CESで見た、変なもの

マッサージチェア

Dave Smith/Business Insider

  • 筆者は、ラスベガスで開催されたCESに行ってきた。今年のCESは1月8日〜11日まで。
  • 3日間、11カ所に広がる会場を歩き回った。会場の広さは250万平方フィート(約23ヘクタール)以上。
  • クールな最先端テクノロジーが数多く見られたが、変なものもたくさんあった。

CES 2019は終わった。

巨大な8Kディスプレイ、自動運転車、ロボット、スマートホームデバイスなど、いろいろなものがあった。

だが、こうしたカテゴリーのどこにも当てはまらない、変なものもあった。写真を撮ったので、皆さんにも楽しんでもらえるだろう。

筆者はセリアック病、つまり小麦やパンへのアレルギーがある。だからこのロボットは文字通り筆者を殺すことができる(というか、誰がこの巨大な装置を自宅に置きたいと思うのだろう?)。

CES 2019:自動パン焼き器

Dave Smith/Business Insider


2、3時間おきにしか動かないロボット。怠け者!

CES 2019:休憩中のロボット

Dave Smith/Business Insider


このロボットができることは、ドリンクのオーダーを取ることだけ。ドリンクを作れるわけではない。だが、数十人がコーヒーを求めて列を作っていた。同僚が行列を見て、「このロボットがコーヒーを作ってくれるわけではないことを誰も知らないの??」と叫んだことを筆者は忘れないだろう。

CES 2019:コーヒーのオーダー用ロボット

Dave Smith/Business Insider


そして、残念ながら、この問題がなければCESらしいとは言えない。つまり女性を物扱いすることだ。男性が人魚の扮装をした箱の中の女性を撮影している。イベントの性質を如実に表している。

CES 2019:人魚に扮した女性

Dave Smith/Business Insider


サメロボット。

CES 2019:サメロボット

Dave Smith/Business Insider


開発者に水中ドローンをサメの形にした理由を聞いた。「サメの形なら、他の魚からカメラを攻撃されないから?」と質問した。違った! 単にかっこいいと思ったからだった。

CES 2019:サメロボット

Dave Smith/Business Insider


フィリップス アヴェント(Philips Avent)は妊娠をテーマにした展示で、同社製品が「最初のスキャンから最初の一歩まで」使えることをアピール。しかし、「生まれる前の子どもの世界を見てみよう(Discover the world of an unborn child)」というコピーには、かなりぞっとした。

CES 2019:妊娠をテーマにした展示

Dave Smith/Business Insider


トイレもたくさん展示されていた。でも、自宅に黒いトイレがほしい?

CES 2019:黒いトイレ

Dave Smith/Business Insider


スマートトイレを使うと、照明、音楽などあらゆるスマートホームデバイスをトイレに座ったまま、ハンズフリーで直接コントロールできる。個人的にはしっくりこないアイデアだが。

CES 2019:スマートトイレ

Dave Smith/Business Insider


古臭い言葉の羅列も、天井から吊るせば分からなくなると考えたのだろうか。「Link」「Connect」「Innovative」。こうした言葉にインスパイアされる人、いる?

CES 2019

Dave Smith/Business Insider


細かいことだが、この会社はオーブンでクッキーを焼くのに22分かかると考えている。焼きすぎ! 180℃で10〜11分も焼けば十分!

CES 2019:オーブン

Dave Smith/Business Insider


ペットの居場所を追跡するスマートトラッカー。ディスプレイ用に犬や猫ではなく、クリスタル製のジャガーを使うなんて!

CES 2019:ペット用スマートトラッカー

Dave Smith/Business Insider


歩き方で病気を見つけてくれるスマートシューズ。例えば、ある日、いつもと違う歩き方をすると、靴があなたはパーキンソン病と教えてくれるかもしれない。でも、正直なところ、こうした危機的な情報を教えてくれる靴を誰が欲しがるのか理解できない。

CES 2019:スマートシューズ

Dave Smith/Business Insider


こんなハッシュタグを掲げるBoschは、すぐにCESに参加できないようにしてほしい。

CES 2019:ボッシュ

Dave Smith/Business Insider


超音波検査のために病院に行くのは嫌でしょう? これからは自宅で超音波検査ができます! 誤診することなんてありません、いえ、決して。

CES 2019:超音波検査機

Dave Smith/Business Insider


勇敢な男性が大勢の人の目の前で超音波検査をする決心をした。尊敬します!

CES 2019:超音波検査機を試す男性

Dave Smith/Business Insider


巨大トラクターは、CES 2019「ファームテック」部門の唯一の展示物。クール、でも完全に浮いていた。

CES 2019:巨大トラクター

Dave Smith/Business Insider


この場面にはぞっとした。ディスプレイには、横で2人が会話する様子がリアルタイムで映し出されていた。だが男性は、撮影されていることにまったく気づいていない。

CES 2019:スマートセキュリティ

Dave Smith/Business Insider


未来のボートがこんな形だったら、予約する。

CES 2019:ボート

Dave Smith/Business Insider


CESのいつもの光景。マッサージチェアに座るとすぐ眠ってしまう。

CES 2019:マッサージチェア

Dave Smith/Business Insider


マッサージチェアで眠るためだけにCESに参加した人もいるのではと思ってしまう。

CES 2019:マッサージチェア

Dave Smith/Business Insider


10メートルも歩けば、居眠りしている人に出会う。

CES 2019:会場で居眠りしている人

Dave Smith/Business Insider


CES 2019には、奇妙なものがたくさんあった。だがもちろん、クールなテクノロジーもたくさんあった。例えば、キア(Kia)のリアルタイム・エモーション・アダプティブ・ドライビング(READ)など。

CES 2019:キアのREAD

Dave Smith/Business Insider


今回のCESをどれだけ覚えているかは分からない。だが少なくとも、友だちはできた。

CES 2019

Dave Smith/Business Insider



[原文:The weirdest things I saw at CES 2019, the biggest tech show of the year

(翻訳:仲田文子、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中