住居費の理想は収入の30%以内というけれど…… アメリカでこの理想が叶いやすい都市 トップ20

5bf33ca00d7c6772627a97be

Joe Raedle/Getty Images

  • 住居費は一般的に、収入の30%以下に抑えた方が良いとされている。
  • アメリカでは60以上の都市で、少なくともその人口の半数がこのルール通りに暮らしている。
  • Business Insiderがまとめたランキングには、ニューヨークやサンフランシスコといった物価の恐ろしく高い街は含まれていない。多くは南部もしくは南西部の都市だ。

住居費は一般的に、収入の30%を超えない方が良いとされている。

しかし、アメリカではどんなに一生懸命働いても、賃金が伸び悩む一方で住宅価格が高騰し、この"30%ルール"通りに暮らせないこともしばしばだ。

ただ、十分な収入を得た上で住居費を抑えることのできる都市ももちろんある。実際、人口の半数以上が住居費を30%以下に抑えて暮らしている主要都市もしくは都市圏がアメリカには60以上ある。

Business Insiderは、国勢調査局の2017年の「アメリカのコミュニティー調査(American Community Survey)」のデータを使って、住居費が収入の30%を下回る住民の割合が高い、20の大都市圏をランキングにまとめた。1位の都市では、人口の64.4%が毎月このベンチマークを達成している。なお、ランキングを作成するにあたり、少なくとも50万人以上の人口を抱える都市圏をその対象とした。

このランキングには、ニューヨークやサンフランシスコといった物価の恐ろしく高い街は含まれていない。ランクインした多くの都市は、南部もしくは南西部に集中している。

十分な収入を得た上で、その大半を貯めておける20のアメリカの都市圏をランキング形式で紹介しよう。


20位 ニューヨーク州オールバニ

ニューヨーク州オールバニ

jiawangkun/Shutterstock

人口:88万6188人

世帯収入(中央値):6万8681ドル

住居費(中央値):968ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:55.2%

19位 ケンタッキー州レキシントン

ケンタッキー州レキシントン

Shutterstock

人口:51万2650人

世帯収入(中央値):5万8069ドル

住居費(中央値):817ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:55.3%

18位 ノースカロライナ州シャーロット

ノースカロライナ州シャーロット

Shutterstock

人口:252万5305人

世帯収入(中央値):6万1156ドル

住居費(中央値):977ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:55.5%

17位 オハイオ州コロンバス

オハイオ州コロンバス

f11photo/Shutterstock

人口:207万8725人

世帯収入(中央値):6万3764ドル

住居費(中央値):916ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:55.9%

15位タイ ユタ州ソルトレイクシティ

ユタ州ソルトレイクシティ

MoveHub

人口:120万3105人

世帯収入(中央値):7万1510ドル

住居費(中央値):1068ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:56.0%

15位タイ テネシー州ノックスビル

テネシー州ノックスビル

Sean Pavone/Shutterstock

人口:87万7874人

世帯収入(中央値):5万1848ドル

住居費(中央値):803ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:56.0%

14位 テネシー州ナッシュビル

テネシー州ナッシュビル

Shutterstock/Sean Pavone

人口:190万4226人

世帯収入(中央値):6万3939ドル

住居費(中央値):1030ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:56.2%

13位 ペンシルベニア州ピッツバーグ

ペンシルベニア州ピッツバーグ

Sean Pavone/Shutterstock

人口:233万3367人

世帯収入(中央値):5万8521ドル

住居費(中央値):794ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:56.5%

12位 ミズーリ州カンザスシティ

ミズーリ州カンザスシティ

f11photo/Shutterstock

人口:212万6945人

世帯収入(中央値):6万3404ドル

住居費(中央値):935ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:56.8%

11位 ペンシルベニア州ハリスバーグ

ペンシルベニア州ハリスバーグ

Shutterstock/Jon Bilous

人口:57万1903人

世帯収入(中央値):6万5069ドル

住居費(中央値):916ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:56.9%

10位 オハイオ州シンシナティ

オハイオ州シンシナティ

Sean Pavone/Shutterstock

人口:218万746人

世帯収入(中央値):6万1653ドル

住居費(中央値):790ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:57.1%

9位 ノースカロライナ州ローリー

ノースカロライナ州ローリー

Sharkshock/Shutterstock

人口:133万5079人

世帯収入(中央値):7万2576ドル

住居費(中央値):1073ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:57.4%

8位 オハイオ州トレド

オハイオ州トレド

Shutterstock

人口:60万3668人

世帯収入(中央値):5万389ドル

住居費(中央値):709ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:57.8%

7位 ネブラスカ州オマハ

ネブラスカ州オマハ

Shutterstock

人口:93万4184人

世帯収入(中央値):6万5619ドル

住居費(中央値):891ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:57.9%

6位 オハイオ州デイトン

オハイオ州デイトン

Shutterstock

人口:80万3416人

世帯収入(中央値):5万2745ドル

住居費(中央値):764ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:58.0%

5位 ケンタッキー州ルイビル

ケンタッキー州ルイビル

silicon640c/Flickr

人口:129万3722人

世帯収入(中央値):5万7279ドル

住居費(中央値):818ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:58.1%

4位 ペンシルベニア州スクラントン

ペンシルベニア州スクラントン

Wikimedia Commons

人口:55万5426人

世帯収入(中央値):5万891ドル

住居費(中央値):764ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:58.2%

3位 アイオワ州デモイン

アイオワ州デモイン

f11photo/Shutterstock

人口:64万5911人

世帯収入(中央値):6万8649ドル

住居費(中央値):873ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:58.7%

2位 ユタ州オグデン

ユタ州オグデン

Paul W Thompson/Shutterstock

人口:66万6547人

世帯収入(中央値):7万1629ドル

住居費(中央値):931ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:60.6%

1位 アーカンソー州フェイエットビル

アーカンソー州フェイエットビル

Wikimedia Commons

人口:53万5557人

世帯収入(中央値):5万6038ドル

住居費(中央値):807ドル

収入に占める住居費の割合が30%以下の住民の割合:64.4%

[原文:Experts say 'affordable' rent costs 30% of your monthly income. Here are the US cities where people can actually pay that.]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中