最短1週間! アメリカでは、家もネットで売る人が増えている

ソファに座る女性

ソファに座ったままで、自宅が売れる?

Shutterstock

  • アメリカでは、Zillowといった住宅所有者から直接、家を購入する不動産関連企業が増えている。
  • 2019年中にアメリカの8つの市場で利用可能になるZillowのサービスを使えば、サインをしてから最短7日で家を売ることができる。
  • だが、こうした企業は購入価格の6~13%と、一般的な不動産会社よりも高い手数料を取る。
  • あるアナリストはロサンゼルス・タイムズに対し、2021年までにインターネットで住宅を購入する人は、既存の住宅販売市場の10%を占めるようになるだろうと語った。

何をするにもオンラインは簡単だ —— 家を売ることすらも。

アメリカでは、サンフランシスコに拠点を置くスタートアップ「Opendoor」や「Zillow」といったオンライン不動産会社を使って、短期間で家を売る人が増えていると、ロサンゼルス・タイムズが報じた

Zillow Offersのサービスはすでにアリゾナ州フェニックス、ネバダ州ラスベガス、ジョージア州アトランタ、コロラド州デンバーのアメリカ国内4つの市場で利用可能で、カリフォルニア州リバーサイドでもまもなく使えるようになると、Zillowは11日(現地時間)に発表した

同サービスは、家を売るプロセスを劇的にシンプルにしてくれる。オンラインで住所を入力し、家に関するいくつかの質問に答え、写真を送り、Zillowが地元の不動産会社に連絡するのを待てば、住宅の評価額が分かる。ここまでたった2営業日だと、ロサンゼルス・タイムズは書いている。

その後、Zillowが契約前に売り主立ち合いのもとの現地確認の場を設ける。購入希望者のオファーを受け入れる場合、売り主は手続き完了日を7日から90日の間で設定する。不動産会社もこのプロセスの一部だが、そのやりとりと支払いは売り主ではなくZillowがする。

「時間のない売り主のために、最短5日で契約をまとめたこともあります」と、Zillowの広報担当ジョーディン・リー(Jordyn Lee)氏はロサンゼルス・タイムズに語った。カリフォルニア州リバーサイドでは、Zillowは20万~60万ドル(約2300万~6800万円)の住宅に集中し、3カ月以内の売却を目指す。

だが、住宅所有者にとってはデメリットもある。一般的な不動産会社の手数料が購入価格の5~6%である一方、Zillowの場合は6~9%だと、ロサンゼルス・タイムズは書いている。

同様のサービスを2014年から提供しているOpendoorは、今ではアメリカ国内の10以上の市場でサービスを展開し、手数料として購入価格の6.7~13%を受け取っていると、ロイターは報じている。Opendoorのウェブサイトによると、同社の手続き完了までに要する日数は10日から60日の間だ。2018年6月のロイターの報道によると、Opendoorの価値は20億ドル以上で、平均25万ドルの住宅を扱っている。

クレイグ・ハルム・キャピタル・グループ(Craig-Hallum Capital Group)のシニア・リサーチ・アナリスト、ブラッド・バーニング(Brad Berning)氏はロサンゼルス・タイムズに対し、これからはこうしたインターネット・バイヤーの時代だと語った。バーニング氏は、2021年までに既存の住宅販売市場の10%を占めるようになるだろうと言う。

ニューヨークに拠点を置く不動産スタートアップ「Prevu」の共同創業者チェイス・マーシュ(Chase Marsh)氏は、6月のフォーブスへの寄稿の中で、人間を相手にやりとりするよりもオンラインで売る利便性は大きな魅力だが、少なくとも現時点では、その高い手数料を払うだけの価値はないと語った。

「インターネット・バイヤーが手早く売れる利便性を提供している一方で、消費者と投資の専門家をマッチングするのは、常に消費者にとって最良とは言えない」と、マーシュ氏は書いている。「選択肢があることは良いことだ。だが、一般的に個人にとって家は最大の資産だ。インターネットで売る前に、専門家に相談した方が良いかもしれない」

[原文:More Americans are selling their homes online to real-estate companies like Zillow, who make an offer in 2 days and can close in a week]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み