450億円超! ボーイングの次世代フラッグシップ777Xベースのプライベートジェット

ボーイングのBBJ 777X

ボーイング BBJ 777Xの予想図。

Boeing

  • ボーイングビジネスジェットは12月10日(現地時間)、ドバイで開催されたミドル・イースト・ビジネス・アビエーション・アソシエーション・ショーで新しいプライベートジェット「BBJ 777X」を発表した。
  • BBJ 777Xはボーイングの次世代大型旅客機777Xがベース。
  • あわせて3社が手がけた内装コンセプト3案も発表。3社とはジェット・アビエーション、ユニーク・エアクラフト・デザイン、グリーンポイント・テクノロジーズ。
  • ボーイング 777-8のカタログ価格は3億9490万ドル(約448億円)、777-9は4億2580万ドル(約483億円)。内装のコストは含まない。
  • 777-9は2020年、就航予定。777-8もそれに続く予定。

777Xはボーイングが開発中の次世代大型機。ワイドボディの777Xは同社の次世代フラッグシップ機となり、同社を象徴する747ジャンボジェットを置き替える。

そして今、777Xのプライベートジェットが登場した。

12月10日(現地時間)、ボーイングビジネスジェット(Boeing Business Jets:BBJ)はドバイで開催されたミドル・イースト・ビジネス・アビエーション・アソシエーション・ショー(Middle East Business Aviation Association Show:MEBAAショー)で「BBJ 777X」を発表した。

「我々の最上級顧客は、目的地に最高の空間に包まれ、快適にダイレクトに向かいたいと考えている」とボーイングビジネスジェットの責任者、グレッグ・レキシントン(Greg Laxton)氏はリリースで語った。

「新しいBBJ 777Xは、これまで他のどの機もなし得なかったことを可能にし、超長距離のVIPのフライトを再定義した」

1996年以来、BBJはボーイングの旅客機を世界中の富裕層向けに豪華なプライベートジェットに作り変えてきた。

BBJの販売数は多くはない。これまでのオーダー数は261機のみ。だがBBJが作り変えたプライベートジェットは空飛ぶアートだ。

777Xのみならず、ボーイングビジネスジェットは737、787ドリームライナー、そして747をベースにしたプライベート・ジェットを作っている。

BBJ 777Xを見てみよう。

BBJ 777Xは新しいボーイングの大型旅客機777Xがベース。

ボーイング777シリーズ

Boeing


777Xには777-8とより大型の777-9があり、BBJ 777Xはどちらもベースにできる。

ボーイングのBBJ 777X

Boeing


BBJ 777-8の航続距離は1万3400マイル(約2万1600メートル)、777-9は1万2700マイル(約2万400キロメートル)。ベースの旅客機よりも数千マイル遠くまで飛べる。

ボーイングのBBJ 777X

Boeing


BBJ 777Xは同社の最も航続距離が長いプライベートジェットとなる。シドニーからロンドン、あるいはシアトルからドバイまで飛べる。

ボーイングのBBJ 777X

Boeing


エンジンはGE製の巨大なGE9Xエンジン。競合エンジンよりも燃料消費量は5%少なく、排出ガスも極めて少ない。

ボーイングのBBJ 777X:エンジン

Boeing


翼長は236フィート(約72メートル)、客室は全高7.9フィート(約2.4メートル)、全幅20フィート(約6メートル)近く。

ボーイングのBBJ 777X

Boeing


777-9は777-8よりも33フィート(約10メートル)全長が長い。777-8のキャビンの面積は3256平方フィート(約300平方メートル)、777-9は3689平方フィート(約340平方メートル)。広い郊外の家くらい ── 極めて豪華な郊外の家。

ボーイング 777X

Boeing


ボーイングは3社が手がけた内装コンセプト3案も発表。1社目はジェット・アビエーション(Jet Aviation)、スタイリッシュなキャビン入口。

ボーイングのBBJ 777X:キャビンの入口

Jet Aviation


入口の右側には巨大なラウンジ。

ボーイングのBBJ 777X:ラウンジ

Jet Aviation


スタイリッシュなダイニングルームもある。

ボーイングのBBJ 777X:ダイニングルーム

Jet Aviation


バー。

ボーイングのBBJ 777X:バー

Jet Aviation


キャビンの奥には大きなマスタースイート。バスルームとクローゼットを備える。

ボーイングのBBJ 777X:マスタースイート

Jet Aviation


2社目はユニーク・エアクラフト・デザイン(Unique Aircraft Design)。キャビン入口。

ボーイングのBBJ 777X:キャビンの入口

Unique Aircraft Design


入口右側のオープンラウンジ。

ボーイングのBBJ 777X:オープンラウンジ

Unique Aircraft Design


キャビンの奥にはダイニングルーム。

ボーイングのBBJ 777X:ダイニングルーム

Unique Aircraft Design


入口のすぐ左にはオフィス。

ボーイングのBBJ 777X:オフィス

Unique Aircraft Design


前方にはマスターベッドルーム。

ボーイングのBBJ 777X:ベッドルーム

Unique Aircraft Design


マスターバスルーム。

ボーイングのBBJ 777X:マスターバスルーム

Unique Aircraft Design


最後の3社目はグリーンポイント・テクノロジーズ(Greenpoint Technologies)。キャビン入口。

ボーイングのBBJ 777X:キャビンの入口

Greenpoint Technologies


入口の右と左はラウンジ。

ボーイングのBBJ 777X:ラウンジ

Greenpoint Technologies


ラウンジはさまざまな家具で仕切られている。

ボーイングのBBJ 777X:ラウンジ

Greenpoint Technologies


メインラウンジの奥はゲスト用ベッドルーム。

ボーイングのBBJ 777X:ゲスト用のベッドルーム

Greenpoint Technologies


ソファもある。

ボーイングのBBJ 777X:ゲスト用ベッドルームのソファ

Greenpoint Technologies


キャビンの一番奥にはマスタースイート。

ボーイングのBBJ 777X:マスタースイート

Greenpoint Technologies


大きくて豪華なベッド。

ボーイングのBBJ 777X:マスタースイートのベッド

Greenpoint Technologies


ベッドの裏側にはフルサイズのウォークインクローゼット。

ボーイングのBBJ 777X:ウォークインクローゼット

Greenpoint Technologies


別カット。

ボーイングのBBJ 777X:ウォークインクローゼット

Greenpoint Technologies


クローゼットのそばにはマスターバスルーム。

ボーイングのBBJ 777X:マスターバスルーム

Greenpoint Technologies


独立したシャワーもある。フロアはストーン仕上げ。

ボーイングのBBJ 777X:独立したシャワー

Greenpoint Technologies


化粧台。

ボーイングのBBJ 777X:化粧台

Greenpoint Technologies


内装の費用は不明。おそらく数億円はかかるだろう。

ボーイングのBBJ 777X

Boeing


777-8のカタログ価格は3億9490万ドル(約448億円)、777-9は4億2580万ドル(約483億円)。

ボーイング 777-8と777-9

Boeing


777-9は2020年、就航予定。777-8もそれに続く予定。

ボーイング 777-9

Boeing



[原文:Boeing just launched a new $400 million 777X private airliner, and it's a flying mansion that can go halfway around the world

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み