エアバスA220、ボーイングが導入を阻もうとした元ボンバルディアCシリーズの就航フライトに搭乗

デルタ航空エアバスA220

デルタ航空の新エアバスA220。

Benjamin Zhang/Business Insider

  • 2月7日(現地時間)、エアバスA220が北アメリカで正式に運航を開始した。航空会社はデルタ航空、路線はニューヨーク−ボストンおよびダラス間。
  • A220はボンバルディアCシリーズとして誕生したが、エアバスが買収して名前が変わった。
  • またA220は2017年、ボーイングとの間の貿易摩擦の原因となった。

2月7日(現地時間)、エアバスA220が北アメリカで正式に運航を開始した。航空会社はデルタ航空。

同社とA220(以前はボンバルディアCシリーズとして知られていた)との関係は2016年に始まった。デルタ航空がCシリーズ75機の発注を発表、56億ドル(約6200憶円)相当の取り引きだった。この発注で、デルタ航空は北アメリカでのCシリーズのローンチカスタマーとなった。

だが2017年4月、ボーイングは米商務省と米国際貿易委員会(US International Trade Commission)に不服を申し立てた。ボーイングは、Cシリーズがデルタ航空からの受注を獲得できたのは、カナダ政府の補助金によって異常なまでの低価格を実現したからだと主張した。

米国際貿易委員会はこれを認め、同年9月、219.63%の関税を勧告。さらに1週間後、米商務省は79.82%の関税を追加した。

ボンバルディアとデルタ航空はともに、この取り引きがボーイングのビジネスに損害を与える可能性はないと抗議した。ボーイングにはCシリーズと同クラスの機体がラインアップされていないためだ。

ボンバルディアとデルタ航空は、アメリカに輸出されるすべてのカナダ製Cシリーズについて合計299.45%の関税に直面した。

Cシリーズ史上、最も重要な注文を失う可能性を前に、ボンバルディアはボーイングの最大の敵と手を組んだ。エアバスだ。

関税の発表から1カ月も経たないうちにボンバルディアはエアバスと提携、エアバスはCシリーズ事業の株式50.01%を獲得した

そして2018年夏、ボンバルディア Cシリーズは正式にエアバスA220に改称した。

でも一体なぜ、これほど話題になっているのだろうか?

A220は最新鋭のナローボディ機。真新しい機体は最新のテクノロジーを採用している。例えば、カーボン複合材の機体やプラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney)の低燃費ギヤード・ターボファン・エンジンなど。

Cシリーズは2016年にスイスで就航、その優れた燃料効率は高く評価された。

エアバスA220は座席数100~150席、エアバスとボーイングが10年間、実質、手をつけられなかったセグメントの旅客機だ。

ついに3年近くの混乱と改称を経て、ついにデルタ航空の旅客機として飛ぶ時が来た。

デルタ航空エアバスA220の就航フライトを見てみよう。

待つこと3年、ついにデルタ航空の新しいエアバスA220が就航フライトを迎えた。最初の運航は744便、ニューヨークのラガーディア空港からボストン・ローガン国際空港まで。離陸は朝6時の予定だったが、念のため4時少し過ぎには空港へ。早すぎて、デルタ航空のカウンターも、

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:デルタ航空のカウンター

Benjamin Zhang/Business Insider


運輸保安局(TSA)のセキュリティ・チェックポイントもまだ開いていなかった。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:TSAのセキュリティ・チェックポイント

Benjamin Zhang/Business Insider


20分後、セキュリティ・チェックポイントを通過し、搭乗ゲートへ。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:搭乗ゲート

Benjamin Zhang/Business Insider


ゲートにはお待ちかねの、A220。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト

Benjamin Zhang/Business Insider


就航フライトは機体記号「N102DU」、デルタ航空の2機目のA220。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト

Benjamin Zhang/Business Insider


だがまずは就航フライト式典。デルタ航空幹部の挨拶、テープカットや、

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:就航フライト式典

Benjamin Zhang/Business Insider


搭乗員との記念撮影。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:就航フライト式典

Benjamin Zhang/Business Insider


そして、いよいよ搭乗の時間!

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:ボーディング・ブリッジ

Benjamin Zhang/Business Insider


デルタ航空ラガーディア空港担当マネージング・ディレクター、ジニー・エリオット氏が搭乗口でお出迎え。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:

Benjamin Zhang/Business Insider


12席あるファーストクラスと、

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:ファーストクラスのシート

Benjamin Zhang/Business Insider


15席のデルタ・コンフォートプラスのシートを通り過ぎ、

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:デルタ・コンフォートプラスのシート

Benjamin Zhang/Business Insider


エコノミーのキャビンに到着。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:エコノミー・キャビン

Benjamin Zhang/Business Insider


エコノミーとコンフォートプラスは3+2、1列5席。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:エコノミー・キャビン

Benjamin Zhang/Business Insider


筆者のシートは15D。15列目は少し変わっている。非常口があるため4席しかない。15Aと15Bの足元はよりゆったりしている。15Cと15Dは違うが、隣との幅にはゆとりがある。1つ席が少ないおかげ。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:シートに座る筆者

Benjamin Zhang/Business Insider


非常口があるため、席が1つ少ない。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:1席少ない非常口列

Benjamin Zhang/Business Insider


エコノミーのシートピッチは30~32インチ(約76~81センチメートル)。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:エコノミー・シート

Benjamin Zhang/Business Insider


デルタ・コンフォートプラスのシートピッチは34インチ(約86センチメートル)。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:デルタ・コンフォートプラスのシート

Benjamin Zhang/Business Insider


ファーストクラスは36インチ(約91センチメートル)のピッチ、よりワイドな21インチ(約91センチメートル)のシート。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:ファーストクラスのシート

Benjamin Zhang/Business Insider



エコノミーとコンフォートプラスのシート幅は18.6インチ(約47センチメートル)。今、最も広いエコノミーシートだろう。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:エコノミー・シート

Benjamin Zhang/Business Insider


客室乗務員がムーディーなブルーのライトをつけた。出発だ。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:ムーディーなブルーのライトの機内

Benjamin Zhang/Business Insider


プラット・アンド・ホイットニーのギヤードターボファンエンジンが素早く起動し、滑走路へと向かった。すぐにボストンへ向けてテイクオフ。席は主翼の横だったが、エンジンは実に静かだった。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:主翼の横の窓から見た風景

Benjamin Zhang/Business Insider


1時間のフライトに備える。レッグルームは十分、だが広いとは言えない。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:エコノミークラスの足元

Benjamin Zhang/Business Insider


新品のテーブル。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:新品のテーブル

Benjamin Zhang/Business Insider


就航フライト記念のポストカードとピンバッジ。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:就航フライト記念のポストカードとピンバッジ

Benjamin Zhang/Business Insider


A220は大きな窓で有名。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:A220の窓

Benjamin Zhang/Business Insider


だが、筆者は非常口のある列だったので、あまり大きくはなかった。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:非常口列の窓

Benjamin Zhang/Business Insider


それでも、ニューイングランドの日の出は雄大だった。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:窓から見た日の出

Benjamin Zhang/Business Insider


シートは全席ディスプレイ付き。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:機内エンターテイメント「デルタスタジオ」

Benjamin Zhang/Business Insider


デルタ航空の新しいワイヤレス機内エンターテインメント・システムを利用できる。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:機内エンターテイメント・システム

Benjamin Zhang/Business Insider


バラエティ豊かな映画や、

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:機内エンターテイメント・システム「デルタスタジオ」

Benjamin Zhang/Business Insider


テレビ番組、

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:機内エンターテイメント・システム「デルタスタジオ」

Benjamin Zhang/Business Insider


衛星テレビの生放送、

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:機内エンターテイメント・システム「デルタスタジオ」

Benjamin Zhang/Business Insider


音楽、

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:機内エンターテイメント・システム「デルタスタジオ」

Benjamin Zhang/Business Insider


ゲーム、

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:機内エンターテイメント・システム「デルタスタジオ」

Benjamin Zhang/Business Insider


飲み物のメニュー、

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:機内エンターテイメント・システム「デルタスタジオ」

Benjamin Zhang/Business Insider


そしてフライト・マップ。システムは使いやすく、ディスプレイは高品質。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:機内エンターテイメント・システム

Benjamin Zhang/Business Insider


USBの差し込み口が各シートにあり、

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:USBの差し込み口

Benjamin Zhang/Business Insider


電源も各列にあった。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:電源

Benjamin Zhang/Business Insider


機体後方、ギャレーの前が、

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:機体後方のギャレー

Benjamin Zhang/Business Insider


エコノミーのトイレ。右側のトイレはいたって普通。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:エコノミーのトイレ

Benjamin Zhang/Business Insider


だが、左側、つまり機長側のトイレには珍しいものがある。窓だ。窓があるために、通路には長い列ができた。ほとんどの人がトイレを使いたかったわけではない ── ただ写真を撮りたかっただけ。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:窓がある左側のトイレ

Benjamin Zhang/Business Insider


すぐにフライトは終わりに。機長が着陸態勢に入ることをアナウンスした。トイレの窓の写真を撮っていたので、ドリンクサービスを受け損なった。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:着陸態勢に入ったA220

Benjamin Zhang/Business Insider


降りる前にパイロットの1人と話をした。パイロットは新しいハイテク・ジェットと、

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:パイロット

Benjamin Zhang/Business Insider


最新鋭のデジタル・コックピットを絶賛した。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト:デジタル・コックピット

Benjamin Zhang/Business Insider


新しいA220を最後にひと目。デルタ航空エアバスA220の就航フライトは、短いがとても楽しかった。A220はとても静かで、客室もエコノミーシートもゆったり。A220は評判通りだったか? もちろん。

デルタ航空 エアバスA220、就航フライト

Benjamin Zhang/Business Insider



[原文:We flew on the new Delta Airbus jet, which Boeing tried to keep out of the US, to see if it lives up to the hype. Here's the verdict. (DAL)

(翻訳:Ito Yasuko、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中