アマゾンとUPS、猛烈な寒波で配送を一時中断

寒波に襲われるアメリカ

AP

  • アマゾンUPSは複数の州で配送を一時中断した。猛烈な寒波がアメリカを襲っているため。荷物の配送は数日遅れる見込み。
  • アマゾンはミシガン州、シカゴ地域、インディアナポリス地域、ミルウォーキー地域、ミネアポリス地域の配送拠点を閉鎖した。
  • UPSはミシガン州とアイオワ州の19地域で集配業務を中断した。
  • 郵便公社も複数の州でサービスを一時中断しているFedExはサービスを中断していないようだ。

アマゾンとUPSは1月30日(現地時間)、複数の州で配送を一時中断した。猛烈な寒波がアメリカを襲っているためだ。

アマゾンはミシガン州、シカゴ地域、インディアナポリス地域、ミルウォーキー地域、ミネアポリス地域の配送拠点を閉鎖した。

「当社の従業員と配送パートナーの安全は我々の最優先事項、寒波の影響を受けている地域の施設を一時的に閉鎖した」とアマゾンはBusiness Insiderに文書で述べた。

「当社の施設、あるいは配送パートナーのうち1カ所でも安全に稼働できなくなった時は、我々は全サプライチェーンをあげて、顧客への影響を可能な限り小さくすることに取り組む」

一方、UPSは「厳しい冬の天候」のため、ミシガン州とアイオワ州の19地域で集配業務を中断した。

「UPSは極渦による厳しい天候のため、いくつかの地域でサービスを一時中断している。該当地域はウェブサイトに掲載している」とUPSの広報担当者はBusiness Insiderに語った。

「当社のドライバーと各地のマネジメントチームも、現地の状況に基づいて判断を下している。寒波のためのやむを得ないサービスの一時停止なので、コンディションが許せば、すぐにサービスを再開する」

UPSはまた、ケンタッキー州ルイビルも寒波の影響を受け、世界各地への発送拠点であるUPS Worldportの稼働に混乱を及ぼしていると述べた。

「やむを得ず、発送が数日遅れる荷物も出てくるだろう」

郵便公社(United States Postal Service)も、複数の州でサービスを一時中断している

FedExは、サービスを中断していないようだ。

「FedExは寒波の状況をモニターしている。当社のチームメンバーと配送パートナーの安全を確保し、天候がサービスに及ぼす影響を抑える緊急対応プランを整えている」と同社の広報担当者はBusiness Insiderに語った。

「一部の業務やサービスは影響を受けるかもしれないが、我々の優先事項は常に、安全、そして最高のサービスを提供することにある」

[原文:Amazon and UPS stop deliveries in several states amid frigid temperatures

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中