PayPay「100億円」に人が殺到、週末は大混乱? 今週読むべき5つのニュース

日本の順位は? 世界で最も裕福で健康で繁栄した国 トップ37

ハンモックで犬とリラックスしている男性

Hostelworld

イギリスのシンクタンク、レガタム研究所(Legatum Institute)は11月28日、2018年で12回目となる2018年のレガタム繁栄指数を公表した。レガタム繁栄指数は、100以上のさまざまな指標に基づき、世界で最も「繁栄している」国をランク付けするものだ。

2018年の結果はいかに?

Learn more?


PayPay「100億円」に人が殺到、サーバーダウン混乱の現場を見た ── 週末は大混乱か?

ビックカメラ新宿西口店。

開店前のビックカメラ新宿西口店。

撮影:林佑樹

12月4日からスタートした、PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」。日本の決済をキャッシュレス化したい各企業の中では後発のPayPayとしては、インパクトのあるスタートを切ったと言える。

本稿では実際に店舗での様子や、新しい決済手段に対応する店員の声などを含めたレポートをお送りする。

Learn more?


日本人には理解できない? アメリカで大人気フォードFシリーズ、栄光の歴史

フォード F-150 ラプター

フォード F-150 ラプター。

Ford

2017年、フォードはアメリカで89万6764台ものFシリーズトラックを販売、年間販売台数の記録を塗り替えた。

Fシリーズは、アメリカで41年連続ベストセラーのトラックであり、36年連続ベストセラーの車だ。

70年にわたるベストセラー、フォードFシリーズの歩みを見てみよう。

Learn more?


驚異の100億円還元「PayPay祭」スタート ── 狙いは家電量販店とアップル製品

ビックカメラ渋谷ハチ公店

12月4日、スマートフォン決済サービスPayPayの大規模還元キャンペーンがスタートした。

撮影:小林優多郎

ヤフーとソフトバンクの共同決済サービス「PayPay(ペイペイ)」の「100億円あげちゃうキャンペーン」が12月4日午前9時、ついにスタートした。

同キャンペーンはPayPayが利用できるリアル店舗で期間中に決済すると、20%ものPayPay残高の還元が受けられるという破格の施策で、スタート直後から「PayPay」というキーワードがTwitterのトレンド入りするほどの盛り上がりを見せている。

多くのユーザーはどのようなものを、どんなところで買ったのか?

Learn more?


20歳の時には分からなかった大人の真実7つ

ベッドでスマホを眺める女性。

Shutterstock/Marcos Mesa Sam Wordley

20代の頃は、すべてを分かったつもりになりがち。

実家を離れ、1人暮らしを始めた人もいるだろう。初めて味わう自立は、自分の知恵や世の中に対して、不自然なほどの自信を持たせる不思議な力がある。

しかし、20歳の自分は実際のところ何も分かっていなかった。

Learn more?

※この記事は編集部で集計した週間PV数及び公開済みの記事の内容に基づき作成しています。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中