アメリカは一部国境を封鎖! 移民キャラバンが国境になだれ込み、当局は催涙ガスを使用か

川を渡る移民たち

メキシコ警察の規制線を越え、アメリカ・メキシコ間の国境にある川を渡る移民たち(2018年11月25日、ティファナ)。

Ramon Espinosa/AP

  • 25日(現地時間)、数百人規模と見られるグループがアメリカの通関手続地になだれ込んだ後、当局は中米から来たと考えられている移民集団(キャラバン)と衝突した。
  • 移民たちはメキシコのティファナにある仮設シェルターから、アメリカ南部の国境最大の通関手続地であるカリフォルニア州サンイシドロを徒歩で目指している。当局に亡命申請をするためだ。
  • 衝突が起きたのは、申請が承認されない限り、アメリカは今後、亡命希望者の入国を許さないとトランプ大統領がツイートしてから1日も経たないうちのことだった。

現地のジャーナリストたちがソーシャルメディアに投稿した動画や写真によると、数百人規模と見られるグループがアメリカの通関手続地になだれ込んだ後、当局は移民集団(キャラバン)と衝突した。

移民たちはメキシコのティファナにある仮設シェルターから、アメリカ南部の国境最大の通関手続地であるカリフォルニア州サンイシドロを徒歩で目指している。ティファナでは、中米から来た5000人近くの移民が足止めされていると報じられている。

警察が橋を封鎖した後、移民たちはティファナ川を徒歩で渡った。

アメリカ税関・国境警備局(CBP)の広報担当者は、南北に向かう自動車用の車線と歩道を一時的に封鎖したと言う。

国土安全保障省にもコメントを求めたが、回答は得られなかった。

アメリカ国境警備隊はその後、メキシコ側の国境に向かって催涙ガスを使用したと報じられていて、AP通信のクリス・シャーマン(Chris Sherman)特派員は、数百ヤード先まで影響が出たとツイートした

催涙ガスから逃げる移民たち

アメリカ国境警備隊が放った催涙ガスから逃げる移民たち。

Kim Kyung-Hoon/Reuters

ホンジュラス出身の23歳、アナ・ズニガ(Ana Zuniga)さんは、3歳になる娘を連れていた。

「わたしたちは走りました。でも、走ると余計に息苦しくなるんです」と、ズニカさんはシャーマン特派員に語った。有刺鉄線によるフェンスに移民たちが穴を開けたときも、アメリカ側が催涙ガスを使うのを見たという。

催涙ガスの煙

メキシコ側の国境に立ち込める催涙ガスの煙。

Hannah McKay/Reuters

MSNBCは、シェルターの状態にうんざりした移民たちがデモを計画していて、当局に直接、亡命の要望を伝えるため、半マイル(約800メートル)ほど歩いて行ったと現地から報じた。

群衆の上空をアメリカのヘリが飛んでいたと報道されているが、複数の軍用ドローンの姿も捉えられている。

この衝突は、亡命申請が判事によって承認されない限り、アメリカは今後、亡命希望者の入国を許さないとトランプ大統領がツイートしてから1日も経たないうちに起きた。

「南の国境にいる移民たちは、それぞれの申請が法廷で承認されるまで、アメリカに入ることは許されない」とツイートしたトランプ大統領は「我々の国に合法的に入って来た人間だけを許す」と付け加えたが、亡命希望者は大抵、亡命を申請する前に通関手続地で合法的に入国している。

トランプ大統領は、不法に国境を越えた移民の亡命申請を禁止する大統領令に署名していたが、アメリカの移民法はどのようにして入国したかにかかわらず、移民が亡命申請することをはっきりと認めている。

連邦裁判所の判事は先週、トランプ大統領は「連邦議会が明確に禁じている条件を強制するために、移民法を書き換えることはできない」として、大統領の動きを阻止した

ホワイトハウスにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

[原文:US shuts down portion of Mexico border as groups of migrants clashed with authorities and reportedly stormed port of entry]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中