6.4平方メートルの家、費用は約110万円

6.5平方メートルの家は100万円強

Pin-Up House

  • チェコにある設計事務所は、わずか1万ドル(約110万円)で建てられる狭小住宅を発表、名前は「マゼンタ」。
  • DIYが前提で、建築期間は3カ月。
  • 69平方フィート(約6.4平方メートル)のマゼンタは、狭小住宅市場の中でも最も小さいが、限られたスペースの中に多くの設備が整えられている。

狭小住宅のトレンドは2019年も減速する兆候は見られない。世界中の国々で高額な住宅ローン高騰する家賃に対する解決策として、多くの住民は家の面積を小さくしている。

狭小住宅を手がける世界的な設計事務所、Pin-Up Houseの新モデルはそうした問題を考慮して設計された。

広さ69平方フィート(6.4平方メートル)の狭小住宅「マゼンタ」は、1万ドル(約110万円)で建設可能、材料費は約2100ドル、人件費は約7900ドル。

ひとつだけ問題点がある。

マゼンタはDIYが前提。Pin-Up Houseは設計図を129ドル(約1万4000円)で販売しており、あとは住む人の責任。

自分たちで家を建てたいと考えている人にとっては、この家は掘り出し物。完成したマゼンタを見てみよう。

「マゼンタ」という名前は派手な外観からつけられたのかもしれない。だが、DIYで好きな色を選ぶことができる。

1万ドルで作れる狭小住宅マゼンタ

Pin-Up House


中はとても狭いが、テーブルや椅子、ソファベッドがなんとか置けるように設計されている。

1万ドルで作れる狭小住宅マゼンタ:内部

Pin-Up House


マゼンタは平らなトレーラーの上に建てる。移動可能だ。

1万ドルで作れる狭小住宅マゼンタ:トレーラー

Pin-Up House

Pin-Up Houseはマゼンタをカップルや小家族向けに作ったが、1人用としても最適。

壁は断熱性と耐水性のある合板。

1万ドルで作れる狭小住宅マゼンタ

Pin-Up House


屋根と壁にはネットがかけられ、ちょっとした収納になる。

1万ドルで作れる狭小住宅マゼンタ:収納

Pop-Up House

ソファベッドの下も収納になっている。

建築期間は3カ月、狭小住宅の平均的な期間。

1万ドルで作れる狭小住宅マゼンタ

Pin-Up House

出典 :Tiny House Community

バスルームと簡易キッチンは後ろの壁に。

1万ドルで作れる狭小住宅マゼンタ:トイレ、簡易キッチン

Pin-Up House

簡易キッチンには、コンロ、シンク、収納スペースがあるだけ。バスルームにはトイレはあるが、シャワーは無い。

型破りなデザインに見えるが、シャワー無しは狭小住宅ではかなり一般的。体を洗う時は、多くのオーナーは地元のジムのシャワーを使っている。

1万ドルのマゼンタは狭小住宅市場の中でも最も安価。

1万ドルで作れる狭小住宅マゼンタ

Pin-Up House

Pin-Up Houseは同モデルについて、住居が購入できない時の一時的なものと述べている

出典 :The Spruce


[原文:This 70-square-foot tiny home can be built for just $10,000

(翻訳:Makiko Sato、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中