近く辞任か? トランプ大統領と不仲のケリー大統領首席補佐官、後任の最有力候補は36歳のミリオネア

ニック・エアーズ氏

ニック・エアーズ氏。

Jonathan Ernst/Reuters

近く辞任する可能性があると報じられているアメリカのジョン・ケリー大統領首席補佐官。その後任には、ニック・エアーズ(Nick Ayers)氏の就任が有力視されている

現在、ペンス副大統領の首席補佐官を務めているエアーズ氏は、以前からトランプ大統領がケリー氏の後任にと考えてきた人物だと言われている。

トランプ政権の3番目の大統領首席補佐官候補はどんな人物なのか。紹介しよう。


ニック・エアーズ氏(36歳)は、次の大統領首席補佐官の最有力候補だと報じられている。就任が実現すれば、ここ数十年で最も若い大統領首席補佐官の1人になる。

ニック・エアーズ氏

Leah Millis/Reuters

エアーズ氏は現在、ペンス副大統領の首席補佐官を務めている。

ペンス副大統領とエアーズ氏

Drew Angerer/Getty Images

カオス状態のホワイトハウスで、エアーズ氏は大変な仕事を抱えることになるだろう。トランプ政権内で、大統領首席補佐官が最もタフな仕事であることはまず間違いない。

トランプタワーを訪れたエアーズ氏

ニューヨークのトランプタワーを訪れたニック・エアーズ氏(2016年12月8日)。

Drew Angerer/Getty Images

ジョージア州出身のエアーズ氏が政治の世界に足を踏み入れたのは、大学在学中、ソニー・パーデュー(Sonny Perdue)氏の州知事選の選挙活動を手伝ったのがきっかけだ。パーデュー氏は現在、トランプ政権の農務長官を務めている。

エアーズ氏

Drew Angerer/Getty Images

Source: The New Republic

エアーズ氏は19歳で大学を中退し、パーデュー州知事(当時)のもとでフルタイムで働き始めた。22歳でパーデュー州知事の再選を目指した選挙の責任者となり、勝利に導いた。

エアーズ氏

Andrew Harnik/AP

Source: The New Republic

エアーズ氏は最終的に、ケネソー州立大学で政治科学の学士号を取得。

エアーズ氏

Chip Somodevilla/Getty Images

20代を通じて、エアーズ氏は共和党関係のさまざまな保守系グループや候補者のために仕事をしてきた。トランプ政権の1人目の大統領首席補佐官だったラインス・プリーバス(Reince Priebus)氏が共和党全国委員会の委員長に就任するのを手伝ったことも。

エアーズ氏

Chip Somodevilla/Getty Images

エアーズ氏は2016年まで、マイク・ペンス氏のストラテジストとして働いていた。最終的には、ペンス氏の選挙活動チームの主要メンバーの1人となった。

エアーズ氏

Jonathan Ernst/Reuters

2017年6月には、ペンス副大統領の首席補佐官に。

ペンス副大統領とエアーズ氏

Al Drago/Getty Images

エアーズ氏は宗教に非常に熱心だ。それもあって、ペンス氏とエアーズ氏は結びついている。

ペンス副大統領

ペンス副大統領。

Sara D. Davis/Getty Images

Source: The Huffington Post

エアーズの純資産は1200万~5500万ドル(約13億5000万~62億円)と言われている。トランプ政権は、ミリオネアやビリオネアだらけだ。

トランプ大統領

トランプ大統領。

AP Photo/Evan Vucci

Source: Politico

エアーズ氏はその資産の多くをコンサルティング業で築いてきたが、不動産、ヘルスケア、テクノロジーなどさまざまな業界に投資もしてきた。

エアーズ氏

ニック・エアーズ氏(左から2番目)。

Andrew Harnik/AP

Source: Politico

エアーズ氏は、トランプ大統領の娘イヴァンカ・トランプ氏とその夫ジャレッド・クシュナー氏と強いつながりを持っていると言われている。

左からイヴァンカ・トランプ、ジャレッド・クシュナー、ニック・エアーズ

Evan Vucci/AP

[原文:Meet Nick Ayers, the leading candidate to take over for John Kelly as White House chief of staff]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み