100機導入なら日本でも? 米空軍のF-35、35機が20秒間隔で空へ

F-35

編隊飛行を行うヒル空軍基地所属の第388、第419戦闘航空団のF-35A。2018年11月19日。

U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Cory D. Payne

どんな脅威にも即座に戦力を集中し、対抗する能力を有することは常に米軍の最大の特徴。数十機の最新鋭ステルス戦闘機が2018年11月19日(現地時間)に行われた演習でその伝統を示した。

演習においてアメリカ空軍は11分間に合計35機のF-35AライトニングIIを離陸させ、大規模な戦力を極めて短時間で空中に展開した。

数十機のF-35が参加した演習の様子を見てみよう。

ヒル空軍基地の第388、第419戦闘航空団のF-35が参加。

F-35

訓練の準備を行う第388戦闘航空団のF-35A。2018年11月19日。

United States Air Force photo/Todd Cromar


今回の訓練はF-35による初の「エレファント・ウォーク」訓練となった。目的は、定められた時間内に可能な限り多くの機を離陸させること。

F-35

ユタ州ヒル空軍基地の滑走路で離陸に備える第388、第419戦闘航空団のF-35A。

United States Air Force photo/Cynthia Griggs

出典 :The Drive

「訓練の目的は、空中と地上のターゲットに対して多くの戦力を短時間に展開する能力を確認すること、F-35ライトニングIIの即応力と破壊力を示すこと」と第388戦闘航空団の広報課は声明に記した。

F-35

第388、第419戦闘航空団のF-35A。ヒル空軍基地。

United States Air Force photo/Cynthia Griggs


「我々は今夜の戦闘に備えている。複数のF-35戦闘航空団による訓練は、どこであろうと潜在的な脅威を打ち負かす我々の能力を示すことができる」と第34戦闘飛行隊のケイレブ・グスマン(Caleb Guthmann)少佐は声明で述べた。

F-35

第388、第419戦闘航空団のF-35A。ヒル空軍基地。

United States Air Force photo/Cynthia Griggs


アメリカ空軍はヒル空軍基地のF-35、30〜60機が所定の日に訓練を行うと発表していた。

F-35

第388、第419戦闘航空団のF-35A。ヒル空軍基地。

United States Air Force photo/Todd Cromar

出典 :Business Insider

19日の訓練ではF-35を連続して離陸させた。間隔はわずか20秒。

F-35

第388、第419戦闘航空団のF-35A。ヒル空軍基地。

U.S. Air Force photo/Senior Airman Justin Fuchs


現在、空軍で戦闘可能なF-35はヒル空軍基地の2つのF-35戦闘航空団のみ。

F-35

訓練の一環として編隊飛行を行う第388、第419戦闘航空団のF-35A。ヒル空軍基地。

United States Air Force photo/Todd Cromar


F-35Aはまだ戦闘ミッションに参加していない。

F-35

訓練に参加したF-35A。ヒル空軍基地、2018年11月19日。

United States Air Force photo/Todd Cromar


初めて戦闘に参加した米軍のF-35は、2018年9月、アフガニスタンにおけるタリバンとの戦闘に参加した海兵隊のF-35B。

F-35

訓練に参加したF-35A。ヒル空軍基地、2018年11月19日。

United States Air Force photo/Cynthia Griggs

出典 :Business Insider

F-35は開発中、数々の問題に直面した。米軍史上、最も高価な戦闘機であるF-35は、初の戦闘への参加と同じ週にサウスカロライナ州ではじめて墜落事故を起こした。

F-35

訓練に参加したF-35A。ヒル空軍基地、2018年11月19日。

United States Air Force photo/Cynthia Griggs

出典 :Business Insider

訓練は国防総省の上層部が即応力の向上を重視し始めたタイミングで行われた。

F-35

編隊飛行を行う第388、第419戦闘飛行団のF-35A。

U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Cory D. Payne


マティス国防長官は空軍と海軍にF-35、F-22、F-16、F/A-18の稼働率を2019年9月までに最低でも80%とするよう命じた。

F-35

編隊飛行を行うヒル空軍基地所属の第388、第419戦闘航空団のF-35A。2018年11月19日。

U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Andrew Lee

出典 :Defense News

ヒル空軍は2019年末までに3つのF-35戦闘航空団が配備される予定。

F-35

編隊飛行を行うヒル空軍基地所属の第388、第419戦闘航空団のF-35A。

U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Andrew Lee



[原文:The US Air Force put the destructive power of nearly three dozen F-35 stealth fighters into the air in just 11 minutes

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中