「睡眠少ない10代」「健康コンテンツ愛読の50代」中国WeChatが10億人のSNS利用を世代別分析

10億人を超えるユーザーを持つ中国最大のメッセージアプリWeChat(微信)は、2018年のWeChat利用動向「2018微信年度データ報告」をまとめた。2018年の1日の利用者数は10億1000万人で、1日に送信されるメッセージは前年比18%増え平均450億件だった。また、アプリを通じた音声・ビデオ通話の回数は前年から倍増し、1日4億1000万件だった。

weixin

報告では世代別の愛用スタンプも紹介している。

今回の報告では世代別の利用動向を詳細に分析。55歳以上の月間アクティブユーザー数が6300万人に上るなど、WeChatが中高年層にも浸透していることが、改めて浮き彫りになった。

WeChatは中国IT大手、騰訊(テンセント)が運営するメッセージアプリで、日本のLINEと近い機能を持ち、月間アクティブユーザーは10億人を超える。スマホ決済や配車サービス、シェア自転車、ネットショッピング、料理の出前、QRコード乗車券など、生活のあらゆるサービスと連携しており、報告からはユーザーの詳細な行動・消費傾向がうかがえる。

以下、世代別の傾向を紹介する。

00後(2000年代生まれ):夜更かし、甘い物好き

中国の生徒

jianbing Lee / Shutterstock.com

午後10時以降に利用が活発化し、夜更かしの傾向が強い。ただし朝の活動開始も早く、全世代で睡眠時間が最も短い。

スマホ決済のWeChat Pay(微信支付)で冷たい飲み物とスイーツを毎月購入している人数が、前年比230%増加した。

90後(1990年代生まれ):朝弱く、公共交通機関の利用が多い

電車の乗客

撮影:浦上早苗

全世代で起きるのが最も遅い。公共交通機関の利用が最も多く、毎月平均25回。

よく読む記事は「ライフスタイル系」で、3年前の「エンターテイメント」から変化した。

80後(1980年代生まれ):国内主要ニュースに関心

上海の街頭

Tutti Frutti / Shutterstock.com

テキストコンテンツの閲読が一番多い。コンテンツの内容は、中国の主要ニュースが中心。

昼間は仕事に忙しいようだ。

70後(1970年代生まれ):友人の投稿見て暇つぶし

shutterstock_782637184

allensima

友人の投稿が表示されるウォール(朋友圏)を暇つぶしによく見ている。

午後11時半ごろ就寝する人が多い。

55歳以上:健康コンテンツを読み夜はビデオ通話

26756986_1955851664428474_141541177192628525_o

撮影:浦上早苗

早寝早起き、太陽に逆らわず。よく読むコンテンツは「健康」関連。

昼間はコンテンツの閲覧、ネットショッピング、ウォールのチェックなどに勤しみ、夜は子どもたちとビデオ通話。


報告では、生活の隅々にWeChatが浸透していることも明らかになった。WeChatアプリで利用できるQRコードを使って公共交通機関に乗車する人は、2017年の4.7倍に増加。WeChat Payで医療費を支払う人は2.9倍に増加した。

(文・浦上早苗)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み