最新の世論調査で判明! トランプ大統領の支持率は上昇、だが再選に向けてはいくつかの課題も

演説するトランプ大統領

2019年3月2日、メリーランド州で開催された保守政治行動会議(CPAC)で演説するトランプ大統領。

Tasos Katopodis/Getty Images

  • ウォール・ストリート・ジャーナル/NBCニュースの最新の世論調査の結果、トランプ大統領の支持率は上昇しているが、有権者の半数以上は依然としてトランプ大統領の政策に反対していることが分かった。
  • 2020年の大統領選に向けて、トランプ大統領にはいくつかのハードルがありそうだ。
  • 回答者の半数以上が、トランプ大統領のロバート・ミュラー特別検察官による捜査への対応や、メキシコ国境沿いの壁の建設費を確保するために国家非常事態を宣言したことを問題視している。

ウォール・ストリート・ジャーナル/NBCニュースの最新の世論調査によると、アメリカのトランプ大統領の支持率は少し上がったものの、2020年の大統領選に向けてはまだいくつかのハードルがありそうだ。

トランプ大統領の再選を支持したのは40%で、調査回答者の58%がトランプ大統領のロバート・ミュラー特別捜査官による捜査への対応は不誠実だと答え、60%がメキシコとの国境沿いの壁の建設費を確保するため、国家非常事態を宣言したことを支持しないと回答した。

その一方で、トランプ大統領の支持率は3ポイント上がって46%、不支持率は2ポイント下がって52%だった。

トランプ大統領にとっては、共和党員からの支持も明るい材料だ。共和党支持者の約90%がトランプ氏の大統領としての仕事ぶりを評価している。

また、回答者の53%が今後1年以内の景気後退を見込んでおらず、共和党の世論調査の専門家ビル・マッキンターフ(Bill McInturff)氏は、これは通常、現職にとって良いサインだと、ウォール・ストリート・ジャーナルに語っている

ただ、トランプ大統領と民主党の潜在的な候補者を比較した場合、回答者の半数以上は気候変動やヘルスケア、移民、中絶といった課題に対する民主党の基本的なスタンスを主流と見なし、共和党のスタンスを非主流と見なしていることから、選挙になれば有権者の反応は分かれそうだ。

世論調査は2月24日~27日に実施され、900人のアメリカ人の成人から回答を得た。

この調査結果が出る数日前には、下院がトランプ大統領の国家非常事態宣言の無効化の決議案を可決し、トランプ大統領の元顧問弁護士マイケル・コーエン被告がロシアゲート関連で議会証言していた。

[原文:New poll shows Trump's job-approval ratings climbing, but several challenges remain ahead of 2020]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み