「その仕事、意味あるんですか?」若手と下積みマスト先輩世代の溝

若手育成問題。

電話を取らない、理由や目的を逐一説明しないと動かないなど、職場の20代への疑問の声も上がるが、彼らの言い分とは。

超少子高齢社会の日本では、職場から社会から20代が減っている。

1990年には4割だった日本の30歳未満人口は、現在3割を切っている。職場でも「希少な若手」な存在ゆえ、辞めてもらっては困る。とはいえ「上の言うことは絶対」教育を受けた世代から見ると、厳しい上下関係やしっ責を嫌う20代の扱いは、時に悩みの種。

「理不尽な指示は従えない」という若手に対し、いくら若手不足とはいえ「20代の主張をいちいち聞いていてはまるで過保護な(中国の)一人っ子政策だ」という先輩世代の声も。現代の理想の若手育成とは。

「やれ」と言われていない仕事でなぜ怒る?

「一言一句メモれ」「先輩のスケジュールは全て把握して、資料を用意しておくべし」「仕事は言われる前に察してやっておくのが当然」

都内のIT企業勤務の翔太さん(28、仮名)は入社してすぐ、営業職に配属された。同じチームの男性の先輩(33)の“仕事の流儀”に、どうしても違和感がぬぐえなかった。先輩は元ラガーマン。30代前半とはいえ、若手の育成はスパルタ方式を信じている。

「やれと言われた仕事をやっていなくて叱られるのはわかります。でも、やれとも言われていない仕事をやっていなくて、どうして責められるのか」

翔太さんは、納得がいかなかったという。

やれと言われていない仕事をしていなくて、なぜ叱られるのか。翔太さんは語る。

撮影:滝川麻衣子

「例えば何かの進捗管理の仕事の場合、それをやる意味やメリットを考えずに、ただやれ、姿勢をみせろ、と。本人だって、その意味や目的をわかっていないなと思うと、正直、気持ちは離れますね。上の世代に希望をもてない」

もちろん、身近な年上である30代が全てスパルタなわけではない。ただ、「本当の意味で仕事を教えてくれる人がいない」と感じてきた。

というのも「40代以上のスパルタ育ちに憧れてそれにならう、(前出の)ラガーマン先輩のような人が3割。あとの7割は『ググれば(ネットで検索すれば)?』という放置型」なのだという。

管理職世代と自分たち20代をつなぐ「身近で教えてくれる先輩」「親身になってくれる先輩」層の薄さを実感している。

「僕ら世代は、目的共有とメリット提示がなければ、次に行きます。部署異動の希望を出すとか、転職するとかです」

翔太さんも実際、人事部に相談をし、今年からは営業を離れ開発部門を担当している。

全身びしょ濡れでも営業の効果とは?

会議

意味や目的のわからない、職場の習慣や研修に、20代からは戸惑いの声も。

Shutterstock

「車を使えば、もっと取引先を回れるのに」

キャリアプロデューサーとして今、複数組織で働く境野今日子さん(26)は社会人1年目、大手通信会社の東北地方の支社に配属され、営業担当として働いていた。自転車を漕いで遠方の取引先に向かいながら、いつもモヤモヤしていた。

支社では入社の春から夏頃まで「新人は、自転車で営業」という研修があった。10キロ圏内を自転車で回ると、訪問先が1日で2〜3軒ということもある。移動に時間がかかって仕方ない。

「雨の日も、びしょ濡れになっても自転車でした。資料がベタベタの使いものにならなくて、何しに行っているのだろうと……」

炎天下でスーツの日など全身汗まみれで、顧客にも失礼だと感じていたが、「こんな遠いところまで頑張って自転車で来ている」という”姿勢”が大事だと。だが、取引先からは「おたくは、まだそんなことやっているんですか」。かえってあきれられ、どうしても効果を生んでいるようには思えなかった。

入社前からの社歌の練習、就業規則を覚えているかのテスト、「本社のえらい人に質の高い余興をみせるため」の忘年会の練習、大量の買い出しなど会社の飲み会の準備——。

「この時間に、もっと仕事ができるのでは」

そう、思わずにいられなかった。

背中を見て覚えろ世代の割り切れなさ

組織

理不尽だと思ったとしても、耐えてきた世代も。

撮影:今村拓馬

一方、年功序列のタテ社会の洗礼を飲み込んできたのがアラフォー(40歳前後)世代。20代がもつ「違和感」に一定の理解は示しつつも、胸中は少し複雑だ。

「間違いを指摘されてスネたり、何度も言っていることも覚えなかったりだと、正直、どうなのかなとは思いますね」

ポータルサイト運営企業の会社員、エリコさん(44)は、20〜30代前半くらいの若手に時おり、割り切れなさを感じる。それでも「毎回メモをとろうねと念を押したり、繰り返し説明したりすることが重要」と、考えている。同じミスが繰り返されるよりはずっといい。

エリコさん自身は丁寧な説明どころか「背中を見て覚えろ!」と、育てられた世代。新卒で入社した大手新聞社では「初めての赴任地で、本社からの電話をとるのに『はい、◎◎支局です』と出ると、『名を名乗れ!』といきなり怒鳴られて。怖いところに来てしまった、と衝撃でした」

手取り足取り教えてもらえるわけでもなく、先輩のやり方を「見て」学ぶしかなかった。スパルタなやり方は「マウンティングに過ぎない」と今では思うが、おかげで「いちいち反発しても平行線だからと、ぐっとこらえて身を処す術は身についたかもしれません」。

終身雇用が崩壊し、転職を視野に入れる現代の若年層。長い「下積み期間」を敬遠するのも無理はない。ただ、「やりたい仕事以外もとにかくがむしゃらにやった20代」が、仕事の基礎体力のようなものになったという声も少なくない。

本当にためになる修行や下積みなのか、単なる根性論なのか。その線引きが、日本社会で曖昧なのも、20代と上の世代とに溝を深めているかもしれない。

何の意味があるんですか?と聞く理由

若手

電話に出ない、自分から話しかけてこない。企業からは、若手育成に関する悩みの声が尽きないという。

撮影:今村拓馬

「若手育成の悩みは、はっきり言って多くの企業から聞きます」

エン・ジャパンの人材活躍支援事業部チーフコンサルタントの横田昌稔さんは言う。

横田さんは、企業の管理職研修や新入社員研修を手がける。若手が会社の電話に出ない、指示に対して「何の意味があるんですか?」と聞き返してくる、対面コミュニケーションを避けるなどのケースをよく相談されるという。ただ、20代の言い分にも理由がある、というのが横田さんの見方だ。

「小学生ぐらいから携帯を使ってきた世代は、誰からか分からない電話に出ることに慣れていない。LINEなどSNSコミュニケーションが主なので、対面で声をかけるのも苦手意識がある」

そして「指示に何の意味があるのか」と聞くのも、無理もない面があるという。

黙って上の言うことに従って耐えていれば、右肩上がりに給料の上がる時代ではないからです

よこたさん

エン・ジャパンの人材活躍支援事業部チーフコンサルタントの横田昌稔さん。「歩み寄りは成果の最大化のため」と話す。

撮影:エン・ジャパン

その上で横田さんは言う。

「上の世代と若手と、どちらがいい悪いではない。時代環境の変化をお互いに理解して、歩み寄るべきでしょう。それは職場で仲良くやっていくためではありません。仕事の目的である成果を最大化するために、必要なのです

そして管理職世代には若手社員に対し、「いつ、誰が、どこで、何を、何のためにやるか」まで説明して指示することや、何か困っていないか上司の方からの声がけを勧める。一方、若手社員にも「わからないならちゃんと聞く、言われたことはメモをとる」などを、伝えている。

もちろん40代以上からは「なぜそこまで?」という疑問の声も上がる。これに対して、横田さんは「産業構造の変化」を指摘する。

「これまでどおりのやり方で、成果が出る時代ではない。デジタル・ネイティブな20代の声や新しい価値観を取り入れることで、変化や改革に対応できることもある。今までのやり方を押し付けることに、メリットはありません」

コミュニケーション下手はだれ?

前出の、IT企業勤務の翔太さんは最近、取引先からの帰り道、初めて直属の先輩と二人で飲みに行った。「彼女いるのかとか将来の夢とか、仕事以外のことを自己開示してもらえて、信頼できる感じがした」という。

翔太さんは言う。「僕らはデジタル世代で対面コミュニケーションが苦手だってよく言われるのですが、逆もしかりと思います。上の世代もコミュニケーションできているのでしょうか」

歩み寄りの緒(いとぐち)は、意外とシンプルなのかもしれない。

(文・滝川麻衣子)


平成の30年間で、もっとも大きな変化はインターネットの台頭。そして今、小さな頃からデジタルに慣れ親しんできたデジタルネイティブ世代が職場や社会の主役になりつつあります。ただし、デジタルネイティブな平成生まれと、上の世代は時に価値観のギャップですれ違いも。平成が終了し新たな時代の始まる2019年、ズレやギャップの向こう側を探ります。

Business Insider Japan編集部とYahoo!ニュースの共同企画による連載「平成生まれの逆襲」。1月2日から計5本を公開します。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み