親はイライラ? アメリカで大ヒット、声に反応するおもちゃに新キャラクター登場

Yellies

ホリデーシーズンには、売り上げが3倍に。

Hollis Johnson/Business Insider

2018年のホリデーシーズンにアメリカで爆発的なヒットとなったおもちゃ「Yellies」に、新しいキャラクターが登場する。

Yelliesを手掛けるアメリカの玩具メーカー大手ハズブロ(Hasbro)は、1月にトカゲなどを、3月にウサギを新たにデビューさせるとBusiness Insiderに語った。

Yelliesは2018年に「Spooders」というクモ型で始まり、すぐに大きな話題となった。その基本コンセプトは、子どもが大声を出せば出すほど、早く走るというもの。

このコンセプトに多くの人が困惑もしくはイライラさせられている。確かに大声を要求されるおもちゃを子どもに与えれば、静かで平和なクリスマスを過ごすのは絶望的だ。

「Yellies」の広告を見たけど、子どもが大声で怒鳴れば怒鳴るほど、小さな電動の虫が早く動くみたいだ。

開発者は、あまりに恵まれない子ども時代を過ごしたせいで、全ての親を嫌っているんだろう。かわいそうに。

「Yellies」というクモのおもちゃを初めて知った。音に反応するって?

大声を出すと動いたり走ったりするなんて、恐ろしい叫び声とすごい速さで迫ってくるクモの悪夢のようなループを生み出すようなものね。

大声で怒鳴れば怒鳴るほど、早く動くおもちゃがあるらしい。わたしの子どもにこれを買い与えたら、縁を切るからね。

子育てブログ「Baby Sideburns」のカレン・アルパート(Karen Alpert)さんは、「一体誰がこんなおもちゃを開発することをいいアイデアだと思ったの?! 」とフェイスブックに書いている

Business Insiderは、Yelliesの新たなキャラクターを事前に試すチャンスを得た。紹介しよう。


新たなYelliesは、1体14.99ドル(約1600円)。

エコー・ゲッコー

Hollis Johnson/Business Insider

新キャラは4種類だ。

トカゲ風の3種類のYellies

Hollis Johnson/Business Insider

それぞれ「Lizabelle」「Sal E. Mander」「Scalez」「Echo Gecko」と名付けられた。

4種類が動く様子

Hollis Johnson/Business Insider

ウサギ型の「Bunnies」は3月まで待たなければならないが、一足先に見せてもらった。

ウサギ型

Hasbro

懐疑的な見方もあったが、Yelliesは2018年のホリデーシーズンのヒット商品になった。

ピンクのYellies

Hollis Johnson/Business Insider

ハズブロの担当者によると、Yelliesの売り上げはこのホリデーシーズンで3倍になった。

1月にデビューする4種類のYellies

Hollis Johnson/Business Insider

「売れ行きは想像以上に良く、国内の一部店舗では完売した」と、担当者はBusiness Insiderに語った。

暴れまわるYellies

Hollis Johnson/Business Insider

新たなキャラクターの登場で、Yelliesのブームはまだまだ続きそうだ。

4体のYellies

Hollis Johnson/Business Insider

「2019年も大声は止まないだろう」と、担当者はいう。

ピンクのYellies

Hollis Johnson/Business Insider

[原文:'The yelling won't stop': Yellies, the toy that is triggered by the shrieks of children, is debuting new characters after explosive holiday sales]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み