビッグデータで行方不明者の捜索を支援してきた。

Bytedanceは2016年2月に尋ね人プラットフォームを開設。中国民生部とその直轄組織の救助管理団体が保護した身元不明者約4万5000人の情報を整理し、公開している。また、警察や医療機関、メディアやボランティア組織も協力し、2万5000人の「失踪者・行方不明者」情報もデータベース化しており、中国最大の尋ね人プラットフォームに成長した。

頭条尋人の特徴は、ビッグデータとAIを駆使し、行方不明者が滞在している可能性の高い地域に向けて情報を発信することで、発見可能性を高めている。また、捜索にはTikTokも活用。探している人の情報を基に、10秒足らずのショートムービーを自動製作して配信することで、多くの人の目に触れる工夫などがされている。

今回追加する顔認識機能は、ByteDanceが2016年に開設した人工知能(AI)ラボで開発した技術。ユーザーがアップした行方不明者の画像を、届出があった身元不明者ビッグデータと照らし合わせ、可能性の高い人物の情報を提供する。同機能はByteDanceが近くリリースするアプリ内ポータル「頭条小程序(ミニプログラム)」の中で運営するという。

頭条尋人は2018年11月7日時点で、生後3カ月から101歳まで、高齢者2755人、未成年748人を含む7533人の身元特定・行方不明者発見に貢献。ByteDanceによると最速1分で不明者を発見し、1日で29人の不明者を特定したこともあるという。

(文・浦上早苗)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み