写真で見る、アメリカ沿岸警備隊の厳しすぎるブートキャンプ

隊員

Graham Flanagan/Business Insider

  • アメリカ沿岸警備隊の一員だと名乗るためには、ニュージャージー州ケープ・メイにあるブートキャンプで数えきれないほどの試練を乗り越えなくてはならない。
  • 新入隊員はここで自らの決意を固め、来るべき任務に備えて肉体的、精神的な試練に立ち向かう。
  • 隊員は身体要件を満たし、3つの水泳試験をパスし、8週間にわたる怒声…‥ ものすごい怒声に耐えなくてはならない。
  • Business Insiderは、ケープ・メイの訓練センターに4日間潜入し、その厳しい訓練の様子を映像に捉えた
  • 沿岸警備隊のブートキャンプの中でも、最も過酷な場面を写真で紹介する。

ニュージャージー州ケープ・メイにあるブートキャンプにバスが到着。担当教官がバスから降りてきた新入隊員を出迎える。

バスから降りてくる新入隊員と出迎える担当教官

Graham Flanagan/Business Insider

担当教官は新入隊員に近づき、早速洗礼を与える。

隊員を怒鳴る教官

Graham Flanagan/Business Insider

最初の体力テストでは、腕立て伏せと腹筋を1分ずつ行い、1.5マイル(約2.4キロメートル)走らなければならない。

体力テストを受ける隊員

Graham Flanagan/Business Insider

隊員は、5分間の立ち泳ぎと100メートル泳を含む3つの水泳試験に合格しなくてはならない。

プールで泳ぐ隊員

Graham Flanagan/Business Insider

高さ6フィート(約1.8メートル)からの飛び込みも必須。

プールに飛び込む隊員

Petty Officer 2nd Class Richard Brahm/US Coast Guard

専門カリキュラムのひとつとして、消火技術も習得する。

消火実習

Graham Flanagan/Business Insider

この訓練は、船上火災のシミュレーションのために行われる。

消火活動をする隊員

Graham Flanagan/Business Insider

隊員は、銃の扱いも学ぶ。

射撃訓練

Graham Flanagan/Business Insider

隊員に休む暇はない。食事中でさえ担当教官がそばにいて、常に緊張を強いられる。

食事の様子

Graham Flanagan/Business Insider

教官は、怒鳴らなくてもどうすれば新入隊員にプレッシャーを与えられるか、分かっている。

教官と向き合う隊員

Graham Flanagan/Business Insider

この教官は怒鳴ることなく、沿岸警備隊に関するトリビアを隊員に尋ねる。隊員は席について食事をとる前に、その質問に答えなければならない。

答えを間違えると、隊員は自らの知識不足をノートに記録しなくてはならない。ノートは後で教官がチェックする。

全てのやり取り(動画)はこちら

基準をクリアできなかった場合、担当教官は「スモーク」セッションを行うため、隊員たちを外に連れ出す。

「スモーク」セッション

Graham Flanagan/Business Insider

スモークセッションは、ライフルのレプリカを使った身体トレーニング。

約20分間、水筒を頭の上に持ち上げ続ける罰則もある。

罰則を与える教官

Graham Flanagan/Business Insider

この罰則は、Business Insiderのカメラに向かって、1人の隊員が取ったこの行動が引き金となった。

両手でサムズアップ

Graham Flanagan/Business Insider

この隊員が両手で親指を立てるしぐさをしたために、隊全体が苦しむこととなった。

教官は何度も部屋を見回り、腕をしっかり上げていない隊員がいないかチェックしていた。

水筒を頭上に掲げる隊員たち

Graham Flanagan/Business Insider

誰か1人でもさぼっているのが見つかれば、その分、全員の罰則の時間が長くなる。

ミスをした、あるいは鍛錬が足りないといった理由からさらなる指導が必要な隊員には、そのステータスを示す赤い装具が与えられる。

赤いベルトをつけた隊員

赤いベルトは「特別な注意」が必要な隊員であることを意味している。

Graham Flanagan/Business Insider

赤いベストはさらに悪い —— 彼らは隊から引き離され、放っておかれることもある。

赤いベストを着た隊員

隔離され、その場で足踏みをさせられる赤いベストを着た隊員。

Graham Flanagan/Business Insider

これらの新入隊員は「Recruit Attitude Motivational Program(RAMP)」と呼ばれるプログラムに参加させられる。

このプログラムは「沿岸警備隊のコアバリューに自分を合わせること」が難しい隊員を再教育するものだと、ケープ・メイの担当教官はBusiness Insiderに語った

この写真のように、パフォーマンスの悪い隊員は、隊から大きく離れて行進させられる。

行進する隊員

Graham Flanagan/Business Insider

試練を乗り切った者の固い決意は、卒業の日に報われる。

家族と抱き合う隊員

ブートキャンプを卒業し、家族と抱き合う隊員。

Graham Flanagan/Business Insider

多くの者にとって、感動的かつ心動かされる瞬間だ —— 8週間を経て、ようやく家族と再会するのだから。

[原文:18 photos that capture the most intense moments of US Coast Guard boot camp

(翻訳:仲田文子、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中