海の遊牧民「バジャウ族」、今の世代で最後になる恐れも

海の中のバジャウ・ラウト

© James Morgan

  • バジャウ族は何世紀にもわたって、マレーシア、インドネシア、フィリピン周辺の海で暮らしてきた。
  • ヤスで漁をし、香港の水産会社に売って生計を立てている。
  • しかし、バジャウ族は徐々にその文化を失いつつあり、乱獲のため、もはや海で生きていくことはできないかもしれない。

イギリス生まれのジェームズ・モーガンJames Morgan)はロンドンで写真を学んでいた時、船上で暮らすバジャウ・ラウト(バジャウ族)について書かれた本を読んだ。バジャウ族は2004年のインド洋大津波を犠牲者をほとんど出さずに切り抜けた。

「海をよく理解していたので、津波が襲う前に身を守った」とモーガンはBusiness Insiderに語った。

フォトジャーナリストであるモーガンは、バジャウ族を撮影することにした。バジャウ族は近年、その文化を失いつつあった。理由の1つは、陸上への強制移住を進める政府の取り組み。

もう1つは、バジャウ族が乱獲を続け、究極的には自分たちが「家」と呼ぶ海を傷つけることによって自らの存続を難しくしていること。これはモーガンも知らなかったことだ。

モーガンは我々にバジャウ族の写真を提供してくれた。他の写真は彼のウェブサイトで見ることができる。

バジャウ族は何世紀にもわたって海の上で暮らしてきた人々。主にフィリピン、マレーシア、インドネシアの周辺海域で暮らしてきた。

バジャウ族は何世紀にもわたって海の上で暮らしてきた人々。

© James Morgan

バジャウ族は伝統的に手作りの船「lepa-lepa」の上で暮らし、調理器具、石油ランプ、食料、水、そして植物さえも含め、必要なものすべてを海に持って行く。岸にやってくるのは、物々交換か船の修理をする時だけ。

バジャウ族は伝統的に手作りの船「lepa-lepa」の上で暮らす。

© James Morgan

伝統的な狩猟採集民族であるバジャウ族は、主にヤスでの漁によって生計を立ててきた。極めて泳ぎがうまく、ハタ、真珠、ナマコを捜して約30メートルの深さまで潜る。

伝統的な狩猟採集民族であるバジャウ族は、主にヤスでの漁によって生計を立ててきた。

© James Morgan


ダイビングは日常。バジャウ族は幼いうちに鼓膜を破ってしまう。

ダイビングは日常。バジャウ族は幼いうちに鼓膜を破ってしまう。

© James Morgan

バジャウ族は絶えず危険にさらされている。この女性のように高齢になるまで生きることは難しい。多くの人が「潜水病」で不自由になったり、命を失う。

バジャウ族は絶えず危険にさらされている。この女性のように高齢になるまで生きることは難しい。

© James Morgan

近年、海での暮らしはますます難しくなっている。バジャウ族が自らの生息地で乱獲しているためだ。

近年、海での暮らしはますます難しくなっている。バジャウ族が自らの生息地で乱獲しているためだ。

© James Morgan

バジャウ族はハタとナポレオンフィッシュを香港の水産会社に売って生計を立てている。

バジャウ族はハタとナポレオンフィッシュを香港の水産会社に売って生計を立てている。

© James Morgan

第2次世界大戦中、兵士がダイナマイト漁を紹介したことでバジャウ族の漁は破壊的なものになってしまった。以来、バジャウ族は自らの生息地と破壊的な関係を築いてきた。

第2次世界大戦中、兵士がダイナマイト漁を紹介したことでバジャウ族の漁は破壊的なものになってしまった。

© James Morgan

また、青酸カリを使った漁も始めた。特定の魚を狙えるこの化学物質を使うと、魚を気絶させ、生きたまま売ることが可能になる。しかし、青酸カリはサンゴ礁に深刻な被害を与えた。

青酸カリを使った漁も始めた。

© James Morgan

香港の水産会社はバジャウ族に青酸カリを紹介した。モーガンによると、それは罠だった。「会社はバジャウ族に青酸カリを与え、バジャウ族はその代金を魚で返済しなければならない。だが、返済に十分な漁をすることは決してできない。悪循環だ」とモーガン。

香港の水産会社はバジャウ族に青酸カリを紹介した。

© James Morgan

香港の水産会社は魚を受け取った後、魚を生かしておくためにステロイドを注射する。生きた魚はアジアのレストラン向けに最もよく売れる商品。

香港の水産会社は魚を受け取った後、魚を生かしておくためにステロイドを注射する。

© James Morgan

バジャウ族はゆっくりとその文化を失いつつある。物議を醸している政府の取り組みにより、多くのバジャウ族は陸上に強制移住させられている。だがバジャウ族は常に船で国境を越えてしまうので、いくつもの政府と問題を起こしている。

バジャウ族はゆっくりとその文化を失いつつある。

© James Morgan

現世代のバジャウ族が亡くなると、海で暮らす人はいなくなるだろうとモーガンは述べた。近年、バジャウ族の若者は成長すると、都市での仕事を求めて船を去る。

現世代のバジャウ族が亡くなると、海で暮らす人はいなくなるだろう。

© James Morgan

バジャウ族の生活状況が改善されることへの希望もある。世界自然保護基金は近年、バジャウ族に持続可能な取り組みを教えている。

世界自然保護基金は近年、バジャウ族に持続可能な取り組みを教えている。

© James Morgan

モーガンは自分の役割として、消費者に焦点を当てることによって生きた魚の取り引きを止めさせようとしている。バジャウ族が獲った魚は主に香港に持ち込まれるため、バジャウ族を撮影した後、サウスチャイナ・モーニング・ポストで記事を発表した。何百通ものメールで反響を受け取ったとモーガンは語った。

モーガンはサウスチャイナ・モーニング・ポストで記事を発表した。何百通ものメールで反響を受け取った。

© James Morgan


(翻訳:一柳優心、編集:増田隆幸)

[原文:These nomads spend nearly their entire lives at sea — but they could be the last generation to do so

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中