中国のパクリ無印で売られている残念な商品とは? 【2018年 BI10大ニュース:小売・流通編】

何でもあるコストコ、従業員が驚いた商品11選

5ac239e5479e621a008b47ba

Mark Gunn/Flickr

コストコは、大量のお買い得商品、豊富でおいしいフードコートのメニューが売り。そしてたまに、単純にビックリしてしまうような商品を販売している。

我々はアメリカ各地のコストコ従業員に話を聞き、これまで店で見た中で最も意外な商品を教えてもらった。

Learn more?


中国のパクリ無印良品で売られている残念な商品たち

2

これだけ見たら、日本人でも間違えそう。

撮影:李華傑

中国で「無印良品Natural Mill」を展開する北京棉田紡績品有限公司が、本家・日本の無印良品を商標権侵害で訴え、勝訴していたことが中国でも話題になっている(本家は一審を不服として控訴中)。

双方が「当社が元祖」と譲らない状況なので、この問題を報じる中国メディアも北京棉田紡績品を「北京無印良品」、本家を「MUJI・無印良品」と記載するなど、書き分けに苦慮している。北京では1カ月前に1店舗目がオープンしたばかり。怖いもの見たさで訪ねてみた。

Learn more?


アマゾン、偽ダンボールで配送ドライバーに“罠”を仕掛ける理由

アマゾン

アマゾンは、配送トラックに偽物の荷物を仕掛けていると情報提供者はBusiness Insiderに語った。

Paul Sakuma/AP Photos

アマゾンは盗みを働いている配送ドライバーを捕まえるために偽の荷物を使っていると、この件を良く知る情報提供者は語った。

「これは、いわば罠。ドライバーの正直さをチェックすることが目的」と同氏。

この件についてアマゾンは、「確認と監査は全体的な品質管理プログラムの一環で、ランダムに実施している」と述べた。

Learn more?


元スターバックス従業員、辞めたから言える4つの秘密

スターバックス

Ted S. Warren / AP Images

2年半バリスタとして働いた後、ジョナサン・ディーナーは緑色のエプロンを脱ぎ、ミシガン州グランドブランの店舗を去った。

我々は先日、ディーナーおよび他の元スターバックス従業員から、スターバックスで働いている時には決して言えなかった4つの秘密を聞いた。

Learn more?


【独占】コストコ、日本で2019年のEC開始を準備 —— テリオ社長「アマゾンは巨大なモンスター」

コストコ

アメリカ・テキサス州オースティンのコストコ倉庫店。

REUTERS/Mohammad Khursheed

1976年にカリフォルニア州サンディエゴにある飛行機・格納庫を改造して作られた、「プライスクラブ」という名の倉庫店は、今では世界最大級の小売チェーンに姿を変え、日本でも26の倉庫店を運営する。

eコマースの巨人、アマゾン(Amazon.com)がリテール市場で勢力を強める中で、1999年に日本に上陸したコストコはその拡大のペースをどう維持していくのか?

日本法人社長、ケン・テリオ氏に話を聞いた。

Learn more?


ビクトリアズ・シークレットの店舗ディスプレイに親たちが激怒 —— 好調の姉妹ブランド「PINK」に悪影響か

6

レジ後ろのきわどいポスター。マンハッタンにあるビクトリアズ・シークレットの店舗にて。

Business Insider/Mary Hanbury

ビクトリアズ・シークレットのきわどい広告が、顧客離れを招いている。

「ほぼポルノ写真」とジェシー・シーリー(Jessie Shealy)は、同ブランドのFacebookページにコメントした。地元、サウスカロライナ州の店舗に飾られたポスターのことだ。

こうした広告が、PINKに顧客離れによるダメージを与える恐れがある。PINKが絶好調の同社にとって、極めて憂慮すべき問題だ。

Learn more?


米マクドナルド、補正前の商品画像を誤ってアップロード?

マクドナルド

レタッチ前(左)とレタッチ後(右)。

McDonald's

何年にもわたって、消費者はマクドナルドの商品は広告と違うと不満を述べていた。その原因の1つが目立たない場所に隠されていた。

同社がウェブサイトにアップした写真に「レタッチ済み」というレイヤーがあり、画像処理ソフトで見ると、補正前の画像と補正後の画像を比べることができた。

写真を見てみよう。

Learn more?


ZOZO眼中なし。アマゾン日本のファッションEC制覇までの全戦略 —— ピータース本部長単独インタビュー

プラダ

shutterstock

季節外れの降雪を記録した「春分の日」明けの3月22日、東京・港区のプリンスホテルのファッションイベント会場に、アマゾンファッションの事業部門の責任者、ジェームズ・ピータース氏の姿があった。

ピータース氏は、Business Insider Japanの単独インタビューに対し、「アマゾンの中でも急成長を遂げているカテゴリの1つがファッション」だと、Amazon Fashionの日本における成長余地と期待の高さを隠さない。

Learn more?


デニムはもういらない! アメリカのファッションに大転換、その背景とは

走る女性

からだを締め付けるパンツはもう十分だ。

Athleta

からだを締め付けるパンツはもう十分だ。

2017年、アメリカでは史上初めて、ストレッチの効いたパンツの輸入量がブルーデニムジーンズの輸入量を上回った。国勢調査のデータをもとに、Quartzが報じた。

ブルージーンズの輸入は2010年にピークに達した後、減少し続けている。

Learn more?


H&Mよりパタゴニアが好き! ミレニアル世代で最も人気の高い5つのアレル・ブランドの共通点とは

パタゴニア

パタゴニアは、大量消費主義への反対を表明している。

Facebook/Patagonia

パタゴニアのフリースは、最近では登山者だけでなく、都会のど真ん中でコーヒーを飲む、流行に敏感な人にも愛用されている。

アメリカで流行中の実用的なファッションをリードするのは、ミレニアル世代の若者たちだ。彼らはより長持ちする服を、何らかの意思を持って提供するブランドで買いたいと考えている。

最も人気のある、実用性の高いブランドをいくつか紹介しよう。

Learn more?

※この記事は編集部で集計した2018年1月1日~12月16日までのPV数及び公開済みの記事の内容に基づき、作成しています。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中