セレブやCEOの新しいステータス・シンボルになった、奇妙な9アイテム

バレンシアガのスニーカー、トリプルSは900ドル

バレンシアガのスニーカー、トリプルSは900ドル。

Christian Vierig/Getty Images

  • 伝統的なステータス・シンボルのいくつかは、輝きを失い、想定外で微妙な、時には思いもよらないものに、その地位を奪われている 。
  • 健康意識の高まりは、高級ジムや高価なウォーターボトルをスタータス・シンボルに変えた。
  • また多くの人は財布やバッグではなく、シューズにお金を費やしている ── ニューヨークのママはNo.6のサボを、セレブとインフルエンサーは「アグリー・スニーカー」を、シリコンバレーのテック企業CEOは高級ブランドのカジュアルスニーカーが好み。

ロゴのついた財布など、さまざまなブランドアイテム、最新の高級車、豪華な指輪などは、典型的なの象徴。

だがこうしたステータス・シンボルは徐々に、予想もしなかったアイテムにその地位を奪われつつある。

新たなトレンドが富の象徴を変えている。その1つが健康意識の高まり。高級ジムへの入会や高価なウォーターボトルが健康と、健康に投資できる能力を示すステータス・シンボルになっている。

またハンドバックではなく、シューズにお金を費やすトレンドも、特に「アグリー・ファッション」ムーブメントに後押しされて勢いを増している。

リッチなニューヨークのママたちはワードローブの定番として、あまり格好いいとは言えないNo.6のサボのような「アグリー・シック」なアイテムに注目している。また、セレブやインフルエンサーは900ドルのバレンシアガの「アグリー・スニーカー」にお金を費やしている。

一方、シリコンバレーのテック企業CEOは、それに比べるとやや保守的。ランバンのような高級ブランドのスニーカーを選んでいる。

セレブやCEOの新しいステータス・シンボルを見てみよう。

セカンド・パスポート

セカンド・パスポート

Alex Wong/Getty Images

Citizenship by Investment Programs(CIPs)を利用して、リッチな個人は市民権と引き換えに海外の国に投資している。費用は通常、約20万ドル(約2200万円)程度

パスポートの保有といった市民としての基本的な権利が与えられる。だがセカンド・パスポートはそれ以上のもの。

「友人に見せることができるステータス・シンボル」と国際金融企業Apex Capital Partnersのヌーリ・カッツ(Nuri Katz)は以前、Business Insiderに語った

「ブラック・アメリカン・エキスプレス・シンドロームと呼んでいる」

ソルト(Salt)のストラップ

ソルト(Salt)のストラップ

Shoppe Salt/Facebook

ニューヨーク・タイムズによると、ニューヨークのリッチなママたちはボヘミアン・スタイルでさりげなくリッチさをアピールしている。2つのアイテムが定番のエレメント、1つはソルト(Salt)のストラップ。価格は138ドル〜。

ソルトの色鮮やかなストラップを、2500ドル(約27万円)のグッチのバックや2600ドル(約29万円)のセリーヌ(Celine)のバッグに付けてカスタマイズすることがリッチなママたちの間で人気となっており、価格は既に数千ドルを越えているとのこと。

No.6のサボ

No.6のサボ

No. 6

ニューヨークのママたちのもう1つの必須アイテムが、No. 6のサボ。価格は約300ドル〜。

「かつてダサさの典型だったサボも今では、ヴォーグ(Vogue)などが『クセになるダサかわいさ』と取り上げ、デジタルメディアのスタイルキャスター(StyleCaster)はファッションの『定番』アイテムとしている」と以前、Business Insiderは伝えた

だがこうしたアイテムは単なる新しいファッション・アイテムというではない。

「特にママたちに対してNo.6のサボが伝えたいことは、見た目ではなく、快適さを非常に重視しているということ」とニューヨーク・タイムズは伝えた。

アグリー・ファッション、アグリー・スニーカー

アグリー・ファッション

Topshopのジーンズ。

Nordstrom

No.6のサボは、シューズが新しいステータス・シンボルになっていることを示す最も分かりやすい事例。NPDグループによると、オンライン・ラグジュアリーマーケットにおいて、シューズは今や最もパワフルなカテゴリーになっている。

NPDのチーフ・インダストリー・アドバイザー、マーシャル・コーヘン(Marshal Cohen)によると、ユーザーは平均794ドルをシューズに費やし、それを「投資」と考えている。

他にも、「アグリー・ファッション」トレンドの人気アイテムがある。トップショップ(Topshop)のクリア・ニー・マム・ジーンズやモスキーノのケープ・シアー・オーバーレイ・ドレスなどだ。

スニーカー

マイクロソフトのサティア・ナデラCEO

ランバンのスニーカーを履いているマイクロソフトのサティア・ナデラCEO。

Justin Sullivan/Getty

「ノン・アグリー」なスニーカーもステータス・シンボルになっている。特にテック企業のCEOの間で。

「多くのシリコンバレーのエリートにとって、スニーカーはパワー、こだわりのなさ、創造性、そして特別さを表すために注意深く選ばれたトレードマークになっている」と以前、Business Insiderは記した

マイクロソフトのCEOサティア・ナデラ、グーグルの共同創業者ラリー・ペイジなど、多くのCEOに特に人気なのがランバンのスニーカー。

高価なウォーター・ボトル

高価なウォーター・ボトル

BG004/Bauer-Griffin/Getty Images

アトランティック誌はミレニアル世代の間で、高価なウォーター・ボトルが21世紀のステータス・シンボルになっていると伝えた。S'wellのボトルは約50ドル、VitaJuwelのボトルは約100ドル。

これは、健康が富の象徴となっていることの1つの現れ。

高級ジム

ジムの会員証

Richard Levine/Getty Images

高価なウォーター・ボトルだけに加えて、高級ジムへの入会もステータス・シンボルになっている。

マンハッタンにあるPerformix Houseは月900ドル、厳しい入会審査、プライベート・エントランス、インフルエンサー向けのコンテンツ・スタジオがある高級ジム。

高級ベビーカー

高級ベビーカー

プリンセス・シャーロットを乗せたシルバークロスのベビーカーを押すケイト・ミドルトン。

Max Mumby/Indigo/Getty Images

高級ベビーカーは、新世代の親たちのステータス・シンボルになったとガーディアンは伝えた。ガーディアンによると、ベビーカーは以前は手頃な価格と安全性が重視された。

俳優グウィネス・パルトロウはバガブー(Bugaboo)のベビーカーを押している姿を目撃されている。価格は799〜1905ドルケイト・ミドルトンはプリンス・ジョージ、プリンセス・シャロットをシルバークロス(Silver Cross)のベビーカーに乗せていた。価格は2276ドル。

YETIのクーラー

YETIのクーラー

Harry Powell/Shutterstock

SB Nationによると、YETIのクーラーはもステータス・シンボルになっている。

マット・デイモンクリス・ヘムズワースもYETIのクーラーのユーザー。


[原文:9 unlikely items that have become luxury status symbols among the elite

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み