OB訪問で自宅や個室で性行為強要、2人に1人の学生が就活セクハラ被害に。「選考有利」ちらつかせ

Business Insider Japanでは就活中の学生に対する企業側の人間(主に男性社員)によるセクハラの実態が深刻であることを報じたが、よりその実態を把握すべく「就活セクハラ緊急アンケート」を行った。

関連記事:深刻化する就活セクハラ。OB訪問や泊まり込みインターンが温床に【就活2019】

就活

就活でセクハラにあい、志望企業や業界をあきらめざるを得ない状況に追い込まれる学生たちがいる(写真はイメージです)。

撮影:今村拓馬

アンケートの回答によると、約5割の学生が就職活動中にセクハラ被害にあっており、そのうち約7割が誰にも相談できずにいることが明らかになった。

OBに就職を相談する際のカフェやレストランで、中にはカラオケの個室やOB訪問先の男性社員の自宅で被害にあっているケースもある。録音を警戒してか、決定的な言葉を言わずに行為におよぶケースも見られた。

被害の実態は、なぜこれまで表面化しなかったのか。どうしたら被害を防げるのか。学生・企業など当事者の声や専門家の分析を通じて、数回にわたり報じていく。

被害の4割強がOB訪問、選考や内定辞退へ

就活

撮影:今村拓馬

前回記事ではOB訪問や泊りがけのインターンシップの際に性的な関係を持ちかけられたり、ホテルで体を触らせるよう強要された女子大学生の声を報じた。

アンケート調査は、その記事の末尾につける形で2月12日〜15日(4日間)に実施、約300人から回答が寄せられた。以下にその結果をまとめた(%は小数点以下切り捨て)。

回答者の内訳は女性が236人、男性が59人、その他が6人。年齢は20〜24歳が約7割で、学生が全体の約6割を占めた。

就職活動中にセクハラにあったことがあると回答した人は146人。約半数が被害にあっていた。

就活セクハラ

Q就職活動中にセクハラにあったことがありますか

「就活セクハラ緊急アンケート」より

被害にあったときの状況(複数回答可)として最も多かったのは「OB訪問」の67人。次いで「面接中」46人「インターンシップ」39人。「合同説明会」と回答した人も6人いた。

具体的なハラスメントの内容としては、「パートナーの有無を聞かれた」「胸を触る・キスをされるなどの身体的な接触を受けた」「セックスを強要された」という人が多かった。また、被害にあったほとんどの人がその企業の選考や内定を辞退していた。

以下にアンケートの声を紹介する(ハラスメントに関する記述があります)。

自宅に誘われるケースが頻発

タクシー

撮影:今村拓馬

「OB訪問でエントリーシート通ったら合コン、選考に通ったら体と言われた」(女性、20〜24歳、学生)

「インターンシップで愛人関係にならないかと言われた」 (女性、20〜24歳、学生)

交際をせまるLINEメッセージがくる、毎週夜に飲み会に呼び出される」(女性、20〜24歳、学生)

「就活の時のノートを見せるという口実で家に誘われてそのまま大量に酒を飲まされた。意識がはっきりしない状態で体を触られ、体に点数をつけられ、人格を否定するような言葉もたくさん言われ……。このセクハラが原因でまともに就活できなかった。何度死にたいと思ったことか、ここまで死にたいと思ったことはない。彼のせいで私はその志望業界にもう関わりたくないと思った。夢がひとつ潰された思い」(女性、20〜24歳、学生)

街

撮影:今村拓馬

「インターンの後、人事に『就活相談に乗ってあげる』と呼び出された。なぜか夜の10時開始、ホテル1階のカフェだった。行きたくなかったが、内定のことを思うと行かざるを得なかった。途中から部屋に行くよう誘われたが断った。結局、選考は辞退した。 誰に何を相談しろというのか? 自分自身がさらし者になることが目に見えている」(女性、25〜29歳、会社員・団体職員)

「OB訪問で『これ以上はピロートークじゃないと話せないよ』と言われ、飲食店でその方の性器を触るよう要求された。個室のトイレに連れて行かれそうにも。店を出た後に肩を組まれ、胸を触られた。ホテルに行こうと言われたので断ると激昂し、突然踵を返しどこかへ去って行った」(女性、20〜24歳、会社員・団体職員)

就活

男性からも被害の声が寄せられた。

撮影:今村拓馬

「OBマッチングサイトで何度か相談していた人に『俺が人事だったら絶対にとる』『見せるつもりのなかった会社の資料が家にある、君になら見せてもいい』と家に来るよう誘われた。このチャンスはどうしても逃してはいけないとついて行き、その資料を見ながら体の関係を求められた。 その後、その人が会社を半年前に辞めて独立準備中だということを知らされ、どうしようもなくなった」(女性、20〜24歳、学生)

「総合商社はOBOG訪問した時にリクルーターが付ける点数も加点になると言われた。夜しか空いてないとのことだったので、あるかどうかも分からない点数を稼ぐために食事に行った。2次会の誘いを断ると『そもそもOB訪問に色気のないストッキングで来るな!黒のデニール数が低いストッキングで来いよ。分かってないな〜』と罵倒された。結局振り切って電車に乗ったが、悪い評判を書かれたらどうしようと不安で仕方なかった」 (女性、20〜24歳、会社員・団体職員)

もちろん、被害は女性だけではない。

「面接で彼女いない歴=年齢であることを告白させられた」(20〜24歳、学生)という男性もいた。

出会いは合同説明会の会場入り口

就活

合同説明会にも意外な落とし穴があった。

撮影:今村拓馬

前回の記事には、1対1で会わない、危険を感じたら録音すればいいという趣旨のコメントがSNS上に見られた。だが、就活セクハラもさまざまなパターンがあり、その手口は巧妙化している。

私立大学3年生のAさん(女性・21歳)が就活セクハラの被害にあったのは、2018年に初めて企業の合同説明会を訪れたときのことだ。会場入り口でスーツを着た男性からアンケートへの協力を求められ、用紙に記入した。男性は大手人材企業の社員だと名乗ったという。

男性から「就活の相談に乗るから、良かったら会おう」と電話がかかってきたのは数日後のことだ。指定された時間が昼だったことや、当時就活に迷っていたこともあり、Aさんは会うことを決めた。

アルバイトの紹介と裏口入社のすすめ

カラオケ

shutterstock/Princess_Anmitsu

最初に行った回転寿司店では業界の分析などを聞かせてくれ、親身に相談に乗ってくれたという。様子がおかしくなったのは、「面接の練習もしたいから、個室に行こう」と言われ、カラオケ店に入ってからだ。

「彼氏いるの?」と恋愛の話をされ、「就活はお金がかかるからもっとバイトしてみない?」とアルバイトに勧誘された。「女性セラピストだけのマッサージ店」「女子大学生が保健体育の実技を教える家庭教師」など、男性の口から出るアルバイトの内容に、Aさんの不信感は募っていく。さらにAさんが整体院に通っていることを話すと、「そんなにひどいの? マッサージしてあげる」と、手を握り背中を触られた

スマホ

不安の中で就活を行う学生たちに責任はない。変わるべきは、問われるべきは、立ち場を利用して学生に近づく企業の社員たちだ。

撮影:今村拓馬

最後には「裏口の入社方法もあるよ」と言われ、「デートしよう」と誘われた。その日以来、男性の電話番号を着信拒否に設定し、連絡は取っていない。そもそもなぜ男性がAさんの電話番号を知ったのか、アンケート用紙に記入欄があったのか個別に教えたのか、今となっては記憶は曖昧だ。

最後まで名刺ももらえなかったので、男性の企業名も名前も本当かどうか分かりません。大手主催の説明会だし、男性にも大手企業の名前を出されて信頼してしまった自分がバカだったと後悔しています。それ以降、OB訪問も面談の練習も1対1でやるものはすべて断っています」(Aさん)

「変な噂がたてば大学の後輩たちにも悪影響が」

ビル

撮影:今村拓馬

日本で証券会社に務めるBさん(女性・20代)は、海外の大学院留学中にセクハラを受けた。相手は、大学の学生課を通じて開かれた企業説明会にやってきた日本人男性だ。

「仕事を説明したり社員にも紹介するよ」と言われ、男性の仕事が終わると指定された夜8時にオフィスを訪ねた。1時間ほど仕事の話を聞き、充実感を得たあとで自然と夕食の流れに。個室でもなく賑やかなレストランで、引き続き就活の話をした。

しかし、「最寄駅まで送るよ」と言われた帰り道、なかなか駅に到着しない。土地勘のない場所だったため案内を頼んだが、さすがに不審に思ってたずねると、「もう俺の家の近くだから。寄ってくでしょ?」と一言。

ベッド

shutterstock/Rachata Teyparsit

男性は世界に約200の支社がある外資系金融企業の社員。当時、外資系の就活では人事部より現場の方が採用に関する決定権を持っているとBさんは聞いていたため、「将来のボスになる人かもしれない。それに業界もせまいし、断って変な噂がたったら大学の後輩たちにも悪影響が及ぶ」と不安がよぎり、断ることはできなかった。

部屋に入ると、ベッドに押し倒され体を触られたという。

「体力的にも権力的にも圧倒的に上の立場の人からの行為に、なされるがままで、何も考えられませんでした。ただただ絶望していて……。相手はそんな私と対照的で、警戒していたのか計算していたのか、直接的な誘いの言葉は言いませんでした」(Bさん)

直接的な言葉は言わず、翌朝も仲の良い風に装う

女性

学生たちが声を上げられないのは、企業への恐怖、大学への不信感、そして世間からのバッシングなどさまざまな背景がある。

shutterstock/xjrshimada

その後Bさんは部屋の隅に座り、朝がくるのを待った。「また近づいたら刺す」という気持ちで、ずっとペンを握りしめていたという。しかし翌朝、男性は駅に向かおうとするBさんと手をつなぎ、Bさんが何度振りほどいても、まるで恋人のように並んで歩こうとしたという。男性の自宅は職場の近くだった。

Bさんはその企業にはエントリーせず、男性とも連絡を取っていない。

体も心もリスクにさらされながら就活している女性たちがいることを、もっと社会に知ってほしい。私はこのことをきっかけに男性への不信感が高まり、距離を取るようになりました。受けた傷は就活が終わっても、何年経っても残り続けるんです」(Bさん)

Bさんはこのことを大学や周囲の友人、そして現在働いている職場の社員などごく数人に打ち明けた。

しかし、そのことがかえって自分を追い詰める結果になったという。

次回、なぜセクハラを受けた学生の約7割が誰にも相談できずにいるのか、その理由を報じる。

(文・竹下郁子、写真はすべてイメージです)

引き続きアンケートへのご協力をお願いします。

アンケートが表示されない方はこちら

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中