ASMR動画、見たことある? 13歳少女の広告収入は1日10万円

マケンナ・ケリー

マケンナ・ケリー。ASMRのYouTubeチャンネル「Life with MaK」のスター。

Life of Mak/YouTube

  • ASMR(autonomous sensory meridian response)は、ささやきやタップ音といったある種のサウンドが、一部の人にゾクゾクする感覚をもたらす現象を指す。今、YouTubeで1つのトレンドとなっている。
  • ワイアード UKはASMRトレンドの見過ごされている面を取り上げた。ASMR動画を投稿する子どもが増えていることだ。
  • 記事が取り上げたマケンナ・ケリーは、ASMR界の13歳のスーパースター。チャンネル登録者数は130万人を超える。YouTubeの分析サイト、ソーシャルブレードの推計によると、ケリーは自身のYouTubeチャンネルから、1日1000ドル以上の広告収入を得ている。
  • YouTubeは、こうした人気の子どもYouTuberとその家族の安全が最優先と述べた。

ASMR(autonomous sensory meridian response)は、ささやきや軽いタップ音といったソフトなサウンドが聞き手をゾクゾクさせる、もしくはリラックスさせる現象のこと。

今やYouTubeで大きなトレンドになっており、4500万あまりのASMR動画が投稿されている。ラッパーのカーディ・BもオリジナルのASMR動画を投稿して、このトレンドに乗った。さらにビールブランドのミシェロブ・ライトもスーパーボウル広告にASMRを使った広告を使った

しかし、ワイアード UKが指摘したように、このトレンドにはもう1つの別の面がある。5歳くらいの子どもがASMR動画を投稿し、たくさんのお金を稼いでいる。

ワイアードは、13歳のマケンナ・ケリー(Makenna Kelly)にインタビューした。ケリーもASMR動画を投稿しており、彼女のYouTubeチャンネル「Life with MaK」の登録者数は130万人を超える。彼女の動画の中で最も視聴されている動画は、ケリーがインスタントラーメンを食べている動画やマイクをメイクブラシで撫でている動画。

これは彼女が最近投稿した動画の1つ。グッチの靴を「食べて」いる。

YouTubeの分析サイト、ソーシャルブレード(SocialBlade)は、「Life With MaK」の1日あたりの広告収入は1000ドル、あるいはそれ以上と推計した。この数字は、チャンネル登録者数220万人、ASMR界で最も有名なYoutuber、ASMRダーリング(ASMR Darling)こと、テイラー・ダーリング(Taylor Darling)と方を肩を並べる。ワイアードは、ASMRダーリングの現在の収入は1日あたり約1000ドルと伝えた。ソーシャルブレードの推計とほぼ一致する。

ワイアードによると、マケンナ・ケリーはYouTubeの広告収入とは別に、視聴者からの特別なリクエストに有料で応えることからも収益を得ている。例えば、ケリーは視聴者からペイパル経由で50ドルを受け取り、10分間のASMR動画の中でハチの巣を噛み砕いた。この動画の視聴回数は1200万に上った。

子どもをオンライン上の悪質なユーザーから守ることはますます難しくなった。こうしたチャンネルは、ただ「子供」「ASMR」と検索するだけですぐに見つけることができる。

YouTubeは、子どもたちの安全を最優先していると述べた。また子どもの親と話をして、チャンネルを凍結している。

YouTubeのチャイルド・セーフティ・ポリシーのマネージャー、クレア・リリー(Claire Lilley)はワイアードに以下のように声明で答えた。

「我々はテクノロジーが若い世代に自分をクリエイティブに表現し、有益な情報にアクセスする機会をもたらすと信じている。しかし、我々はまた、若いクリエーターとその家族を守り、新しいトレンドが若い世代に及ぼし得る影響を考慮する責任があることも理解している。

我々は専門家と協力してガイドラインを更新し、未成年が性的な行為や不適切な行為におよんでいるASMR動画を削除できるようにしようとしている。また、我々は、若いクリエーターを守り、またクリエーターと視聴者がポジティブにつながることのできるASMRコンテンツの確立を目指して、専門家とともに取り組んでいる」

マケンナ・ケリーおよびYouTubeの広報担当者はコメントの要請に応じなかった。

ワイアードの全文はこちら

※敬称略


[原文:A 13-year-old girl reportedly makes over $1,000 a day creating ASMR videos as YouTube works to keep its child stars safe (GOOG, GOOGL)]

(翻訳:Yuta Machida、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中