ある日、突然いなくなる! アメリカの職場で急増する「ゴースティング」

スマートフォンを使う女性

Gleb Leonov/Strelka Institute/Flickr

  • ワシントン・ポストによると、アメリカでは職場に姿を見せず、会社との連絡を絶つことで仕事を辞める「ゴースティング」をする労働者が増えているという。
  • これは労働市場がひっ迫していることの表れだと、同紙は指摘する。アメリカでは仕事を探している人の数よりも、求人数の方が多い。
  • 突然仕事を辞めるのは大抵、従業員と管理職のコミュニケーション不足の証拠だと専門家は言う。

ミレニアル世代がデートでやる"ある行動"が、職場にも広まり始めた —— 「ゴースティング」だ。

ワシントン・ポストによると、アメリカではシンプルに職場に姿を見せなくなったり、会社と連絡を断つことで仕事を辞める労働者が増えているという。

「多くの取引先が『ゴースト』されたと話している。ある日突然、従業員が職場に来なくなり、連絡が全くつかない状態だ」と、シカゴ連邦準備銀行は12月、ワシントン・ポストが引用したレポートの中で指摘している

同紙によると、職場でゴースティングが増えているのは、アメリカの労働市場のせいだという。失業率はここ数十年で最も低い水準で、仕事を探している人の数よりも求人数の方が多いため、労働者が上司との面倒な会話を回避して、他の仕事に移ることを助長しているのだ。

「文字通り誰もが雇ってもらえるときに、どうして上司ともめたり、面倒な会社を辞めるまでのさまざまな手続きに煩わされたいと思うでしょう? 」と、労働経済学者のマイケル・ヒックス(Michael Hicks)氏はワシントン・ポストに語った。

他のひどい辞め方と同じように、雇い主にゴースティングをするともちろん職場のひんしゅくを買うと、職場のマナーに詳しい専門家は言う。上司だけでなく、今後も連絡を取り合いたいと思っていた同僚に対しても、確実に後には引き返せない状況を作り出し、あなたの評判は暴落するだろう。

「直接関係のない同僚ですら『なんてプロ意識に欠けることをするんだ —— おとなげないにもほどがある』と考えるでしょう」と、SixFigureStartのキャリアコーチ、キャロライン・セニサ・レヴィーン(Caroline Ceniza-Levine)氏は2017年、Business Insiderに語った

何の前触れもなく人が仕事を辞めるとき、それは大抵、管理職と従業員のコミュニケーション不足の証拠だと、仕事に関する調査を行うTinypulse社の幹部、カレブ・パピノー(Caleb Papineau)氏は指摘する。

「突然仕事を辞めるのは、従業員にとっても雇い主にとっても良いことではありません」と、パピノー氏は2016年、Business Insiderに語っている。「普段から自分の意見は聞き届けられないとか、自分は正当な評価を受けていないと感じている従業員は、突然辞めるしか選択肢がないと感じてしまうのです」

パピノー氏は、性急で感情的な決断を下すよりも、上司と話す時間を作ることを勧めている。

「計画性を持ちましょう。プロとして行動しましょう。そして、できるだけ、後に引き返せない状況に自分を追い込まないようにしましょう」

[原文:The job market is so hot right now that workers are 'ghosting' employers without even saying goodbye]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み