顔面整形に430万円かけ「整形口コミアプリ」立ち上げた24歳起業家

日本では美容整形を公表する人はまだまだ少ないが、そんな「整形に批判的な日本社会をアップデートしたい」と立ち上がった24歳がいる。「顔面にレクサスCT以上のお金をかけた」と自らの整形も公開する起業家に、話を聞いた。

Meily・川井優恵乃

整形の口コミアプリ「Meily」創業者の川井優恵乃さん。その顔には、「レクサス買えるくらいの金をかけている」という。

美しくなるのはコスパが良い

「『美容にすごく詳しいんでしょう』とよく言われるんですけど、私はズボラ。化粧品にも、そこまで興味がないんです」

川井優恵乃さん(24)はそういって、白い歯を見せて笑う。

顔面にレクサスと同じだけのお金がかかっている

そんなパンチ力のあるプロフィールを持つ川井さんの起業のきっかけは、誰もが感じたことがあるようなありふれた不満から始まった。

「高校の時から、可愛い子はトクだなって思っていました」

街を歩いても、友達だけが声をかけられる。同じことをしても、可愛い子だけが褒められる。川井さんはそんな状況を自分の手で変える決心をした。

Meily・川井優恵乃

川井さんが公開している、整形のビフォー・アフター写真。

写真:本人提供

大学1年生の時に、初めて二重の手術をした。キャバクラやラウンジで働いてお金を貯め、その後も、目頭切開、あご、頬骨、目尻切開など、総額430万円をかけて自身の顔を整形した。

周りからの評価は見違えるように変わった。整形をしたことについては「プライスレス」だったというが、ドラマチックに語ることもなく、あくまで淡々と川井さんは答える。

「だって、『ああ、今日二重じゃない……』って一生思わなくなる。1日分で考えたら、コスパは良くないですか?」

共同創業者はTinderで探した

Meily・川井優恵乃

中央大学を休学し、起業した川井さん。都内のコワーキングオフィスで日夜アプリの開発に励んでいる。

整形のリアルな口コミを探せるアプリ「Meily」を立ち上げたのは2017年。だが、もともと起業をするつもりは全くなかった。

きっかけは、あごの手術をしたときに2カ月腫れが引かなかったことだ。

「治らなかったらどうしよう」

結局腫れは引いたが、この経験が川井さんを動かした。「他にも困っている人がいるはずだから、良い先生がいれば紹介できるサイトをつくりたい」と、韓国の美容整形情報が集まったサイトをワードプレスでつくることにしたのだ。

韓国での整形は病院数も多く費用も安いために人気だが、自分にあった病院を探すのは大変だった。

「整形の情報サイトのレポートを書いてくれませんか?」

TwitterのDMでフォロワーに呼びかけると、30人以上から集まった。「こんなに反響があるんだ」と驚き、次はアプリを作ってみようと思い立った。だが、友達に相談しても、アプリを作れる人はなかなかいない。

その時出合ったのが、マッチングアプリのTinderだ。プロフィールを眺めていると、ふと「職業」を記載する欄があることに気づいた。

「あれ、エンジニアって書いてある人がいる」

急いでスーパーライクをし「アプリを作ろうと思ってます!」と自らを売り込んだ。そうして出会ったのが、いまの共同創業者である龍鶴元さん(23)だ。人が人を呼び、チームが作られていった。2017年11月、7人で整形のクチコミアプリを運営する「Meily」を創業した。

ビジネスについては初心者だったため、活用したのがパパ活アプリの「paters」。有名企業の社長とマッチングすると、親身に相談に乗ってくれたという。

20代前半女性から支持

DSC03768b

整形につきまとう不便さを解消したい ── 川井さんの個人的な想いと、パワフルな行動力からはじまった「Meily」。アプリのユーザー数は非公開だが、多くが20代前半の女性だ。

マネタイズは広告モデルなどを想定しているが、現在は法律の専門家とその実現性や今後の事業展開について協議している段階だ。

「輪郭注射、実際にやってみた方いらっしゃいますか?」「術後のダウンタイムがとってもつらいです」「私はTwitterを見て気を紛らわしました。お互いがんばりましょう!」

アプリを見てみると、そんな言葉が飛び交っている。施術レポートやQ&A、手術に関する悩み相談、病院の情報などが一括で見られるところが特徴だ。

2019年1月には、家入一真氏が率いるベンチャーキャピタル「NOW」などから2度目の資金調達も達成した。

石原さとみになれない私たちは

1億円かけても、石原さとみにはなれないじゃないですか

だからこそ、情報を集めて効率よく人生の「トータル幸せ」を最大化する。川井さんの考え方は極めてシンプルだ。

向かう市場も大きく広がっている。医療テックに関するメディア「MedGadget」によると、世界の美容整形外科の市場は2017〜2023年の間に、年平均7.8%の成長率で伸び、2023年末までには220億ドル(約2兆4000億円)に達すると予測されている。その中でも特に伸びが大きいのが、アジア地域だ。

日本では、整形に対する世間からの風当たりはまだまだ強い。川井さん自身、メディアに出たときは「430万円をかけてこの顔なのか」と大バッシングを受けた。公表しても「前向きになれたならよかったね」で終わる、いい意味でほっといてくれる社会になれば、と川井さんはホンネをもらす。

整形手術

人の価値は、顔で決まってしまうのか?

Olena Yakobchuk / Shutterstock

人生の価値は顔で決まってしまうのか。人生をかけて整形に向き合っている川井さんだが「顔が人生で重要かどうかは、本人が選べばいいこと」と、前を向いてはっきりという。

だからこそ、アプリではユーザーが「本質的に何に悩んでいるのか」を重視する。

「目を大きく見せたい」という悩みでも、解決法はさまざまに違う。二重手術をすべきなのか、まぶたの脂肪を除去すべきなのか。いずれは顔写真の分析から、ユーザーの悩みに合った解決策を教えてあげられれば、と川井さんは構想している。

最後に、少し意地悪な質問を川井さんにぶつけてみた。自分は美しくなっても、家族や将来の子どもと顔が違ってしまうのは嫌じゃないですか?

それだったら面白い話があります、と川井さんはふふっと笑った。

「私、整形して初めて、お母さんに似てるねって言われたんですよ」

(文・写真、西山里緒)


川井優恵乃:中央大学5学年(休学中)。在学中に総額430万円(レクサスCTの販売価格以上)以上の美容整形を行った経験を通じて、美容医療市場の課題解決を決意。 美容医療・美容整形に批判的な日本社会をアップデートするために、2017年のMeily創業以後、女子大生起業家としてミスiD2019(ファイナリスト)、CodeRepublicのDemoDay登壇をはじめ、積極的に活動。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み