1日だけで150万個返品、ホリデーシーズンの暗い現実と未来

1日だけで150万個返品、ホリデーシーズンの現実

大量の返品。

Ross D. Franklin/AP

  • 米貨物運送大手UPSは、12月19日(現地時間)の1日だけで150万個の商品が返品されたと推定した。
  • 返品のピークがクリスマス前になったのは初めてのことと同社。
  • 同社USマーケティングのバイス・プレジデント、キャスリーン・マラン氏は、「返品の日」が前倒しになったことは、消費者がますます気軽に返品していることを示したと語った。だが小売店にとっては大きな出費となる。

UPSは、12月19日(現地時間)の1日だけで150万個の荷物が返品されたと推定、今年のホリデーシーズンの返品がピークを迎えた。

UPSは、ホリデーシーズンの後に発生する「返品の日」のピークが、休暇明けの1月はじめではなく、クリスマス前になったのは初めてのことと語った。

2番目のピークは1月3日、130万個の返品があると想定されている。

「これらの返品は、当社が2018年のホリデーシーズンに配送した約8億個の荷物の一部」とUPSはプレスリリースに記した。

これらの返品の大部分はブラックフライデー ── 感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日の前から、割合は小さいがクリスマスの前にかけて購入されたもの。

クリスマス・プレゼント用に購入し、他の品と比べた後、贈らないと決めた人たちが返品したものでもあると同社USマーケティングのバイスプレジデント、キャスリーン・マラン(Kathleen Marran)氏はBusiness Insiderに語った。

2017年に発表された調査では、オンラインで買い物をする人の大多数が、返品はオンラインでの買い物における最も悪い部分と答えた。

だが、小売店が返品をますます簡単に ── しかも、しばしば無料にすることで、消費者にとってはオンラインで買い物をし、試し、返品することは、より簡単になっていることは明らか。

UPSの4月のレポートによると、アメリカの買い物客の44%は、オンラインで購入した商品を返品したことがある。

オンラインで返品手続きを行いたくない人にとって、もっと合理的な方法は、特にホリデーシーズンが差し迫った時期には、実店舗に行き、商品をチェックすることだろう。

だがマラン氏は、多くの小売店が返品のプロセスを非常にシンプルにしており、結果として、オンライン・ショッピングに対する人々の信頼は高くなっていると語った。

返品作業の効率化をサポートするOptoroによると、約940億ドル相当の商品が2018年のホリデーシーズンに返品される見通し。

返品された商品の多くは再度販売することができるものの、小売店は配送や仕分けにかかる費用を負担しなければならず、「リバース・ロジスティクス・マネジメント・プログラム(返品の回収や返金、再販売などの効率化を図ること)」に力を入れざるを得ない状況とマラン氏は語った。

だが、小売店にとってはコスト負担が大きくなるが、返品のプロセスは、オンラインの買い物客を引き付け、維持するための鍵。Optoroによると、79%の消費者が商品購入前に返品条件(返品ポリシー)をチェックしている。

「簡単な返品条件が、返品する客を作り出している」とマラン氏は語った。

[原文:UPS said 1.5 million packages were returned in one day — and it reveals a troubling reality for retailers about the future of holiday shopping

(翻訳:Makiko Sato、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み