アップルの伝説的なスーパーボウル広告「1984」の絵コンテ

アップルのスーパーボウル広告「1984」

YouTube/Steve Hayden


  • 1984年、アップルは史上最も有名と言われるスーパーボウル広告を放映した。
  • ラストの印象的なフレーズは「1月24日、アップルコンピューターはマッキントッシュを発表する。そしてあなたは、1984年が小説『1984』のようにはならないことを知る」。
  • この伝説的な広告のオリジナルの絵コンテを見てみよう。Business Insiderのポッドキャスト番組「Hosehold Name」に関係者の1人が提供したものだ。

数々のスーパーボウル広告が歴史に刻まれた。だがアップルの「1984」ほどのインパクトを残した広告はほとんどない。1984年のスーパーボウルで放映された広告だ。

リドリー・スコット監督が作ったCMでは、1人の女性が大勢の無表情な男性たちの間を駆け抜け、最後に、反ユートピア的な世界の象徴である「ビッグ・ブラザー」が映し出されているスクリーンに向けてハンマーを投げつける。ジョージ・オーウェルの小説「1984」をもとにしたCMとして知られている。

CMのラストに象徴的なキャッチコピーが現れ、そこで初めてアップルの製品に触れる。

「1月24日、アップルコンピューターはマッキントッシュを発表する。そしてあなたは、1984年が小説『1984』のようにはならないことを知る」

だがCMを撮影する前に、広告会社はアップルの共同創業者、スティーブ・ジョブズと当時のCEO、ジョン・スカリーにプレゼンしなければならなかった。

2人は絵コンテを見せられた。CMがどのようになるかを数枚の絵で描いたものだ。

広告会社の担当者たちは緊張していた。広告会社の幹部、ジェイ・チアットがいくつもの案をボツにしていたから。

だがジョブズはこの案を気に入った。「ジョブズが最初に行った言葉は『素晴らしい』だった」とスカリーはBusiness Insiderのポッドキャスト番組『Household Name』で語った。

以下が広告の絵コンテ。

アップルの広告「1984」の絵コンテ

Courtesy of Steve Hayden


[原文:Here are the original ideas and storyboard behind Apple's iconic 1984 Super Bowl ad

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中