これで終わり? 週刊SPA! が「ヤレる」女子大生企画で謝罪… 今週読むべき5つのニュース

SPA!「ヤレる」女子大生企画で謝罪。大学と署名女子大生の怒りの声

スーツを着て並んでいる女性たち

該当記事には「とりあえず就活の話をしておこう」と書かれていた。

撮影:今村拓馬

「ヤレる女子大学生RANKING」を掲載し大きな批判を受けている『週刊SPA!』。

年明けに抗議署名が始まり、あっという間に2万6000人ほどの署名が集まった。

Business Insider JapanがSPA!編集部を取材したところ、同編集部は謝罪コメントを発表した。だが、これで問題は終わりだろうか。なぜこうした記事は繰り返されるのか。

Learn more?


今すぐできる! 生産性を上げ、時間を上手に管理するための15の方法

PC作業をしている女性

nelen/Shutterstock

生産性アップの方法はいくつもある。中でもやることリストを作ったり、30分単位で仕事のスケジュールを管理するのは、良くあるアプローチだ。だが、劇的に生産性が上がる方法もあれば、そうでもない方法もある。

専門家がアドバイスする、生産性を上げ、時間を上手に管理するための15の方法を紹介しよう。

Learn more?


バブル世代の浪費自慢にウンザリ、平成世代は「スタバでドヤ」

渋谷のスクランブル交差点

撮影:今村拓馬

「若者のクルマ離れ」「アルコール離れ」、若者はモノではなく、体験(コト)にお金を払う……。それって本当?平成育ちはただ、お金を持っていないというだけでは?

上の世代の無神経な浪費自慢にはウンザリとしている20代〜30代。コミュニケーションの断絶を埋めるのは、なかなか難しそうだ。

Learn more?


「スマートフォンは20年以内に消える」中国バイドゥCEOが予言

プレゼンの様子

アリババ、テンセントに成長で遅れを取り、バイドゥはAI企業へ転換を急いでいる。

jason lee/reuters

中国IT大手・百度(バイドゥ)創業者の李彦宏(ロビン・リー)CEOが中国国営テレビの新年特別番組に出演し、「人工知能(AI)時代の到来で、スマートフォンは20年以内に消える」と“予言”した。

李彦宏CEOは「21世紀最初の20年が、携帯電話への依存度が強まった20年だとすれば、これからは依存度が低下していく20年になる」という。

Learn more?


ただの着陸ではない ── 中国の「月の裏側」探査が世界を震撼させたワケ

中国の国旗に月と無人探査機「嫦娥4号」が重なっている。

月の裏側に着陸した無人探査機「嫦娥4号」は、中国の野心的な宇宙探査の第一歩。

Shayanne Gal/Business Insider

地球から月への数週間の飛行の後、中国は無人探査機「嫦娥4号(じょうが4号)」を月面に着陸させた

だが着陸地点はどこでも良かったわけではない。中国は自動車サイズの着陸船と探査車を月の裏側に着陸させた ── 人類が過去、上空からしか観測したことのない未知の場所だ。

「ただの着陸ではない」とオーストラリアの宇宙飛行士アラン・ダフィ(Alan Duffy)氏はワシントン・ポストに語った

Learn more?

※この記事は編集部で集計した週間PV数及び公開済みの記事の内容に基づき作成しています。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中