700万円調達の「猥談バー」経営の25歳 “面白いエロ”で会員10万人目指す

この数カ月、大手クラウドファンディングサイトの「キャンプファイヤー(CAMPFIRE)」で話題を集めたプロジェクトがある。

佐伯ポインティ氏

提供:株式会社ポインティ

佐伯ポインティ氏による日本初の完全会員制「猥談バー」だ。9月6日に募集を開始。募集記事にはこんなタイトルが。

エロくて面白い夜をつくる!完全会員制「猥談バー」をオープンします!

一見、いかがわしい?と勘ぐってしまうが、当初50万円という控えめな目標に対して、約2カ月で669人の支援者から計702万8000円の調達に成功。支援内容を見ると、月5回来店可能な「アゲみシャンパンゴールド」(支援額3万円)や来店日数無制限の「ヤバみプラチナマグナム」(支援額10万円)といった不可思議なプランが並んでいた。

編集者からエロデューサーに、と独立

佐伯ポインティ氏

佐伯ポインティ氏。漫画の編集担当から、“面白いエロ”をビジネスにすべく「エロデューサー」へ。

撮影:今井駿介

佐伯氏はクリエイター・エージェンシーのコルク出身の編集者だ。25歳。常ににこやかで、物腰が柔らかい印象ながらも、彼の放つ言葉には迷いのない率直さを感じる。

2年半くらいコルクで漫画の編集をした後、2017年10月に独立。“面白いエロ”をビジネスにすべく「エロデューサー」を名乗るようになった。彼曰く“面白いエロ”とは「日常的で、違法でない、心を動かすエロ」。「官能小説やエロ漫画だけでなく、演劇や映画にも面白いエロはある」そうで、この新しいカテゴリーを端的に表す言葉を探し続けているところだ。

2017年11月には“面白いエロ”を話せる場として初めての「猥談バー」を1日限定で開催。Twitterとnoteの告知だけにもかかわらず、6席のバーに合計37人が来店。このイベントを機に定期的に「猥談バー」を開催するようになった。場所を貸してくれる支援者も次第に増え、最終的には1日100人を超える客が来るまでになった。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

バイトダンス組織解散、テンセントと京東の関係変化…メガIT企業の投資戦略に異変

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Jan. 25, 2022, 06:45 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み