ロシアを劣化させる? プーチン大統領はラップ音楽が大嫌い

プーチン大統領

ロシアのプーチン大統領。

Reuters

  • ロシアのプーチン大統領は、ラップ音楽はロシアにとって脅威であり、政府が規制すべきだと述べた。
  • これは15日(現地時間)、文化・芸術の諮問委員会での発言だ。
  • プーチン大統領は「ラップや他の現代アートは『ドラッグ、セックス、抵抗』の3つに基づいている」と語った。
  • その上でプーチン大統領は、場合によっては汚い言葉遣いを禁止する考えを示した。
  • ロシアでは2018年に入って複数のラッパーが逮捕されていて、警察は特にラッパーを狙っているとの声もある。

ロシアのプーチン大統領がラップ音楽を攻撃し始めた。

大統領は15日、手を打たなければラップ音楽はロシアを「劣化」させると主張した。

関係者との会合後、プーチン大統領は彼らにラップ文化を食い止めるために全力を尽くしてもらいたいと語った。

サンクトペテルブルクで行われた文化・芸術の諮問委員会で、プーチン大統領は「ラップや他の現代アートは『ドラッグ、セックス、抵抗』の3つに基づいている」と述べたと、AP通信は報じている。

大統領は「この中で最も心配しているのはドラッグだ。国の劣化につながる」と語った。

プーチン大統領

冬季パラリンピックを観戦するプーチン大統領(ソチ、2014年3月15日)。

Mark Kolbe/Getty Images

ただ、ラップ音楽を全面的に禁じることが妥当な解決策だとは、プーチン大統領は考えていないようだ。

AP通信によると、大統領は「何かを止めることが不可能なら、監督し、一定の方向へ導くべきだ」と述べた。

そこでプーチン大統領が示した対策の1つが、音楽やオンライン上での汚い、不快な言葉遣いへの規制の導入だ。

しかし同時に、自身が最近相談した専門家からは、罵りはロシア文化の一部だと聞かされたとも語った。

そして大統領は、"汚い言葉遣い"について「我々のからだはさまざまな部位からなっていて、それらを常に披露しているわけではない」と表現したと、AP通信は報じた。

抗議する人たち

ロシアのパンクバンド「プッシー・ライオット」のメンバーの釈放を求める人たち。

Flickr/@albertmartnez

ミュージシャンたちは以前からロシア政府と衝突してきた。中でも最も有名なのは、パンクバンドの「プッシー・ライオット(Pussy Riot)」だろう。彼らは2012年以来、何度も逮捕されてきた。2018年9月にはメンバーが毒を盛られた疑いが報じられ、大きな話題となった。

また、ロシアでは最近、ラップ音楽のコンサートの中止が相次いでいて、複数のパフォーマーが逮捕されている。

政治腐敗や警察の蛮行をたびたび歌っているラッパー「ハスキー(Husky)」は11月21日、自動車の屋根の上で歌おうとして逮捕、12日間にわたって投獄された

動画再生回数が数百万回というラッパーの「IC3PEAK」は最近、コンサートが中止になり、明確な説明なく拘留されていると、BBCが報じている

ラッパーの「Gone.Fludd」はCNBCに対し、「あらゆる警察組織」からの圧力で2つのコンサートを中止しなければならなかったと語っている

[原文:Vladimir Putin really hates rap music — and wants to do everything he can to bring Russia's rap scene to heel]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み