ポルシェ初のEV「タイカン」、現時点で分かっていること

ポルシェ初の完全電気自動車「タイカン」は2019年に発売される予定。

ポルシェ初の完全電気自動車「タイカン」は2019年に発売される予定。

Porsche

  • 今年発売が予定されているポルシェ初のEV「タイカン(Taycan)」は、4分間の充電で60マイル(約96キロメートル)以上の走行が可能。1月28日(現地時間)、ポルシェはプレスリリースに記した。
  • タイカンは、以前「ミッションE」と呼ばれていた。
  • 航続距離は300マイル以上、最高出力は600馬力以上、0-60mphは3.5秒以下。
  • テスラのセダン「モデルS」と競合することなる。

今年発売が予定されているポルシェ初のEV「タイカン(Taycan)」は、4分間の充電で60マイル(約96キロメートル)以上の走行が可能。1月28日(現地時間)、ポルシェはプレスリリースに記した。

同社は、タイカンの充電速度はテスラの高速充電器(約30分で80%前後の充電が可能)を超え、現時点で最速のものになるだろうと述べた。テスラ車の航続距離はモデルや状態にもよるが、およそ265〜334マイル(約426〜538キトメートル)。

タイカンの急速充電には、最大350キロワットの充電をサポートする直流(DC)急速充電器が必要。アメリカ国内191カ所のポルシェディーラーのうち120カ所、およびエレクトリファイ・アメリカが運営する充電ステーションで充電できる。

タイカンは2019年末までに登場する予定。航続距離は300マイル(約480キロ)以上、600馬力以上を発揮し、0-60mphは3.5秒以内。The Driveによると、価格は約9万ドル(約990万円)。

タイカンは、テスラのセダン「モデルS」と競合することになる。モデルSの最大航続距離335マイル(約400キロメートル)、0-60mphは2.5秒。

2018年、ポルシェのEV開発責任者、ステファン・ウェックバッハ(Stefan Weckbach)氏は、タイカンはモデルSよりも優れたパフォーマンスを発揮できるようになると語った。彼は、タイカンは「再現性の高いパフォーマンスを発揮し、最高速度を長い時間、保つことができる」と述べた。

ウェックバッハ氏は、自動駐車や渋滞時に自動で加減速するなどのドライバーアシスト機能が搭載される可能性も示唆した。またタイカンは、ドライバーの動きに合わせて反応するデジタルインパネやホログラフィックディスプレイを通して、コントロールできるダッシュボードといったハイテク機能も搭載されると予想されている。

現時点でタイカンについて分かっていることを見てみよう。

タイカンはポルシェ初のEVとなる。

ポルシェ初のEV:タイカン

Porsche


出力は600馬力以上、0-60mphは3.5秒以下。

ポルシェ初のEV:タイカン

Porsche




フル充電で300マイル(約480キロメートル)以上の走行が可能、4分間の充電で60マイル以上走行可能。

ポルシェ初のEV:タイカン

Reuters/Kai Pfaffenbach


ポルシェによると、数多くのハイテク機能を搭載する。ドライバーの動作に合わせて反応するデジタルインパネやドライバーがホログラフィックディスプレイを通してコントロールできるダッシュボードなどだ。

ポルシェ初のEV:タイカン

Porsche



リチウムイオンバッテリーを車の前から後ろ、全体にかけて配置。前後バランスの均等化を図っている。

ポルシェ初のEV:タイカン

Porsche




The Driveによると、2019年末までに発売される予定。価格は9万ドルから。

ポルシェ初のEV:タイカン

Porsche

出典:The Drive


[原文:Porsche says its all-electric Tesla rival will be able to charge faster than any other EV — here's what we know about the car

(翻訳:Yuta Machida、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み