羽田空港でEXILEに会える。LDHは「食とエンタメ」で世界を目指す

「LDH kitchen THE TOKYO HANEDA」

12月19日、羽田空港の第1旅客ターミナル5階に新商業施設「THE HANEDA HOUSE」がオープンした。

出店された14店舗の中でも目立つのは、LDHによる大型ライブレストラン「LDH kitchen THE TOKYO HANEDA」(以下「THE TOKYO HANEDA」)だ。

EXILE・三代目 J Soul Brothers などを抱えながらエンタメ集団として成長するLDHが、なぜ「THE TOKYO HANEDA」をオープンさせたのか?オープニング当日、LDH kitchen CEOの鈴木裕之氏に聞いた。

EXILE HIRO、ATSUSHI…LDHアーティストも続々登場

「LDH kitchen THE TOKYO HANEDA」

滑走路と離陸を待つ飛行機がすぐ目の下に広がる。

プリズムのような夜景と、どこまでもつづく滑走路。その中へ、飛行機がすうっと吸い込まれていく。

抜群の景色を背景に、流れるのは生バンド演奏だ。オープニングイベントでは、EXILE ATSUSHIさんもクリスマスイブに発売される予定の新曲を初披露。ファンやメディアなど約200人を前にしっとりと歌った。

鈴木氏によると「THE TOKYO HANEDA」出店のきっかけは、1年半ほど前に「空港を飛行機に乗らない人も楽しめる場所にしたい」と羽田空港サイドから打診があったこと。

「LDH kitchen THE TOKYO HANEDA」

「THE HANEDA HOUSE」には、ボクシングフィットネス「b-monster」など14店舗が出店する。

「LDH kitchen」は今まで中目黒や恵比寿といったエリアを中心に展開してきたが、今回初めてレストランにライブステージを併設。アーティストと客席の距離は1メートルもないほどの迫力だ。

オープニングイベントに駆けつけたゲストの豪華さからも、このプロジェクトの「本気度」が伺える。

EXILE HIROさん、SHOKICHIさん、三代目 J Soul Brothers 今市隆二さんらがゲストとしてサプライズ登場。「乾杯」で盛り上げた。

ターゲット層は「LDHのファン層より上」

「LDH kitchen THE TOKYO HANEDA」

本格的な機材が揃ったライブステージ。オープニング・レセプションでは、EXILE ATSUSHIさんが新曲を披露した。

やはり、目玉となるのは生バンドによるライブステージだ。ライブ演奏は、基本的にはLDH以外のフリーのアーティストが毎日担うが、特別な機会に限ってLDHのアーティストやDJイベント、トークイベントなどを企画する予定だという。

企画段階ではあるものの、J-WAVE主催の公開収録などメディアとの連携も考えているそうで「ゆくゆくは、海外の大物アーティストにも出演してもらえれば」と鈴木氏は意気込む。

「LDH kitchen THE TOKYO HANEDA」

LDHによる大型ライブレストラン「LDH kitchen THE TOKYO HANEDA」のオープニングイベントの様子。

12月はオープニング月ということもあり、EXILEメンバーやLDH所属アーティスト、X JAPAN TOSHIさんなど大物アーティストのイベントでほぼ埋まっているそうだ。

鈴木氏によると、ターゲット層は「通常のLDHのファン層よりは少し上」。昼はランチなどを食べに訪れる空港利用者、夜は空港の関係者やファンが訪れることのできる場所にしたいという。

メニューは、鍋焼きハンバーグカレー(1500円)、Mac'n cheese バーガー(1600円)など。通常、夜はここにライブのチャージ料が500円から1000円ほどかかる見込みだという。

拡大する「LDH経済圏」、狙うは世界

「LDH kitchen THE TOKYO HANEDA」

EXILE TETSUYA氏が手がけるコーヒーブランド「AMAZING COFFEE」も5号店を出店。

近年世界進出を進めているLDH。羽田空港という海外旅行客が多く訪れる場所ならではのアイデアとして、「日本食」への取り組みに力を入れていく。

関連記事:「欧米の音楽産業は“死の罠”」トップDJ・アフロジャックがLDHと世界を目指す理由

メニューの中には、おじやとうどんをドッキングさせた「たぬき&きつねおじやうどん」など一風変わったものもあり、「これはウケると思う」と鈴木氏は自信を見せる。

その他のメニューは、今までの「LDH kitchen」の人気メニューをアレンジしたものが中心。

一方で、ドリンクメニューの中にはEXILE USAさんが考案したテキーラ、そして「LDHといえば」で知られるレモンサワーも載っており、ファン心をくすぐる「マニアネタ」も密かに散りばめられていた。

他にも、現在ロサンゼルスに出店している「LDH kitchen THE ROBATA Los Angeles」と「お互いのメニューを紹介し合えるような」仕組みもつくっていきたい、と鈴木氏は語る。

エンタテインメントを軸に、次々と事業を仕掛けてきたLDHが新しく送り出す「食とエンタメ」のターミナル。ついに3000万人を突破した訪日外国人を取り込み、世界に通用するコンテンツの発信地となれるのか。

(文・写真、西山里緒)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み