「一体どうなってるんだ? 」トランプ大統領、記録的な寒波を受け、地球温暖化を皮肉る

トランプ大統領

アメリカのトランプ大統領。

Jabin Botsford/The Washington Post via Getty Images

  • アメリカ中西部と北西部は今週、激しい寒波に見舞われている —— 気温がものすごく低いだけでなく風も強く、気象学者は「危険」な寒さだとしている。
  • この寒さについて、アメリカのトランプ大統領は「温暖化は一体どうなってるんだ? 」とツイートした。
  • 天気と気候は違う。気候変動は、地球全体の気温が上昇しているという科学的理解だ —— その日が暑いか寒いかで定義されるものではない。

アメリカ中西部は今週、激しい寒波に見舞われている —— 気温がものすごく低いだけでなく風も強く、気象学者は「危険」な寒さだとしている。

この寒さについて、トランプ大統領は1月28日にツイートした。

「温暖化は一体どうなってるんだ? 」

「頼むから早く戻ってこい、きみが必要だ! 」

トランプ大統領は気候変動に疑問を呈する手法として、こうしたコメントを以前から繰り返している。しかし、"寒いから温暖化は存在しない"という前提がそもそも間違っている。

天気と気候は違う

アメリカ海洋大気庁(NOAA)が説明しているとおり、「天気は毎日、大気中で起こるさまざまな出来事が入り混ざったもの」だ。天気は「気圧、気温、湿度、風速、風向」などの影響を受けて、時間とともに変化する。

「天気が大気の短期的な変化である一方、気候は特定の地域の長期的な天気傾向を説明するものだ」とNOAAのウェブサイトは続く。天気とは異なり、気候は長い期間にわたって変化する。ある1日の天気が気候全体を定義するのではない。NOAAが良い例えをしている —— 天気は特定の日に何を着たらいいか教えてくれ、気候はクローゼットにどんな服を揃えておけばいいか教えてくれる。

科学者たちは気候変動が起きていると警告

気候変動は、地球全体の気温が上昇しているという科学的理解だ —— その日が暑いか寒いかで定義されるものではない。

アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、気候変動は「20世紀半ば以降の人間の活動の結果である可能性が非常に高く(95%以上の可能性)、これまでにない速さで進んでいる」。

2018年11月にアメリカ政府が発表した、気候変動とその影響に関するレポート『第4次全米気候評価(Fourth National Climate Assessment)』は、「これまでの自然変異のペースに比べ、地球の気候は急速に変化し続けている」と説明している。

「平均気温や海面上昇、海洋表層貯熱量、陸上の氷の融解、北極海の海氷、永久凍土の融解といった世界のトレンドとその他の気候変数は、地球温暖化の一貫した証拠を提供している」

つまり、気候と天気は2つの異なる概念だが、気候の変化は天気に影響する。同レポートによると、気候変動は「異常気象事象の頻度、継続時間、規模の大きさ」に影響を及ぼしている。

こうした異常気象事象には、台風やハリケーンを含む熱帯低気圧や極端な暑さ・寒さ、激しい雷雨、竜巻、冬の嵐などが含まれる。

[原文:Trump tweets falsehoods about climate change and cold weather — again]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み