3度の結婚、パリの舞踏会、逮捕……華麗なるファーウェイ創業者一族とは?

ファーウェイ副会長兼CFO、孟晩舟(Meng Wanzhou)氏

ファーウェイ副会長兼CFO、孟晩舟(Meng Wanzhou)氏。

Huawei

  • ファーウェイ副会長兼CFO、孟晩舟(Meng Wanzhou)氏は12月1日(現地時間)、アメリカの対イラン制裁に違反した疑いによりカナダで逮捕された。
  • 孟CFOは同社創業者兼CEOで中国有数のビリオネア、任正非(Ren Zhengfei)氏の娘。
  • 任CEOと3人の子どもは貴族のような暮らしを送っている。ファーウェイは中国で最も成功したテック企業であり、スマートフォンの販売台数はアップルを上回る。
  • 孟CFOと兄弟の任平氏はファーウェイで働いている。年下の異母妹はソーシャルメディアとバレエを好み、最近、パリで豪華な舞踏会に参加した。

ファーウェイの副会長兼CFO、孟晩舟(Meng Wanzhou)氏の逮捕でファーウェイに大きな関心が集まっている。

一般にファーウェイは、アップルのiPhone、サムスンのギャラクシー、グーグルのピクセルなどに対抗するスマートフォンのラインナップで知られている。

今、アメリカ当局は同社の調査を進めている。特に孟氏にはアメリカの対イラン制裁に違反した疑いがかけられている。

孟氏は単なるCFOではない、中国における貴族のような存在だ。彼女の父親、任正非(Ren Zhengfei)氏はファーウェイの創業者兼CEO、32億ドル(約3600億円)と言われる莫大な資産にもかかわらず、同氏の経歴はほとんど知られていない。

報道によれば、任氏は3度結婚し、息子と娘をもうけた。ただし全員がメディア露出を避けているわけではない。

任氏の最も年下の娘、Annabel Yao氏は2018年11月、パリで舞踏会に参加した。

ファーウェイ創業一家の華麗なる暮らしを見てみよう。

創業者の任正非氏は1944年生まれ、ちょうど文化大革命が始まる年に成人した。

ファーウェイの創業者兼CEO、任正非氏

Reuters


任氏は中国・貴州省生まれ。彼は2015年、貧しい生い立ちをBBCに語った。「うちには調理に使う塩があった。だから金持ちだと思っていた」。

塩

HandmadePictures/Shutterstock

BBCの番組はもう見ることはできないが、概要はここで読むことができる

30歳の時、任氏は中国人民解放軍にエンジニアとして加わった。この経歴のせいで、ファーウェイは軍や政府とつながっているのではないかと今も疑われている。

中国人民解放軍

Guang Niu/Getty Images

任氏は、中国政府がファーウェイにスパイ行為を依頼することなどないと語っている。

同じ頃、任氏は最初の妻Meng Jun氏と結婚、娘の孟晩舟氏が生まれた。1970年代はじめには息子の仁平氏が生まれた。

ファーウェイ副会長兼CFO、孟晩舟(Meng Wanzhou)氏

ファーウェイ副会長兼CFO、孟晩舟(Meng Wanzhou)氏。

Huawei


孟CFOはサブリナ(Sabrina)あるいはキャシー・メン(Cathy Meng)とも呼ばれる。10代の頃、両親が離婚したため母親の姓を名乗った。大学卒業後、銀行で1年働いた後、ファーウェイに入社、CFOに登りつめた。

カナダのトルドー首相

カナダのトルドー首相は逮捕への同国の関与を否定している。

Neil Hall/Getty Images

孟CFOの兄弟の任平氏についてもほとんど知られていない。孟CFOと同様に母親の姓を名乗り、孟平氏とも呼ばれていた。ニューヨーク・タイムズによると、分かっていることはファーウェイの子会社で働き、ファーウェイを継ぐことにはほとんど興味はなかったことくらい。

アメリカ当局は、孟CFOがイランに同社製品を販売した会社と同社の関係を隠蔽したと考えている。アメリカの対イラン制裁措置に違反した行為だ。

イランの女性

Reuters/Raheb Homavandi

中国は孟CFOの逮捕に怒りを表明、アメリカに撤回を求めている。

同社の公式プロフィールによると、任正非氏は1983年、39歳の時に人民解放軍を退役。石油企業で働いた後、1987年にファーウェイを創立した。スマートフォンでのライバル、アップル創業の12年後のことだ。

ファーウェイ

Reuters


ファーウェイは中国大手のエレクトロニクス・ブランドとなった。任氏の資産は33億ドルに達した。

ファーウェイの製品を使う人たち

VCG/VCG via Getty Images


任氏はファーウェイを創立してすぐ、最初の妻と離婚し、Yao Ling氏と再婚。娘のAnnabel Yao氏が生まれた。

View this post on Instagram

Was this before half of my face swelled up🤣 #wisdomteethproblems

Annabel Yaoさん(@annabelballerina)がシェアした投稿 -

インスタグラムを見る限り、Yao氏はファッション好きのご令嬢。

21歳のAnnabel Yao氏は、ハーバードでコンピューター・サイエンスを学びながら、中国のプリンセスのような暮らしを送っている。バレエとファッションにも情熱を燃やしている。

View this post on Instagram

Jete-ing away from July like . . . . . . . . #ballet #grandjete #ballerina #flexibility #jump

Annabel Yaoさん(@annabelballerina)がシェアした投稿 -



義母姉の孟CFOがカナダで逮捕される少し前、Yao氏はパリで開催された豪華な舞踏会に参加した。

ダンスパーティーでの写真。

View this post on Instagram

Thank you @lebal.paris for the magical experience💛

Annabel Yaoさん(@annabelballerina)がシェアした投稿 -


舞踏会「Le Bal des Débutantes」は超富裕層や有名人の子どもが参加する。前回は俳優ライアン・フィリップと女優リース・ウィザースプーンの娘、元イタリア首相シルビオ・ベルルスコーニの娘が参加した。

エイバ・フィリップ。

ライアン・フィリップとリース・ウィザースプーンの娘、エイバ・フィリップ氏。

Getty


任氏のお金の使い途はほとんど知られていない。だがパリスマッチ(Paris Match)の記事によると、深センに豪華な「宮殿」を構え、ファーウェイのゲストを招いている。またAnnabel Yao氏は父親を説得して、舞踏会に参加したようだ。

任正非CEO

CBS/YouTube/Screenshot

「宮殿」の広さは2平方キロメートル、豪華なシャンデリアがある。

中国メディアによると、任氏は3度目の結婚をしている。相手は元アシスタントのSu Wei氏。

任正非CEO

元イギリスの財務大臣ジョージ・オズボーン氏(左)と任正非CEO(右)。

Getty Images


任氏は孟晩舟氏と仁平氏を厳しく評価している。かつて、2人とも将来ファーウェイを率いるための正しい資質を持っていないと語ったと伝えられた。

任正非CEO

ロシア・ペテルスブルクで行われた国際経済フォーラムで語る任正非CEO。2012年6月22日。

Dmitry Lovetsky

ファーウェイの経営にはビジョン、決意、長期的な視野が必要と任CEOはメールに記した。Sina Techが報じた。

「私の家族は誰もこうした資質を持っていない。したがって、子どもらは決して後継者には含まれない」

孟CFOは父親が間違っていたことを証明したようだ。1993年にファーウェイに入社し、CFOまで登りつめた。2018年3月、父親に代わって副会長に就任した。

ファーウェイ副会長兼CFO、孟晩舟(Meng Wanzhou)氏

ファーウェイ副会長兼CFO、孟晩舟(Meng Wanzhou)氏。

REUTERS/Alexander Bibik


父親と同様、孟CFOはプライバシーを重視し、私生活はほとんど知られていない。彼女と家族はカナダ・バンクーバーの邸宅に住んでいると考えられている。

孟CFOの自宅と思われる建物

Reuters

中国メディアの報道によると、孟CFOには2人の子どもがいる。

孟CFOの逮捕はアメリカと中国の緊張を再び高めた。中国は孟CFOの釈放を求めている。

任CEO(左)と習近平主席(右)。

任CEO(左)と習近平主席(右)。

Reuters



[原文:An arrest, a debutante ball, and 3 marriages: Inside the insane lives of the super rich Huawei dynasty

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み