脳神経外科医が見つけた、朝の3つのベストルーティン

朝のルーティン:海辺を走る男性

朝のルーティンはあなたを成功へと導いてくれる。

Phil Walter/Getty Images

  • 朝のルーティンを身につけることは難しいことかもしれないが、朝のルーティンは1日の生産性を高め、人生を成功へと導いてくれる。
  • 脳神経外科医のマーク・マクラフリンは、彼自身が行っている朝の3つのルーティンを紹介してくれた。
  • 彼が、私の「3本柱」と呼んでいるのは、瞑想、ファイリング、プランニング。

この先のキャリアのこと、仕事、家族との時間、友だち関係、そのほかに片付けなければならないこと……いろいろ考えると頭を抱えたくなる。

プライベートでも、仕事でも、いつも時間が足りないと感じているようなら、1つ変えるだけで、すべてを変えることができる。

朝のルーティンだ。

成功している人たちに早起きの人が多いことには理由がある。ティム・クックやオプラ・ウィンフリーを考えてみよう。

早朝の静かな時間は、1日を気持ちよくスタートさせるルーティンに集中するための大切な時間。あなたの邪魔をする人たちはまだ起きていない。

朝のルーティンがあなたの生産性を最大にするものになっていなければ、プライベートにおいても、仕事においても、パフォーマンスを高めるチャンスを逃してしまう。

神経外科医、レスリングのコーチ、作家、講師、そして父親として忙しい私にとって、朝のルーティンは成功の秘訣。たった3つのシンプルなステップで、生産的な1日になる。私の3本柱と呼んでいる。

1. 瞑想

朝のルーティン:瞑想する人たち

Neilson Barnard/Getty Images

私は毎朝5時に起き、必ず10分間の瞑想をする。1日の中で譲ることのできないセルフケアなので、起きたら真っ先に行う。

私は幸運にも超越瞑想 ── 心の中でマントラを繰り返し復唱する瞑想法をジョン・ハンロン(John Hanlon)と、素晴らしい書籍と瞑想オーディオの作者であるディーン・スライター(Dean Sluyter)から学んだ。1980年、ピングリー・スクール(Pingry School)にいた時だ。

だがここ数年、私は自然瞑想を行っている。マントラを唱える必要はなく、静かに、無になることに集中する。

瞑想、いわゆるマインドフルネスの実践は、ストレスの軽減極度の疲労の予防心身の健康の向上生産性の向上共感力の強化睡眠の質の改善などにつながる。

少なくとも1日のスタートに10分の瞑想に挑戦し、生活のどこが改善されたかを見て欲しい。

2. ファイリング

朝のルーティン:ファイルが並んだ棚

Adam Berry / Stringer / Getty Images

正反対に思えるだろう。リラックスし、集中力をアップさせる瞑想から……ファイリング? 説明しよう。

私は、1カ月分の日付ラベルを貼ったファイルを作り、毎日、1つのタスクを入れている。急ぎではないけれど何かを思いついた時、ファイルに入れて、その日が来るまで考えない。

例えば、ある朝起きてファイルをチェックすると、今日は友人にお礼の手紙を書く日だと分かる。今日の予定にチェック済みのマークをつけたら、1日の始まり。

同様のファイリング・システムを作ってみて欲しい。溜まって負担になりがちな、ちょっとした作業のストレスをなくすことができる。

3. プランニング

朝のルーティン:スケジュール帳

Unsplash/STIL

きちんとした計画なしに1日をスタートさせることは、ルートや目的地が分からないレースに出るようなもの。いつかはゴールに着くだろうが、ストレスが大きく、疲れ果て、確実に他の誰よりも遅くなるだろう。

私の朝のルーティン「3本柱」の3つ目は、スケジュール帳を開き、その日に終わらせなければならないことをすべてリストにまとめる。やり残すことがないように。

今はあらゆるものがデジタル化しているが、私は昔ながらのフランクリン・プランナーを使っている。紙のスケジュール帳を使い続けるメリットには、マインドフルネスの向上と記憶力の維持もある。

毎朝、1日が始まる前に計画を立てたからといって、横道に逸れないわけではない。だが、目標に集中しやすくなり、目標を実際に達成しやすくなる。

最後に一言。自分に合ったルーティンが見つかるまで、違った朝のルーティンを試してみて欲しい。複雑なものである必要はないが、意図的で、あなたのニーズに合ったものでなくてはならない。より生産的で、思いどおりの1日となるように。

マーク・マクラフリン(医学博士)は、Princeton Brain and Spine Careの神経外科医、脳外科手術の基本原理は日常生活に使えると考え、毎日の生活に取り入れている。

彼のミッションは自身のキャリアから学んだ教訓を生かして、ストレスフルな状況に悩む人、問題解決に取り組む人をサポートすること。

※敬称略

[原文:I'm a neurosurgeon, and the best morning routine I've found consists of just 3 simple steps

(翻訳:Ito Yasuko、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み