インフル流行!かかったら社会人失格?あなたの職場は休める?今すぐわかる厳選5本

寝込んでいる女性。

インフルエンザが猛威を振るっています。「仕事が回らない!」、「もうすぐ受験なのに……」。あれこれ心配している読者の方も多いのでは。本当に効果がある予防法から、「インフルに強い職場のつくり方」まで。Business Insider Japanが掲載した記事の中から、いま必要な有用情報が得られる5本を選びました。

なぜインフル流行と入試が重なるの(泣)。受験生の子を持つ小児科医に聞いた根拠ある予防法

受験生。

予防接種って本当に有効なの?発症するのは自己管理が不足しているから?インフルエンザが流行するたびに身の回りでこんな声が飛び交いますが、本当に効果が高いのはどんな予防法なのでしょうか。高校受験生の母であるジャーナリストが、同じく高校受験生の父でもある医師に切実な取材をしました。

Learn more?


感染症にかかったら、あなたの職場は休めますか?

オフィス。

どんなに予防しても、かかる時はかかってしまうのがインフル。早く治し、他人にうつさないようにするための対処法を医師が詳しく解説します。

Learn more?


新郎リモート結婚式、「ポルカ」お見舞いも…警報級インフル猛威、こんな乗り切り方も

「インフル結婚式」。

インフルにかかってしまったあなた。高熱や体の痛みにひたすら耐える生活は本当につらいですよね。そんな時、元気が出るエピソードを集めました。

Learn more?


かかったら社会人失格?インフル発症者続出の職場がすべきこと

メイド服の女性。

職場にも深刻な影響を与えるインフル。かかった人を責めるような風潮も一部にはありますが、不毛な個人攻撃の前に、組織として取り組むべきことはたくさんあります。

Learn more?


休めば休むほど、捜査効率アップ——警察組織が働き方を見直した本当の理由とは。

愛知県警のホームページ。

上の記事にもある通り、ブラック職場はインフルにも弱い。「そんなこと言っても、仕事がたくさんあるのに人が足りないんだから仕方ない」。本当にそうでしょうか?休み返上、残業上等と働きづめのカルチャーで知られる警察組織にあって、働き方を見直し、「成果」も上げた実例を紹介します。

Learn more?

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み