見かけ倒し? 露兵器メーカー、カラシニコフのプロトタイプ

カラシニコフの試作品:「ぱちんこ」で発射する無人偵察機

「ぱちんこ」で発射する無人偵察機

Kalashnikov Concern Media

ロシアの兵器メーカー、カラシニコフ・コンサーンは1807年に創業、古くはロシア皇帝に武器を供給し、今もロシア軍に兵器を供給している。

同社は自動小銃AK-47のメーカーとして知られているが、今では27カ国に展開する国際的な兵器メーカーへと発展している。

しかし、同社の最新の試作品には奇妙としか言いようがないものもあり、時に専門家から嘲笑されている。

こうした試作品が実際に使用されている、あるいは目的に適っていることを示す確かな証拠はない。ブルームバーグのレオニード・ベルシドスキー(Leonid Bershidsky)氏はカラシニコフの試作品のほとんどは見かけ倒しと述べた

1人乗りのドローンから機関銃を搭載した砂漠用バギーまで、カラシニコフの奇抜な最新の試作品15選を見てみよう。

1. 「コンセプト・エアクラフト」と名付けられた有人ドローン。映画『スター・ウォーズ』のポッドレーサーに似ている。用途は不明。

カラシニコフのプロトタイプ:有人ドローン

Kalashnikov Concern


外殻を取った状態。パイロットの周りに8つのプロペラ、安全性や快適性はあまり気にしていないようだ。

カラシニコフのプロトタイプ:有人ドローン

Kalashnikov Concern Media



2. ロシア「特殊部隊」用の強襲ボート。装甲を強化している。

カラシニコフのプロトタイプ:強襲ボート

Kalashnikov Concern


3. やや迫力に欠ける、砂漠用バギー「ツアリスト(Tourist)」。屋根に機関銃を搭載。

カラシニコフのプロトタイプ:砂漠用バギー

Kalashnikov Concern


普通のバギーカーにしか見えない。機関銃は付いているが。

カラシニコフのプロトタイプ:砂漠用バギー

Kalashnikov Concern Media


4. 「REX-1」。カラシニコフによるとドローンを電磁波で打ち落とし、通信やWi-Fiを妨害し、車などの電子機器を無力化できる。

カラシニコフのプロトタイプ:REX-1

Kalashnikov Concern Media


5. 大型の「ぱちんこ」で発射する監視カメラ付き無人機「ZALA 421-16E2」。コントローラーから最大22マイル(約35キロメートル)離れても操作できる。携帯用のカバンに入れて運べる。

カラシニコフのプロトタイプ:無人偵察機

Kalashnikov Concern Media


6. 大型バイク「Izh」。最高速度は時速155マイル(約250キロメートル)。2019年に行われるプーチン大統領のパレードでその姿を見ることができるはず。

カラシニコフのプロトタイプ:大型バイク「Izh」

Kalashnikov Concern Media


7. 電動バイク。モスクワ警察が使うようだ。

カラシニコフのプロトタイプ:電動バイク

Kalashnikov Concern Media


8. 映画『エイリアン』に出てきそうなゴールドのロボットの名前は「イゴレク(Igorek)」。カラシニコフは「エンジニアリングと戦闘におけるタスク」のために使われる予定と述べ、詳細は明らかにしていない。

カラシニコフのプロトタイプ:ゴールドのロボット「イゴレク(Igorek)」

Kalashnikov


9. 群衆制御用トラック「シールド特殊車両」。ロシア警察が暴動鎮圧に使うことを想定して作られた。装甲付きの運転席、放水銃、鋼鉄のシールド、暴徒封じ込め用の巨大な折りたたみ式の壁などを搭載。

カラシニコフのプロトタイプ:シールド特殊車両

Kalashnikov Concern Media



壁を展開したところ。

カラシニコフのプロトタイプ:シールド特殊車両

Kalashnikov via AP


10. ロシア特殊部隊用の「サイレント」電動バイク。偵察や奇襲に最適とカラシニコフは述べた。音がしない仕組みは不明、だが「すでにテストの第1段階は通過している」。

カラシニコフのプロトタイプ:サイレント電動バイク

Kalashnikov Concern


11. AIコントロールの機関銃。ターゲットを探し出して認識し、優先順位を判断して自動的に射撃可能。動物など危険性のない物は攻撃しない。

カラシニコフのプロトタイプ:AIコントロールの機関銃

Kalashnikov Concern Media

出典 :Kalashnikov

照準を合わせている様子。

カラシニコフのプロトタイプ:AIコントロールの機関銃

Kalashnikov Concern Media


12. カラシニコフの子会社ザラ・エアロ(Zala Aero)が開発したベスト。敵に位置を特定されることを防ぐ。まるでジェームズ・ボンドの映画に出てくる道具のよう。仕組みに関する情報はほとんど開示されていない。

カラシニコフのプロトタイプ:敵に感知されないベスト

Kalashnikov Concern


13. 地雷探知機「Uran-6 complex」。農業機械に少し似ている。

カラシニコフのプロトタイプ:地雷探知機「Uran-6 complex」

Kalashnikov Concern


14. スナイパーライフル「SVCh」、プーチン大統領が直々に試射した。

プーチン大統領は、標的が「最大距離」に設置されていたにもかかわらず、「半分以上」命中させたとロシアのメディアは報じた。

15. 電気自動車「CV-1」。デザインはソ連時代を彷彿させる。カラシニコフは、同社はテスラのライバルになると考えている。

カラシニコフのプロトタイプ:電気自動車「CV-1」

Kalashnikov Concern Media



[原文:The 15 wildest military prototypes from AK-47 maker Kalashnikov — from the flashy, to the bizarre, to the totally implausible

(翻訳:Yuta Machida、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み