革新的なエコノミーシートはやや残念、エアバスが発表

エアバスのエコノミーシートのコンセプト・Move

Moveはエアバスのためにデザイン会社Layerが制作。

Layer

  • シートのコンセプト「Move」は、ロンドンを拠点とするデザイン会社Layerがエアバスのために制作した。
  • Moveはアルミニウムのフレームを覆う、軽量なポリエステル素材のスマートテキスタイルで作られている。
  • 電流を流すことで、シートの硬さ、温度が調整できる。
  • さらにアプリを使って調整可能。
  • Layerによると、Moveはエコノミークラスの乗客に革新的な搭乗体験をもたらす。

現代のスリムな飛行機シートは恐ろしい。軽く、薄く、航空会社には好都合。だがエコノミークラスの乗客にとっては、薄いヨガマットに3時間座っているようなものだ。

我々はここ数年、数多くのシートの特許やコンセプトを見てきた。興味深いものから、まさにゾッとするものまでさまざま。

エアバスのシートのコンセプト「Move」は、興味深いものの1つ。

Moveは、ロンドンを拠点とするデザイン企業Layerが、エアバスのために制作した。今までにない新しい機能を備えた「スマートテキスタイル」が、重量と燃料を抑えつつ、エコノミークラスの快適性をいかに改善できるかを追求した。

「Layerでは、良いデザインはあらゆるものに適用されるべきと考えられている。ほとんどの場合、旅客機に関する新しいコンセプトはビジネスクラスのイノベーションに向けられている」とLayerの創業者ベンジャミン・ヒューバート(Benjamin Hubert)氏はリリースに記した。

「我々は、エアバスとともにこのプロジェクトに取り組むことに心を躍らせた。エコノミークラスの登場体験を改善し価値を向上させる、乗客と航空会社の双方にとって良い方法を探るプロジェクトだ」

Moveは制作期間は18カ月、MoveはLayerとエアバスが取り組んでいるプロジェクトの一環。今のところ、まだプロトタイプだ。

エアバスとLayerによるスマートシート「Move」を詳しく見てみよう。

Moveは必ずしも広いスペースをもたらすわけではない。だがスペースをより快適にするだろう。

エアバスのエコノミーシートのコンセプト・Move

Layer


Moveはアルミニウムのフレームを覆う、スマートテキスタイルで作られている。

エアバスのエコノミーシートのコンセプト・Move

Layer


スマートテキスタイルの素材は導電性繊維。

エアバスのエコノミーシートのコンセプト・Move

Layer


導電性繊維はセンサー、スマートフォンアプリと繋がっている。

エアバスのエコノミーシートのコンセプト・Move

Layer


導電性繊維に電流を流してシートの硬さを調整する。シートのセンサーはまた、温度、硬さ、圧力、そして動きもモニターする。

エアバスのエコノミーシートのコンセプト・Move

Layer


マッサージ、食事、睡眠など、複数のモードを備える。

エアバスのエコノミーシートのコンセプト・Move

Layer


感圧性のスマートファブリックでできた収納ポケットもある。電話や私物をうっかり置き忘れると、それを検知する。

エアバスのエコノミーシートのコンセプト・Move

Layer


また回転式トレイ、オプションの機内エンターテインメントシステムもある。

エアバスのエコノミーシートのコンセプト・Move

Layer



[原文:This futuristic Airbus smart seat prototype may make the future of economy flying a bit less miserable

(翻訳:Makiko Sato、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み