フェデラー、ユニクロの最新CMでピアノの腕前を披露

フェデラー

ロジャー・フェデラー。

YouTube / Uniqlo

  • ユニクロの最新CMで、テニス選手のロジャー・フェデラーがピアノの腕前を披露している。
  • 子どもの頃にピアノを習っていたというフェデラーだが、テニスに専念するまで時間はかからなかった。
  • フェデラーはもう一度ピアノを習い、妻のために1曲弾いて驚かせたかったという。

フォアハンドで有名なロジャー・フェデラーだが、彼の弾くバッハはどうだろう?

幸運なことに、ユニクロの最新の広告キャンペーンを見れば、テニスファンはそれを確認することができる。グランドスラムを20回制した王者がピアノを弾いているのだ。

広告は冒頭、紅茶のカップを持ったフェデラーが、黒いピアノの鍵盤の蓋を開ける。そして椅子に座ると、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの平均律クラヴィア曲集第1巻第1番ハ長調(BWV 846)のメロディーを弾き始めるというもの。

しばらくすると、フェデラーがピアノを弾くのはこれが初めてではないことが分かる。

「子どもの頃、両親からピアノを弾くよう勧められた」

YouTubeに公開されたユニクロの広告の中でフェデラーは語った。

「もちろん、ぼくの頭はテニスでいっぱいだった。ぼくにとって、ピアノは常にちょっとややこしいものだったけれど、今こうして改めてやってみると、とても面白い」

「まだ練習が必要だけど、いつか妻のために1曲弾いて驚かせたいから、もっと時間ができて、もう一度ピアノを弾き始めるのが待ち切れないんだ」

広告(動画)はこちら:

もちろんフェデラーにとっては、今もテニスが1番だ。目下、2月下旬にアラブ首長国連邦で開催される「ATP 500 ドバイ」に向けて準備中だ。

1月に開催された今年最初の四大大会、全豪オープンの4回戦でステファノス・シチパスに敗れたフェデラーは、復活を狙っている。

「ATP 500 ドバイ」は2月25日に開幕する。

(敬称略)

[原文:A new video shows Roger Federer playing the piano, and he says he wants to practice so he can surprise his wife and 'play a song for her']

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み