「カウントダウンが進む時限爆弾」アマゾンの貨物便墜落は予見されていた?

2月23日(現地時間)、アトラス航空が運航していたアマゾン・エアの貨物便が墜落した。

2月23日(現地時間)、アトラス航空が運航していたアマゾン・エアの貨物便が墜落した。

Michael Sohn / AP Images

  • 2月23日(現地時間)、アトラス航空が運航を請け負っていたアマゾン・エアの貨物便が墜落し、乗組員3人全員が死亡した。
  • 事故の数週間前、アトラス航空のパイロットたちはアトラス航空はパイロットを酷使しがちとBusiness Insiderに語っていた。
  • アトラス航空で働くパイロット13人は、彼らの給与と福利厚生は業界水準を下回っているとBusiness Insiderに述べた。
  • 1人以外は、これはアマゾン・エアの運航は、比較的経験が少ないパイロットが担当しがちであることを意味すると語った。
  • 事故の数週間前、アトラス航空のパイロットで、パイロットの団体「チームスターズ・ローカル1224」の執行委員長ロバート・キルヒナー機長は「カウントダウンが進む時限爆弾」とBusiness Insiderに語った。

2月23日(現地時間)、アマゾン・エアの貨物便が墜落し、乗組員3人全員が死亡した。墜落原因はまだ不明。しかし、数週間前、運航を請け負っていたアトラス航空のパイロットたちはアトラス航空はパイロットを酷使しがちとBusiness Insiderに語っていた。

「会社はパイロットの疲労を理解していない」と事故の数週間前、アトラス航空のパイロットで、パイロットの団体「チームスターズ・ローカル1224(Teamsters Local 1224)」の執行委員長ロバート・キルヒナー(Robert Kirchner)機長はBusiness Insiderに語った。

「会社は我々が怠けていると考えている。我々は常にスケジュールの一部を会社に提出しなければならない。我々を疲弊させるようなスケジュールであることは99%証明できる」

アトラス航空はアマゾン、DHL、他の運送業者と契約している。

アトラス航空で働くパイロット13人は、彼らの給与と福利厚生は業界水準を下回っているとBusiness Insiderに述べた。1人以外は、これはアマゾン・エアの運航は、比較的経験が少ないパイロットが担当しがちであることを意味すると語った。

取材に答えたパイロットのほとんどは会社からの報復を恐れ、匿名を希望した。

「カウントダウンが進む時限爆弾」と墜落事故の数週間前、キルヒナー氏は語った。

アマゾンとアトラス航空はコメントを拒否した。

以前から事故が頻発

23日に墜落したアトラス航空3591便はマイアミからヒューストンに向かっていた。

米連邦航空局(FAA)によると、3591便はヒューストンのジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港の南東30マイル(約48キロメートル)付近で消息を絶った。飛行機追跡サイト、フライトレーダー24(FlightRadar 24)によると、同便の高度は30秒で6525フィート(約1990メートル)から3025フィート(約920メートル)に落ちた。その際、FAAは警報を発した。

救難信号は発せられなかった。

墜落事故の原因はまだ不明。しかしこの1年、アトラス航空は数多くのインシデント(事故につながりかねない事態)を起こしていた。

2018年10月、アトラス航空の子会社ポーラー・エアのボーイング747貨物機は、着陸時にシンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港の滑走路から外れて停止した。

7月には、アトラス航空のボーイング767貨物機がポーツマス国際空港にハードランディングした。着陸後の検査で、機体に大きなシワと「重大な損傷」が発見された。

独自の物流ネットワーク構築を目指すアマゾン

アマゾンは数十年間にわたって、UPS、アメリカ郵政公社(USPS)、フェデックス(FedEx)の航空貨物サービスを利用してきた。

しかし2015年、アマゾンは航空貨物サービスを自社で運用し始めた。エア・トランスポート・サービス・グループ(Air Transport Services Group)とABXエア(ABX Air)はそれぞれ、アマゾンに貨物機を2機リースしているとニュースメディア、マザーボードに語った。当時、アマゾンはオハイオ州のウィルミントン・エア・パークに航空貨物輸送の拠点を建設していた。

それから4年、膨れ上がる配送コストを抑えるために、航空貨物ネットワークの構築が極めて重要であることは以前にも増して明白になった。2018年第4四半期、同社の配送コストは世界全体で前年比23%増、74億ドル(約8200億円)から90億ドル(約1兆円)以上に膨れ上がった。

アマゾンは現在、40機のボーイング767を運航しており、さらに10機増やす予定。2018年、同社はアマゾン・エアの能力拡大に合わせて、2日以内配送サービスの提供エリアをアメリカ国内の「ほぼ全地域」に拡大した。現在、1日以内無料配送サービスは「アメリカ国内のプライム会員の過半数」が利用できる。

さらにアマゾン・エアーの配送拠点の建設が、オハイオ州、イリノイ州、テキサス州の3カ所で進められている。

[原文:'It's a ticking time bomb': A pilot for one of Amazon Air's contract airlines said the company overworks its pilots

(翻訳:Yuta Machida、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中